スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手がローボールを34号!ブランドン・マーシュがデビューするもエンゼルスはシリーズを負け越し

エンゼルス、シリーズをロスト

 現地2021年7月18日、どのカードも後半戦の最初のシリーズの最終日。前日に9-4のスコアで勝利したエンゼルスはアスレチックス戦を前になんとしてでもマリナーズに勝ち越したかったところでしたが、この日も先制されるパターンで苦戦。しかし、最後に大谷選手が意地の一発。

大谷選手、34号

 オールスター前の現地7月9日のマリナーズ戦で33号を放って以来、止まっていた大谷選手のHRですが、この日は土壇場9回裏、2アウトから回ってきた打席で、意地の2ランHRを放ちました。

 ゲームは9回表終了時点でマリナーズが2-7とリード。9回裏、先頭のホセ・イグレシアスがシングルで出塁。ここで畳みかけたかったエンゼルスですが、後続のジャック・メイフィールド、頼みのデービッド・フレッチャーが2者連続で三振。

 2アウトで回ってきた大谷選手。ここで一発を放てば3点差になるという場面。マリナーズのピッチャーはポール・セワルド(Paul Sewald)。フルカウントまで粘った7球目、セワルドが投じたインコース低めのボールのカーブを大谷選手がうまくコンタクト。

 かなり低めのボールでしたが、大谷選手はこれをCFへライナーで飛ばし、2ランHRに。エンゼルスが4-7と3点差まで詰めました。

ラリーならず

 つづくジャレッド・ウォルシュもシングルで出塁。ランナーがあと一人出れば一発で同点という場面を作りましたが、つづくマックス・スタッシが空振り三振。

 ゲームはマリナーズが7-4で勝利。シリーズを勝ち越しました。

ダービー癖

 大谷選手はこの日、内野安打を含め2安打。ただ、この3連戦は13-3で1 HR、7三振と結果を残せていませんでした。

 しかし、最後の最後で出た一発が、かなりすくい上げたとは言え、CF方向への打球だったことから、今後は調子を回復しそうな気配もありますね。

 やはりHRダービーの影響で力みもあり、引張り気味だったのかもしれません。トラウトも、アップトンもいない中、押し寄せる圧も半端ないなかで気軽に打席にと言っても気休め程度にしかなりませんが、バットは楽しんでもらいたいとは思います。

フレッチャー、26試合連続安打でストップ

 ここのところ、安打を量産しているデービッド・フレッチャー。26試合連続安打が続いていましたが、この日は5-0。連続試合安打は26で終了となりました。

 禁断の手打ちっぽいフォームのフレッチャー。もともとは悪球打ちでもありましたが、あのバットのヘッドが腰よりも先行して回るように見える独特の打法でここまで連続試合安打を継続させたのはやはりセンスの塊のような選手ですね。

ブランドン・マーシュがメジャーデビュー

 現時点での戦法として打つしかないエンゼルス。起爆剤を投入するがごとく、トップ・プロスペクトのブランドン・マーシュをコール・アップ。

 7番CFでデビューしました。

 ただ、この日はメジャーの投手のボールにかなり面食らったようで、4-0、2三振に終わりました。

 切り替えて、次ですね。ドジャースのジャスティン・ターナーのような風貌でデビューしたのには驚かされました。

ローガン・ギルバートにやられてしまう

 そのエンゼルス打線に仕事をさせなかったのはルーキーのローガン・ギルバート。ボールも走っていましたし、スライダーが良かったですね。

 ローガン・ギルバートは6回途中、被安打4、失点2、奪三振9。ファストボールか?オフスピードか?というところでエンゼルス打線を翻弄しました。

 先発を打てないことはよくあることですが、降板後のリリーバーもエンゼルスは捉えられませんでした。

PS出場確率、1.9%

この日の敗戦で再び勝率5割となったエンゼルス。次のアスレチックス2連戦は、なんとか1勝1敗に持ち込み、その後のツインズ戦で挽回できるかどうか。

 エンゼルスがポストシーズンへの参加できる確率は1.9%。

 この厳しいオッズがどうなるのか、注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました