スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、ホーム最終戦で112球、10Kの熱投!

今季23度の登板はまさに熱投!

 現地2021年9月26日は、楽しみしていた大谷選手の登板日。大谷選手にとっての投手での出場は23試合目。エンゼルスにとっては156試合目。残り6ゲームは28日からテキサスに飛んでレンジャーズとの3連戦、そして最終カードは10月1日からシアトルでのマリナーズ3連戦です。

 大谷選手はこの日も2番Pでの出場です。

初回から98mph!

 現地2021年9月16日に右腕の違和感により予告先発から外れた大谷選手。様子見をした結果、9月19日のオークランド戦に登板。この日の登板は素晴らしかったですね。

 もう右腕は大丈夫だろうか?という心配をよそに、中6日を空けただけで大谷選手はマウンドに上がりました。

 7月、8月と数字がついてきていた頃は、序盤は抑え気味に入り、回を追うごとに威力を高めるというペース配分だった大谷選手ですが、この日は立ち上がりから情熱的な投球。初回から飛ばしました。

 1回表は98mph超えは2球、97mphは1球。リードオフのJ.P.クロフォードが粘りを発揮して実に10球も粘ったことから、かなり球数を費やすこととなり、初回だけで24球。

エンゼルス、スズキに1発が出るも後が続かず

 エンゼルス打線ですが、2回裏、カート・スズキがLFスタンドへソロHRを放ち、マリナーズが先制。

 しかし、エンゼルス打線はその後、マルコ・ゴンザレスのうまい投球の前に凡打の山。なかなか大谷選手を援護できませんでした。

大谷、被弾!

 大谷投手は6回までスコアレス投球。迎えた7回表、大谷選手は1アウト後に失投。ルーキーのジャレッド・ケルニックに投じたスライダーが外寄りの高いコースに。これをケルニックが豪快に引張り、RFスタンドに入るHRとなりました。

 もったいなかったですね。ただ、さすがの大谷選手も握力の問題が出たのかもしれません。これでスコアは1-1。 

最後のボールがこの日のMAX

 同点に追いつかれた大谷選手でしたが、その後は冷静に後続を抑え、7回で降板。

 この日のMaxですが、7回表にジェイク・バウアーズをファウルチップで空振り三振に仕留めた4シームで、99.2mph。112球目でこの日のMaxが出るとは。

 大谷選手は、7回、112球を投げ、被安打5、失点1、四球なし、10奪三振!とりわけ、四球なしはよかったですね。この日もスプリットを多めに投球。

 大谷選手はこの日の10奪三振でシーズン通算156奪三振となりました。

エンゼルス、逆転され、大谷選手の10勝はならず

 大谷選手降板後の8回表、エンゼルスはホセ・キハーダをマウンドに。ところがキハーダは不運なヒットなどもあり、ランナーを貯めたところで降板。3番手にオースティン・ウォーレンをマウンドに贈りましたが、ミッチ・ハニガーに勝ち越しタイムリーを打たれ、1-2に。その後はジャック・フレイリーの走者一掃のタイムリー二塁打でさらに3点を献上。これでゲームが決まりました。

 大谷選手の打席ですが、1Bゴロ、CFへの大きなフライ、CF前シングルで3-1。

 ゲームは5-1でマリナーズの勝利。

 エンゼルスは、ちょっとしょっぱいホーム・フィナーレとなりました。

「勝ちたい」

 これはどのタイミングでの取材なのかは調べることができなかったのですが、契約についてのコメントがあったようです。

 「エンゼルスは非常に好きだし、ファンも雰囲気もいいけど、それ以上に勝ちたいんだ。」

 ”but, more than that, I want to win. I’ll leave it at that.”

 2023年までの契約です。エンゼルスは今オフ、本腰を入れて投手を補強しにかかるかもしれませんね。

 かなり熱投だった大谷選手。最終戦に登板するかどうかは微妙なところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました