スポンサーリンク

【MLB2022】開幕から10戦でOPS1.493 ! 鈴木誠也選手がロケット・スタート

リグレーでも大きな声援!

 カブスの鈴木誠也選手が好調です。

 現地2022年4月19日、リグレーで行われたレイズ戦においても2打席目と4打席目にそれぞれシングルヒットを放ち、計2安打。カブスの勝利に貢献しました。

 そのうちの1本は二塁打になりかけたところをランディー・アロウザリナに刺されれ、アウトになったもののシングルヒット扱い。ただ、隙あらば前の塁へという積極姿勢は見ていて気持ちいいです。

 ちなみに1打席目はレイズのSS、テイラー・ウォールズのスローイング・エラーで出塁。3打席目はジェイソン・アダムスから右肘に死球を受けて出塁。この日は、全打席で出塁を果たしました。肘への死球ですが、左肘につけていたパッドをかすめる死球であったため、問題なさそうです。

開幕10戦、最高のスタート

 19日のレイズ戦はカブスにとっても開幕10戦目となったゲーム。全試合に出場している鈴木選手にとっても10試合目。ちなみに、鈴木選手は開幕7戦目となった4月15日のロッキーズ戦では代打で1打席のみの出場でした。それ以外はコンプリート・ゲーム。

 そして打順は、6番が3回、5番が5回、そして上述のレイズ戦ではついに4番に入りました。どんどん任せたくなるような活躍ですからね。

全試合で出塁、9試合12安打、4HR

 ここまで鈴木選手は出場した全試合で出塁を果たしています。代打での出場となった15日のロッキーズ戦も四球を選びましたので、凡退はしておりません。 

 そして先発出場した9試合で、28打数12安打、二塁打2本、HR4本、11 RBI、9 Runs、打率.429、OBP .564、SLG .929、OPS 1.493というロケットスタートぶりを披露。

しっかりと調整して臨んだ

 思えば、CBA更新のタイミングでメジャー挑戦となり、しかもいつもなら、あっさりと更新するところが、ちょうど変革期でMLBは選手たちをロックアウト。これで鈴木選手の交渉もストップしてしまいました。

 3月11日にロックアウトが解除となり、カブスとの契約が決まったのが、16日。この時点で開幕まで1ヶ月を切っていました。

 日本人プレーヤーの野手で言えば、筒香選手の苦戦が脳裏に焼き付いていて、しかも筒香選手の場合は、コロナパンデミックによるスプリングトレーニング中断、約4ヶ月空いて短期間のサマーキャンプ、そして60試合のシーズン突入と、苦戦の原因は初年度にボールに馴染む機会が減ったからではないか?とも筆者は思っていました。

 ファストボールに弱い面も2020年のスプリングトレーニングをしっかりこなしていれば、ひょっとしたら早い段階で修正できたのではないか?とも思っていました。ただ、今回の鈴木選手の活躍を見ると、個人でそれぞれ違うものなのだと、痛感した次第です。

 鈴木誠也選手は開幕戦ですぐにシングルヒットを放ち、3戦目で早くも初HR。そしてその翌日の12日のパイレーツ戦ではマルチHRを達成。いみじくも相手チームには筒香選手がいましたね。

 明るい選手なので、不調によって苦悩に満ちた表情を見るのは辛いものがあるなと思っていたため、このような順調どころかロケット・スタートを切れて本当に良かったと思います。

NL Player of the weekを受賞

 現地2022年4月19日、鈴木誠也選手は、2022年4月17日締めのナ・リーグのPOW(Player of the week)に選出されました。すごいことですね。

 2022年は4月10日に1週目のPOWの締めがあって、ナ・リーグはノーラン・アレナド(カージナルス)が、ア・リーグではアレックス・ブレグマン(アストロズ)がそれぞれ受賞。17日締めの週はア・リーグではホセ・ラミレス(ガーディアンズ)が選ばれております。

これから明るみになるスキル

 鈴木誠也選手を見ていて安心なのはスイングが強いということ。打撃で右中間スタンドにも運ぶパワーは評価されていると思います。それに加えて、すでに何度も見せている走塁のスピード。これも魅力です。この日はアロウザリナに刺されてはしたものの、2塁へのスピードは相当速いものを感じさせましたし、死球で出塁した7回裏にイアン・ハップのタイムリーで2塁から生還したスピードも良かったと思います。

 さらに、5回表、レイズのジョシュ・ロウがRFの鈴木選手のところにタイムリーを放ちましたが、ホームへの送球の動作、その送球の速さも光るものがありました。

 ますます楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました