【MLB契約2020】J.D.マルチネス、レッドソックスに残留。オプトアウトせず

スポンサーリンク

オプション決定期限の最大の注目

 現地2019年11月4日、MLBではオプションをどうするかを決定する期限が来ました。クラブ・オプション、プレーヤー・オプション、ミューチュアル・オプション、そしてオプトアウト。こういった項目を契約に設けている場合、クラブ側、選手側、あるいは双方で決断を下します。

契約用語をまとめてみました 改めて契約用語をまとめておきたいと思います。これを見ればいいというのを1記事作成しておく方が...

 よって4日はかなりの情報が更新されました。詳細は下記の記事をご覧ください。

2020シーズンに向けたストープリーグ情報の第一弾です。

J.D.マルチネス、オプトアウトせず

 なかでも注目だったのは、レッドソックスのJ.D.マルチネス。彼がオプトアウトを行使するかどうか。なぜこれが注目だったかと言えば、レッドソックスのペイロールを圧迫するから。

 それがどうしてそこまで重要かと言えば、レッドソックスは贅沢税の基準額を守りたいというクラブ側の意向があること。そうしなければ2年連続で莫大な贅沢税を払わなければなりません。さらにドラフト1巡目のピックがより下位に回される面もあります。

案外簡単かも!MLBの贅沢税 BOSの面々:左からドンブロウスキーGM、イオバルディ、コーラ監督 ハーパーやマチャード、コ...

 そして彼の決断により、2018年MVPのムーキー・ベッツが動くかどうかに大きく影響するからです。

予想通りの決断

 J.D.マルチネスが下した決断はオプトアウトせずに「STAY」でした。これはもうそうなるだろうなとかなりの方が思われていたのではないでしょうか? 昨今の遅いFA市場の動き、そして2020年8月に32才の誕生日をJ.D.マルチネスの旬の度合いから言って、FA市場に打って出るにはあまりにもリスキーに思えたからです。

現状の契約

 J.D.マルチネスの現状の契約を見てみるとこうなっています。2018年2月26日にサインした内容です。

5 年(2018-22)/$110M (1億1千万ドル)
  • 支払い:18:$23.75M、 19:$23.75M、 20:$23.75M、 21:$19.375M、 22:$19.375M
  • オプトアウトあり: 2019&2020シーズン終了後 にオプトアウトあり。2019年にオプトアウトした場合、$2.5Mバイアウト。 2020年にオプトアウトした場合はバイアウトなし
  • 故障に関する取り決め:以下の状態になった時は、2021年と2022年はミューチュアル・オプションとなる。リスフラン※の負傷または右足の合併症を起こして、:
    • 1) 前年に60日以上のDL(=IL)入りとなった場合、
    • 2) 前年に10日以上のDL(=IL)入りとなった場合、2年通算で120日以上そうなった場合
    • 3) 前年最後にIL入りとなり、翌シーズンのスタートも出来ないとわかった時
    • リスフランとは足の甲にある部位のことでここの靭帯を傷めると足に力が入らなくなる。 リスフラン靭帯損傷(外部サイト)。レッドソックス入団時のフィジカルチェックでここがひっかかり、この条項が設けられたという経緯があります。
  • 限定的なノートレード条項あり

 仮にFAで市場に出たとして、向こう3年で$62.5Mが得られるかどうかを考えた時、やはり二の足を踏んだのではないかと思われます。

贅沢税の金額は?

 これでJ.D.マルチネスの分として$23.75Mが2020のペイロールに乗ります。贅沢税用に年平均に直すと$22Mが2020年にONされる感じです。

 なお、2019年の贅沢税計算上のサラリー総額は基準額の$206Mに対し、約240Mほどになりそうです(まだ正式な金額が出ていません)。2018年は$197Mに対して$239Mでした。

 デーブ・ドンブロウスキ前社長は選手にはきちんと報いていたとは思いますが、さすがにコスト意識がどうかしていましたね。

【2020レッドソックス】

現地2019年11月5日までの情報です。

D・プライス
J.D. マルチネス
N・イオバルディ
D・ペドロイア
C・セール
X・ボガーツ
C・バスケス
40manとマイナー
ボーナス等(ベネフィット)
$31M
$22M
$17M
$13.75M
$25.6M
$20M
$4.5M
$2.25M
$15M
ここまでの合計$151.1
2020 贅沢税基準額$208
残り金額$56.8

 残り$56.8Mほどでクラブを作っていかなければなりません。40manとマイナーのところにはメジャー最低賃金の選手が多数入っております。

ベッツはどうなるか?

 ご覧のような状況なので、仮に2019オフも調停のベッツと契約したとしても今季と同じ$20Mで済むかどうか。さらに上記の金額にはすでにFAとなった選手、例えばホルト、ポーセロ、モアランド、ピアースの分はもちろん入っていませんので、それらに匹敵する戦力を形成する必要もあり、非常に難しいです。

 そして2019年に苦しんできたクローザーをどうするかという問題も。

 編成には基準額死守の至上命題が課されていることでしょう。

 どうしても基準額死守ならベッツは出さないと厳しいです。基準額にある程度の余裕を持っておかないと、仮に優勝争いを演じて、あともうひと押しという時に7月トレードで選手が獲得出来ないという事態もあり得ます。 

 デービッド・プライス、クリス・セールの大型契約は動かせる第三案的なものがあるのか、ブルームさんの手腕に注目しています。

 ベッツがいなくなると2019シーズンのようにたとえ自軍の投手が打たれても、打ちまくって援護してやる!という攻撃は見られなくなるでしょう。

現地2019年11月6日、ESPNの記者の人がムーキー・ベッツをキープする方法として面白そうな案が示されました。

J.D.は腰の状態次第

2019: 36 HR (7th), .304 BA (9th), 105 RBI (8th),Career: 231 HR, .294 BA, 711 RBI, OF, 3xAllStar, Tigers/RedSox/... 2011-2019, b:R/t:R, 1x RBI Leader

 とは言え、J.D.マルチネスをキープ出来たことは打線にとってはかなりメリットがあります。2019年は腰の痙攣の問題がありましたので、今ひとつ頼りになりませんでしたが、これがきちんと治れば相当な戦力です。

 2年間、296試合で打率.317、OBP .392、SLG .593、 79HR、235 RBI。

 J.D.マルチネスにはもう打ってもらうしかありませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. irolyn より:

    どういう見方をしてもベッツ放出は不可避な様ですね
    おそらく球史で見ても有数のゴールデンな外野守備陣容が失われるのはもったいないと感じます

    • hirotee より:

      irolyn様
      こんばんは。コメントありがとうございます。
      ベッツ対策にパッサン氏から第三案が出されたので様子見したいと思います。
      コメントありがとうございました。