スポンサーリンク

【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!

エンゼルス

痛快な音

 現地2021年9月21日、大谷選手が第45号HRを放ちましたね。

 久々に聞いた「ものすごい音」に痛快さを感じた方も多かったと思います。しかし、エンゼルスは、上位クラブとの対戦となると本当に分が悪いですね。

アストロズとは5勝12敗(残り2試合)

 アストロズとの対戦は今回の4ゲームシリーズが今季最後となります。ここまでの対戦成績は、この21日のゲームの敗戦も加えて5勝12敗。ちなみにアスレチックスとは4勝15敗でフィニッシュ。

 20日のGame1が典型的でしたが、スコアは10-0の完敗でしたが、7回まで0-2の僅差で粘っていたのです。しかし、8回、9回にリリーバーが捕まり、大量失点差での敗戦に。

 大谷選手が45号HRを放った21日のゲームも、中盤までは1-3で粘っていたのですが、この日は5回にリリーバーが崩れ、結果10-5のスコアに。

 エンゼルスがリリーバーで苦労するのは当然のことで、2020年オフに調停レベルの選手を大量に他のクラブへ放出。誰がどう考えても、投手力で勝てない状況になりました。

差はどこに? 

 オフのゲームシナリオとしては、「打って勝つ!」。このようなプランで編成も動いていたと思います。

 ところがご存じの通り、マイク・トラウトが5月にふくらはぎを傷め、離脱。まだ復帰できておりません。

 さらに、5月にはアルベルト・プホルズをDFAに。これは怪我ではなく、クラブ側が期待する数字とサラリーのアンバランスとなったため、クラブ側が決断。

 現地7月初旬にはアンソニー・レンドンがハムスリトングの怪我で離脱。7月4日のオリオールズ戦を最後にゲームに出ておらず、8月にはシーズンエンディングの手術をすることに。

 また、いっときはジャスティン・アップトンまで右の腰を傷め、10Day ILに入っていたほど。

あとひと押し、一本

 ちょっと横道にそれてしまいましたが、上位クラブとの差に、投手力が挙げられるのはもちろんですが、ゲーム展開で、相手に点を奪われた後に、早めに追いつけるかどうか、つまり、同点まで行かずとも、ここで1点でもというイニングで得点できていない。つまり、打撃で苦戦していると言えます。

 よって、流れを戻せず、そのまま流してしまい、リリーバーで逆転不可のところまで差を拡げられてしまう、そのような展開が多いと思います。

 もちろん、ジャレッド・ウォルシュも打っていますし、ジャック・メイフィールドもフィル・ゴセリンもいいところで打ったりします。しかし、デービッド・フレッチャーがチャンスメイクで出塁するも、なかなか還れないのは、主力の怪我。これはあまりにも大きすぎましたね。

集中する大谷選手へのマーク

 相手のピッチングコーチやベンチコーチからすると、現時点のエンゼルス打線の対策は非常に明確。

 「大谷選手へのケアに集中しろ。」これだけですね。

 もっともインパクトのある選手に思い通りの仕事をさせない、これはもう相手からすると鉄則。よって、時には四球で仕事をさせないという選択肢も。

四球の比較

 大谷選手の四球は77。敬遠は13で併せて90(現地2021年9月21日時点)。

 ちなみに、ゲレロ・Jr.の方が四球は多いですからね。21日時点で82個。敬遠も8個あるので、合わせると90となり、双方ともに同じです。また、サルバドール・ペレスは四球が26、敬遠が4で計30しかありません。これはクラブの順位とも関係ありますね。

大谷選手に集中するマーク

 大谷選手にだけ集中すれば良いわけですから、時には四球さえも要らないケースも。得点差やランナーの有無でもそうなりますね。大谷選手が凡退する機会が増えれば、エンゼルスの得点力も落ち、点を奪われた直後に追いつけず、中盤であと1本出ていれば!という場面が多くなって苦戦する。

 逆にアストロズもアスレチックスも、この辺のゲームの流れを掴むことがうまく、それが機能している打線があるとも言えます。

 よって、マークが集中して、失投さえも来る機会が減った中、45号を放ったのは、非常に価値がある、そう思います。

 キングを獲れればとも思いますが、50にいかに近づけるかというところを見て行きたいなと思います。すごいことですからね。

 今の野手陣は相当頑張ってはいるのですが、還す役割よりも、チャンスメイクする役割の人の方が多いと思います。やはり前後にレンドンとトラウトが欲しい。そう思います。誰もが思っていることを書いただけになってしまいました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました