スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ

6回途中までパーフェクト

 現地2022年4月20日は、大谷選手の3度目の登板日。

 芝生の美しいミニッツメイド・パークにて開幕戦で負けをつけられたアストロズとの再戦です。

 アストロズ打線には、ホセ・アルトゥーベがいません。現地4月20日にハムストリングスを傷め、10Day ILとなりました。とは言え、大谷選手に強いマイケル・ブラントリーを始め、勝負強いアレックス・ブレグマンなど厄介な選手が目白押し。

 「大谷でも勝てる」と思われては今後にも影響することから、この2戦目はどういう投球を見せるのかと興味深かったのですが、すべてがいい意味で予想を裏切り、そのはるか上を行く展開となりました。

初回、エンゼルスが6得点

 アストロズの先発はジェイク・オドリッジ。開幕から本調子ではなく、とにかく被安打を喫することが多かったのですが、過去2度の先発では四球は0。ところが、この日は四球を連発する大乱調で、エンゼルスは苦もなく、先制点を奪う展開に。

 リード・オフに入った大谷選手の四球から始まり、5番のブランドン・マーシュまで3四球、被安打2で、2失点。その後はスタッシ、アデルと2者連続三振を奪うも、タイラー・ウェイドにも四球を出し、押出で3失点目。ジェイク・オドリッジはここでマウンドを降りました。ここまでなんと42球の大苦戦。与四球は4です。

 その後はブレイク・テイラーにスイッチするも、アンドリュー・ベラスケスの1Bゴロをユリ・グリエルがエラーし、4失点目。さらに、2度めの打席となった大谷選手が、LFに二塁打を放ち、さらに2失点。

 エンゼルスが初回にアストロズのミスで6得点を奪う展開に。

大谷選手が12K

 マウンドに上った大谷選手。初回に2度も打席が回り、2度とも出塁するなどかなりイレギュラーな形の登板となりましたが、絶好調。

 この日はスライダーが多めで、ファストボールもmid-90の95-96mphに抑える投球で、初回を打者3人で抑えます。

3回、4回は6者連続三振

 2イニングめは9球で片付け、3イニング目は三者連続三振を奪うも、いずれも4球ずつで12球でフィニッシュ。4イニング目も三者連続三振でいずれも4球ずつ。この6者連続は遊び球は1球だけで勝負したというあまり見ない4球ずつでの6者連続三振。無双状態でした。

 5イニングは、ヨルダン・アルバレス、カイル・タッカー、ユリ・グリエルという一発のあるバッターと対しましたが、アルバレスをSSフライに打ち取り、タッカーとグリエルからは三振を奪うという投球で、まったく危なげない投球。

 気づけば5イニングをパーフェクトに抑える好投。

6イニング目、先頭のニコ・グッドラムから三振を奪い、場内もかなりざわつき出した後、ジェイソン・カストロに3-2のフルカウントからスライダーをCF前に運ばれ、惜しくもパーフェクトはならず。

 このイニングは2アウトからジェレミー・ペーニャに四球を出し、ランナーを2人背負うも、マイケル・ブラントリーを2Bゴロに抑え、無失点。

 大谷選手は球数81球ながら、ユニフォームはどろどろ、暑かったのか、顔は上気している状態で疲れもあったことから、6回で降板。

 結果、6イニングを被安打1、スコアレス、与四球1、奪三振12という素晴らしい投球で今季初勝利を上げました。

 スライダーがアンフェア過ぎますね。曲がりすぎです。

テペラ、イグレシアスもノーヒット投球

 エンゼルスは7回からライアン・テペラを投入。テペラは2イニングをパーフェクト。さらに、9回はクローザーのライセル・イグレシアスを投入し、彼もパーフェクトに抑えました。

 結果、3人のリレーで被安打1、シャットアウトという完璧な展開でアストロズに勝利しました。

 大谷選手は初回の2塁打の後、6回にはバントヒットを決め、2安打。野球の神様が喜びそうな全力プレーで、打撃でもチームの勝利に貢献しました。

エンゼルス、首位に

 この勝利でシーズン8勝5敗としたエンゼルスは、ア・リーグ中地区の首位に立ちました。

トラウトはオリオールズ戦から復帰

 この日、マイク・トラウトは欠場。17日のレンジャーズ戦で左手に死球を受けた影響ですが、X線の結果、骨には異常がなく打撲ということで、大事をとって欠場しました。

 復帰は現地4月22日からエンゼルス・スタジアムから始まるオリオールズ戦からの予定です。

 エンゼルスは現地18日から始まったアストロズとの3連戦を2勝1敗で勝ち越し。今季はメンバーから言ってもペナントを狙う大チャンスのシーズンですから、幸先の良いスタートとなっています。

 大谷選手、ナイス・ピッチングでしたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました