スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ

6回途中までパーフェクト

 現地2022年4月20日は、大谷選手の3度目の登板日。

 芝生の美しいミニッツメイド・パークにて開幕戦で負けをつけられたアストロズとの再戦です。

 アストロズ打線には、ホセ・アルトゥーベがいません。現地4月20日にハムストリングスを傷め、10Day ILとなりました。とは言え、大谷選手に強いマイケル・ブラントリーを始め、勝負強いアレックス・ブレグマンなど厄介な選手が目白押し。

 「大谷でも勝てる」と思われては今後にも影響することから、この2戦目はどういう投球を見せるのかと興味深かったのですが、すべてがいい意味で予想を裏切り、そのはるか上を行く展開となりました。

初回、エンゼルスが6得点

 アストロズの先発はジェイク・オドリッジ。開幕から本調子ではなく、とにかく被安打を喫することが多かったのですが、過去2度の先発では四球は0。ところが、この日は四球を連発する大乱調で、エンゼルスは苦もなく、先制点を奪う展開に。

 リード・オフに入った大谷選手の四球から始まり、5番のブランドン・マーシュまで3四球、被安打2で、2失点。その後はスタッシ、アデルと2者連続三振を奪うも、タイラー・ウェイドにも四球を出し、押出で3失点目。ジェイク・オドリッジはここでマウンドを降りました。ここまでなんと42球の大苦戦。与四球は4です。

 その後はブレイク・テイラーにスイッチするも、アンドリュー・ベラスケスの1Bゴロをユリ・グリエルがエラーし、4失点目。さらに、2度めの打席となった大谷選手が、LFに二塁打を放ち、さらに2失点。

 エンゼルスが初回にアストロズのミスで6得点を奪う展開に。

大谷選手が12K

 マウンドに上った大谷選手。初回に2度も打席が回り、2度とも出塁するなどかなりイレギュラーな形の登板となりましたが、絶好調。

 この日はスライダーが多めで、ファストボールもmid-90の95-96mphに抑える投球で、初回を打者3人で抑えます。

3回、4回は6者連続三振

 2イニングめは9球で片付け、3イニング目は三者連続三振を奪うも、いずれも4球ずつで12球でフィニッシュ。4イニング目も三者連続三振でいずれも4球ずつ。この6者連続は遊び球は1球だけで勝負したというあまり見ない4球ずつでの6者連続三振。無双状態でした。

 5イニングは、ヨルダン・アルバレス、カイル・タッカー、ユリ・グリエルという一発のあるバッターと対しましたが、アルバレスをSSフライに打ち取り、タッカーとグリエルからは三振を奪うという投球で、まったく危なげない投球。

 気づけば5イニングをパーフェクトに抑える好投。

6イニング目、先頭のニコ・グッドラムから三振を奪い、場内もかなりざわつき出した後、ジェイソン・カストロに3-2のフルカウントからスライダーをCF前に運ばれ、惜しくもパーフェクトはならず。

 このイニングは2アウトからジェレミー・ペーニャに四球を出し、ランナーを2人背負うも、マイケル・ブラントリーを2Bゴロに抑え、無失点。

 大谷選手は球数81球ながら、ユニフォームはどろどろ、暑かったのか、顔は上気している状態で疲れもあったことから、6回で降板。

 結果、6イニングを被安打1、スコアレス、与四球1、奪三振12という素晴らしい投球で今季初勝利を上げました。

 スライダーがアンフェア過ぎますね。曲がりすぎです。

テペラ、イグレシアスもノーヒット投球

 エンゼルスは7回からライアン・テペラを投入。テペラは2イニングをパーフェクト。さらに、9回はクローザーのライセル・イグレシアスを投入し、彼もパーフェクトに抑えました。

 結果、3人のリレーで被安打1、シャットアウトという完璧な展開でアストロズに勝利しました。

 大谷選手は初回の2塁打の後、6回にはバントヒットを決め、2安打。野球の神様が喜びそうな全力プレーで、打撃でもチームの勝利に貢献しました。

エンゼルス、首位に

 この勝利でシーズン8勝5敗としたエンゼルスは、ア・リーグ中地区の首位に立ちました。

トラウトはオリオールズ戦から復帰

 この日、マイク・トラウトは欠場。17日のレンジャーズ戦で左手に死球を受けた影響ですが、X線の結果、骨には異常がなく打撲ということで、大事をとって欠場しました。

 復帰は現地4月22日からエンゼルス・スタジアムから始まるオリオールズ戦からの予定です。

 エンゼルスは現地18日から始まったアストロズとの3連戦を2勝1敗で勝ち越し。今季はメンバーから言ってもペナントを狙う大チャンスのシーズンですから、幸先の良いスタートとなっています。

 大谷選手、ナイス・ピッチングでしたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました