スポンサーリンク

【MLB好プレー】ここ10年で一番好きなスーパープレーは2013年のベン・リベア

好プレーは数多あれど、これが一番好き

 本日はずっと記事にしなければと思っていたトピックです。

 MLBでは毎シーズン、内・外野、捕手、投手含めて守備で素晴らしいプレーが数多く出ており、その度に心が揺れ動かされます。

Bestと言える好プレーとは?

 「この一本!」というプレーは人それぞれ価値が違いますのでBESTの提示というのはさすがに出来ません。内野、外野、捕手、投手・・・守備位置によるカテゴリー分けも必要でしょう。あるいは「どうしてオジー・スミスが入っていないのだ?」ということにもなってきますので年代的な区切りも必要です。

 そうなるともう「個人的に好きなプレー」ということになってきます。

どうしてもまだこれを超えない

 間違いなく主観の要素が入ってきます。それをお許しいただければという前提ではありますが、筆者の中で好きな一本を提示させていただきたいと思います。

 ラモン・ルレアーノ、ケビン・キアマイアー、マイク・トラウト・・・現役の中でもすごいプレーを見せてくれている人はたくさんおります。ましてやSSや2Bなど内野手を入れるともう、選べません。

 ただ、筆者の中では未だこれを超えるプレーが出ていないのです。

 それが2013年のベン・リベア(Ben Revere)のプレーです。

どこが好きなのか?

 ゲームは2013年4月15日。レッズ・ホームのグレート・アメリカン・ボール・パークで2回裏。先頭のジェイ・ブルースがシングルで出塁。ノーアウト1塁という状況でバッターはトッド・フレイジャー。

 そのトッド・フレイジャーが放った当たりは長打コースの右中間へのライナー。

Philadelphia Phillies at Cincinnati Reds Box Score, April 15, 2013 | Baseball-Reference.com
Cincinnati Reds beat Philadelphia Phillies (4-2). Apr 15, 2013, Attendance: 17387, Time of Game: 2:26. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score,...

 ベン・リベアがこれをまさかの好捕!すでに大きく離塁していたジェイ・ブルースは慌てて1Bへ戻るも、ベン・リベアが1塁へパーフェクトスロー。立ち上がり、ピリッとしなかったクリフ・リーを救ったプレーでした。

 では、このプレーのどこがすごいのか?

 技術的な面はプロの選手にしかわからないと思うので、どこが好きなのか?という観点ででいくつか挙げてみたいと思います。

落下地点への調整

 一つは落下地点への調整。打球が放たれた時、ベン・リベアは落下地点を予想して、一直線に走りますが、途中で打球の伸びを察知。ややコースを変えているのがおわかりいただけたでしょうか?筆者は一瞬でのこの判断力にまず驚きました。

右利きのCFの右中間は難しい

 次にここが筆者の一番好きなポイントなのですが、利き手側の斜め上でキャッチしている点です。右利きの外野手は自身のいる位置よりもLF側に放たれた打球は半身にもなりやすいですし、まだ捕りやすいです。要はグラブをはめている左腕を伸ばしやすい。

 ところが、この打球は右中間。右利きベン・リベアは打球を背走するのに一旦、打者に背を向けるような形になります。体より左側にボールを入れて走ることが出来ません。そうなると右腕のさらに後方が落下地点に。つまりグラブ側の左手が伸びないのです。しかし方向的に、そして打球速度的にそうやって追うしかありません。

 これが左利きのCFなら背走しやすいのはご想像の通りです。

 ベン・リベアは右手側のさらに奥に飛んだ打球に対して、落下地点を調整しながらすばやく背走。そして、めいいっぱい左手を伸ばしてキャッチ。こんなことはそう出来ることではないと思っています。

 たとえば普通に直立していて、背後にいる人から右肩越しにボールを投げてもらい、キャッチするようなものです。

ダイビング

 そしてギリギリのところでのダイビングはタイミングといい、もはや芸術的。

ダブルプレーまでやってしまう

 そしてフィリーズ内で声の連携はおそらくなかったと思われます。捕球したベン・リベアは起き上がり様にすぐに1塁へ送球。離塁したジェイ・ブルースをアウトにしました。

 おそらくベン・リベアはジェイ・ブルースの脚力などをしっかりと頭に入れた上で、守備についています。さらに離塁した距離を一瞬で見抜き、あの態勢でのパーフェクト・スローを行った。

 こういった一連の動きの動きの中に様々な要素が入っています。もう単純に一見しただけですごいプレーではあります。

 好プレーにも色々あると思います。シチュエーションから生まれる好プレーなどはやはりその価値は計り知れません。ただ、これには難点もありまして、得点差、アウトカウント、シーズンやシリーズに与える影響などその時々のシチュエーションをしっかりと頭に入れないと、その価値を十分に楽しめない。

 その意味ではこのプレーはシチュエーションこそ一つのピンチにすぎなかったものの、誰が見てもすごいとわかるプレーです。

 もっとも、これが10年間のBESTと言えるかどうかは別です。ただ筆者の主観ではまだこれを超えるすごいプレーは出てきていないというのが正直なところです。

実はフィリーズは負けていた!

 なお、このゲームは4−2のスコアでレッズが勝ちました。7回裏に先制を許したクリフ・リーでしたが、8回表フィリーズはクリフ・リーの代打で出たチェイス・アトリーが2ランHRを放って同点に。しかし、8回裏にリリーバーが打たれレッズに2点の勝ち越しを許しました。

 また、このシーズンは(2013年)はフィリーズは4位でフィニッシュしたシーズンでもあります。

ベン・リベアは? 

 2007年アマチュアドラフトでツインズの1巡目指名でプロ入りしたベン・リベア。『マネーボール』の中でドラフトで選手を奪い合うシーンの中でも彼の名前は登場しています。

 ドラフトではデービッド・プライス、マイク・ムスターカス、マット・ウィータース、ジェイソン・ヘイワードなどと同期です。1つ前の順位がリック・ポーセロ。

 ベン・リベアの近況ですが、2019年4月27日にブルージェイズとマイナー契約を結び、5月5日にスプリングトレーニングの延長に参加。しかし、5月19日にリリースとなり、その後はFA。それから更新されていません。

 メジャーでのプレーは2017年のエンゼルスでのプレーが最後となっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました