スポンサーリンク

【MLB 2018】大谷選手、左投手から初HR!

エンゼルスはアーリントンにてレンジャーズとの3連戦中。現地2018年9月4日(火)はGame2が行われ、そこに大谷選手が2番DHで先発出場。キャリア初、レフティー(左投手)からHRを放ちました!

去る2日(日)に、ヒューストンで約3ヶ月ぶりのマウンドに立った大谷選手。登板当日に腰に違和感を抱き、さらに素手で打球を取りに行くというアグレッシブなことまで行ってしまいました。

3日(月)は登板翌日ということで不出場。これは予定として決まっていることなので不出場でよかったのですが、いかんせん、腰と利き手の指の状態が気になっておりました。

指は大丈夫そうだったのですが、打撃にも影響のある腰が心配ではありました。

しかし、4日(火)、大谷選手はきっちりと先発で出てくれました。2番DHでの出場です。エンゼルスは無理をさせませんので、Gameに出したということは状態に問題はないという判断を下したということでいいと思います。

この日のレンジャーズの先発はマイク・マイナー(Mike Minor #36)。30才で、今季ここまでに10勝を上げているレフティー。

打者・大谷選手はベーブ・ルース以来、99年ぶりに50 IP、15 HRの偉業を達成しているのは読者の皆様もご存じかと思いますが、ただ、その15本のHRはいずれも右投手から。左投手からのHRはゼロだったんです(過去形)。

ちなみに打率も右投手が177-55で.311、62-11で.177とやはり左投手に苦戦という数字が出ており(このゲーム前までの数字)、現地マスコミからも左投手の克服が言われておりました。

しかし、この日、ついに大谷選手が左投手からHR!課題の1つに上げられていた要素をクリアーしました。

しかもその打ち方が豪快そのもの!

ご覧ください↓。

 

横からの動画もあったのですが、後日見つけておきます。

大谷選手のこのHRは今季16号。エンゼルスはこのゲームで今季139試合を消化。残り22試合ですが、大谷選手は20 HRに届くかどうか・・・微妙なところですね。

ここはあたたかく見守りたいところです。

このゲーム、エンゼルスは2-4で敗れております。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

【2018大谷投手復帰】執念のベア・ハンドも、球速ダウンの代償(追記あり)
現地2018年9月2日(日)、大谷翔平投手が約3ヶ月ぶりとなる6月6日以来のマウンドに復帰致しました!

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました