スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、ホーム最終戦で112球、10Kの熱投!

今季23度の登板はまさに熱投!

 現地2021年9月26日は、楽しみしていた大谷選手の登板日。大谷選手にとっての投手での出場は23試合目。エンゼルスにとっては156試合目。残り6ゲームは28日からテキサスに飛んでレンジャーズとの3連戦、そして最終カードは10月1日からシアトルでのマリナーズ3連戦です。

 大谷選手はこの日も2番Pでの出場です。

初回から98mph!

 現地2021年9月16日に右腕の違和感により予告先発から外れた大谷選手。様子見をした結果、9月19日のオークランド戦に登板。この日の登板は素晴らしかったですね。

 もう右腕は大丈夫だろうか?という心配をよそに、中6日を空けただけで大谷選手はマウンドに上がりました。

 7月、8月と数字がついてきていた頃は、序盤は抑え気味に入り、回を追うごとに威力を高めるというペース配分だった大谷選手ですが、この日は立ち上がりから情熱的な投球。初回から飛ばしました。

 1回表は98mph超えは2球、97mphは1球。リードオフのJ.P.クロフォードが粘りを発揮して実に10球も粘ったことから、かなり球数を費やすこととなり、初回だけで24球。

エンゼルス、スズキに1発が出るも後が続かず

 エンゼルス打線ですが、2回裏、カート・スズキがLFスタンドへソロHRを放ち、マリナーズが先制。

 しかし、エンゼルス打線はその後、マルコ・ゴンザレスのうまい投球の前に凡打の山。なかなか大谷選手を援護できませんでした。

大谷、被弾!

 大谷投手は6回までスコアレス投球。迎えた7回表、大谷選手は1アウト後に失投。ルーキーのジャレッド・ケルニックに投じたスライダーが外寄りの高いコースに。これをケルニックが豪快に引張り、RFスタンドに入るHRとなりました。

 もったいなかったですね。ただ、さすがの大谷選手も握力の問題が出たのかもしれません。これでスコアは1-1。 

最後のボールがこの日のMAX

 同点に追いつかれた大谷選手でしたが、その後は冷静に後続を抑え、7回で降板。

 この日のMaxですが、7回表にジェイク・バウアーズをファウルチップで空振り三振に仕留めた4シームで、99.2mph。112球目でこの日のMaxが出るとは。

 大谷選手は、7回、112球を投げ、被安打5、失点1、四球なし、10奪三振!とりわけ、四球なしはよかったですね。この日もスプリットを多めに投球。

 大谷選手はこの日の10奪三振でシーズン通算156奪三振となりました。

エンゼルス、逆転され、大谷選手の10勝はならず

 大谷選手降板後の8回表、エンゼルスはホセ・キハーダをマウンドに。ところがキハーダは不運なヒットなどもあり、ランナーを貯めたところで降板。3番手にオースティン・ウォーレンをマウンドに贈りましたが、ミッチ・ハニガーに勝ち越しタイムリーを打たれ、1-2に。その後はジャック・フレイリーの走者一掃のタイムリー二塁打でさらに3点を献上。これでゲームが決まりました。

 大谷選手の打席ですが、1Bゴロ、CFへの大きなフライ、CF前シングルで3-1。

 ゲームは5-1でマリナーズの勝利。

 エンゼルスは、ちょっとしょっぱいホーム・フィナーレとなりました。

「勝ちたい」

 これはどのタイミングでの取材なのかは調べることができなかったのですが、契約についてのコメントがあったようです。

 「エンゼルスは非常に好きだし、ファンも雰囲気もいいけど、それ以上に勝ちたいんだ。」

 ”but, more than that, I want to win. I’ll leave it at that.”

 2023年までの契約です。エンゼルスは今オフ、本腰を入れて投手を補強しにかかるかもしれませんね。

 かなり熱投だった大谷選手。最終戦に登板するかどうかは微妙なところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました