【MLB PEDs問題】また薬物疑惑で大物の名前!嘘つきは医者か?選手か?【2013年】

良いなと思ったらシェアお願いします

こんにちは(^^)

MLB.com内からまた嫌なニュース

”Several big leaguers in Miami clinic’s PED notes”

A-Rod, Gio deny connection; Cruz, Melky, Colon, Grandal also in newspaper’s report

マイアミの地元紙が、最近クローズしたばかりのクリニックの医師から、PEDs (Performance – enhancing drugs)に関わる重要な情報をスクープしたと報じました。

問題点

その地元紙によりますと、アンソニー・ボッシュ(Anthony Bosch)という医師が、フロリダ州コーラルゲーブルズという街で、バイオゲネシスというアンチエージングのクリニックを開いていたのですが、彼の患者にMLBのビッグネームがいて、彼らにHGH(Human Growth Hormone)を処方した手書きのノートが見つかったというのです。

名前が上がっている選手は、

  • A・ロッド(ヤンキース)、
  • ジオ・ゴンザレス(ナショナルズ)、
  • ネルソン・クルーズ(レンジャーズ)ほか

HGHとは

HGHは「ヒト成長ホルモン」というドラッグで、これを摂取すれば、疲れを感じないし、パフォーマンスを向上させることができるものの、心肺機能に相当に負担を強いるという禁止薬物です。 HGHはPEDs(Performance-enhancing drugs:パフォーマンス向上薬)の中の一つです。

MLBは2013年1月10日に、薬物に関する規定を強化したばかりで、しかも今回は非常に具体的ということで、事実関係も含めて慎重に対応するようです。

もし「クロ」となったら

ボッシュの患者にはすでに禁止薬物使用で処分済みの、バートロ・コロン(アスレチックス・投手)、メルキー・カブレラ(現ブルージェイズ・外野手)、ヤスマニ・グランダル(パドレス・捕手)、シーザー・カリーヨ(投手、2009年パドレス→2012年タイガース)など総勢20名以上の名前が含まれているとその地元紙は報じています。

名前の上がっている選手のコメント

名前の上がっている選手はそれぞれコメントを発しています。

A・ロッド

A・ロッドは代理人を通じ、「事実無根で、A・ロッドは彼の患者ではないし、診察を受けたこともなければ、アドバイスをもらったこともない」とコメント。

ジオ・ゴンザレス

ジオ・ゴンザレスもツイッターでこの件に直接コメント。

「俺はいかなる種類の向上薬を使ったことなどないし、トニー・ボッシュというやつに診察してもらったこともなければ、会ったこともない」

ネルソン・クルーズ

ネルソン・クルーズに関してはレンジャーズがコメント。

「今朝の記事が出ることは事前にわかっていたので、MLB機構に報告はしてある。今のところはコメントを避ける」

真相は?

果たして真相はどこに? ひょっとすると、大きなスキャンダルに発展する可能性が。

こんなことで揉めて欲しくはないので、良心にもとづいてしっかりと正直に対応して欲しいですね。バレなきゃいいというのは2013年では古すぎます。

もし医者の言うことが嘘なら、、、

「一体だれが得すんねん、その嘘」というオチで済むのですが。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 赤とんぼ より:

    いつもながら最新最速の情報さすがですね!!
    >「一体だれが得すんねん、その嘘」 
    そのとうりです。

  2. Hirotee-1969 より:

    今回も尾を引きそうな気配がありますね。
    Aロッドはかなり窮地に立たされそうです。
    > いつもながら最新最速の情報さすがですね!!
    >
    > >「一体だれが得すんねん、その嘘」 
    >
    > そのとうりです。