スポンサーリンク

【MLB PEDs問題】また薬物疑惑で大物の名前!嘘つきは医者か?選手か?【2013年】

こんにちは(^^)

MLB.com内からまた嫌なニュース

”Several big leaguers in Miami clinic’s PED notes”

A-Rod, Gio deny connection; Cruz, Melky, Colon, Grandal also in newspaper’s report

マイアミの地元紙が、最近クローズしたばかりのクリニックの医師から、PEDs (Performance – enhancing drugs)に関わる重要な情報をスクープしたと報じました。

問題点

その地元紙によりますと、アンソニー・ボッシュ(Anthony Bosch)という医師が、フロリダ州コーラルゲーブルズという街で、バイオゲネシスというアンチエージングのクリニックを開いていたのですが、彼の患者にMLBのビッグネームがいて、彼らにHGH(Human Growth Hormone)を処方した手書きのノートが見つかったというのです。

名前が上がっている選手は、

  • A・ロッド(ヤンキース)、
  • ジオ・ゴンザレス(ナショナルズ)、
  • ネルソン・クルーズ(レンジャーズ)ほか

HGHとは

HGHは「ヒト成長ホルモン」というドラッグで、これを摂取すれば、疲れを感じないし、パフォーマンスを向上させることができるものの、心肺機能に相当に負担を強いるという禁止薬物です。 HGHはPEDs(Performance-enhancing drugs:パフォーマンス向上薬)の中の一つです。

MLBは2013年1月10日に、薬物に関する規定を強化したばかりで、しかも今回は非常に具体的ということで、事実関係も含めて慎重に対応するようです。

もし「クロ」となったら

ボッシュの患者にはすでに禁止薬物使用で処分済みの、バートロ・コロン(アスレチックス・投手)、メルキー・カブレラ(現ブルージェイズ・外野手)、ヤスマニ・グランダル(パドレス・捕手)、シーザー・カリーヨ(投手、2009年パドレス→2012年タイガース)など総勢20名以上の名前が含まれているとその地元紙は報じています。

名前の上がっている選手のコメント

名前の上がっている選手はそれぞれコメントを発しています。

A・ロッド

A・ロッドは代理人を通じ、「事実無根で、A・ロッドは彼の患者ではないし、診察を受けたこともなければ、アドバイスをもらったこともない」とコメント。

ジオ・ゴンザレス

ジオ・ゴンザレスもツイッターでこの件に直接コメント。

「俺はいかなる種類の向上薬を使ったことなどないし、トニー・ボッシュというやつに診察してもらったこともなければ、会ったこともない」

ネルソン・クルーズ

ネルソン・クルーズに関してはレンジャーズがコメント。

「今朝の記事が出ることは事前にわかっていたので、MLB機構に報告はしてある。今のところはコメントを避ける」

真相は?

果たして真相はどこに? ひょっとすると、大きなスキャンダルに発展する可能性が。

こんなことで揉めて欲しくはないので、良心にもとづいてしっかりと正直に対応して欲しいですね。バレなきゃいいというのは2013年では古すぎます。

もし医者の言うことが嘘なら、、、

その嘘は一体誰が特をするのか?というオチで済むのですが。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 赤とんぼ より:

    いつもながら最新最速の情報さすがですね!!
    >「一体だれが得すんねん、その嘘」 
    そのとうりです。

  2. Hirotee-1969 より:

    今回も尾を引きそうな気配がありますね。
    Aロッドはかなり窮地に立たされそうです。
    > いつもながら最新最速の情報さすがですね!!
    >
    > >「一体だれが得すんねん、その嘘」 
    >
    > そのとうりです。

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました