スポンサーリンク

【MLBスプリング2021】レッドソックス、第一週を終えて打線が好調!チーム打率はMLBトップ!

2018同様に打線が引っ張るスタイル

 現地2021年2月28日から始まったグレープフルーツ・リーグ。

 レッドソックスはフロリダ半島西海岸の南側に位置するフォートマイヤーズに施設があるため、周辺にあるレイズ、ブレーブス、ツインズを中心に、そしてフロリダ半島中間に位置する街に施設のあるオリオールズとパイレーツも交えて3月中に29試合が組まれています。

 現地2021年3月7日(日)のゲームを終えて、7試合が終了。3月8日(月)はオフです。

 そのグレープフルーツ・リーグの第1週を終えたレッドソックスの状況を記載しておきたいと思います。こういうのはシーズン中、わりと有益な情報になることがあります。

7試合、3勝4敗

 NLイースト覇者のブレーブス、ALイーストの覇者でライバルのレイズ、ALセントラル覇者のツインズ、そしてオリオールズを相手にここまでの成績は3勝4敗。

  1. 2/28 @ツインズ戦(L): 6-7
  2. 3/1 vs ブレーブス戦(L): 3-5
  3. 3/2 vs レイズ戦(W): 9-3
  4. 3/3 @ツインズ戦(W): 14-6
  5. 3/4 @ オリオールズ戦(L): 3-6
  6. 3/5 vs レイズ戦(W)6-5
  7. 3/6 vs ツインズ戦 : 雨天中止
  8. 3/7 @ブレーブス戦 (L): 4-5

負けはいずれも接戦に持ち込んでの敗戦

 負けが先行しているものの、一つ嬉しいところは一方的な敗戦がないことです。もともと今季はクリス・セールが前半戦不在で、頼みのE・ロッドもCOVID 19 の後遺症から回復したばかりなので、失点はある程度覚悟した戦いを強いられるのですが、負けたゲームがいずれも拮抗した戦いをしているところに、投手陣が調整しながらも頑張っている面がよく見えます。そうそううまく行くものでもありませんし。

チーム打率はMLBトップの.302

 そして投手陣を引っ張るべく打線が機能しています。ここまで7試合を終えて、チーム打率は.302でMLBトップ。2位のメッツが.275ですから、ダントツに打っている状態です。そしてチームOPSもトップで.954。

 そしてチームRBI 41もMLB1位です。

RBIも1位、HRは2位

 そしてHR数は11本で現時点では2位。少し前までこれも1位だったのですが、ロイヤルズが12HRで1位を奪われました。ロイヤルズは今季、好調です。なお、同じ11本でヤンキースがHR数を伸ばしてきています。

チームERAは5.65

 課題の投手力ですが、チームERA5.65は23位。これは致し方ありませんね。これからチューンナップされていくと思います。

 ちなみにERAトップはマーリンズの 2.25。マーリンズはフロリダ半島東でメッツ、アストロズ、ナショナルズ、カージナルスらとの対戦。試合巧者が多い中、健闘していますね。

好調な打線を牽引しているのは?

キケ、打率.625

 好調レッドソックス打線で最も当たっているのは今季、FAでドジャースから移籍してきたキケこと、エンリケ・ヘルナンデス。ボガーツが肩を傷めていたため、彼がSSをこなしていました。

 エンリケ・ヘルナンデスは8打数5安打で、打率は.625をマーク。好調です。

ジャイロ(ヤイロ)・ムニョスは、.538

 そしてもうひとり、打線を牽引しているのは、元カージナルスのジャイロ・ムニョス。Yairoと書いて、発音は「ジャイロ」が正解のようです。

 2020年3月にレッドソックスとマイナーディール。

 2020年は12試合で、45-15、打率.333、HR 1をマーク。もともとはアベレージヒッターで、さらに言うと、カージナルスのSS、ポール・デヨングとポジションを争おうかというほどの選手でした。ただ、カージナルスでは、デヨングがおり、マット・カーペンター、さらにコルテン・ウォンもおりましたので、二遊間でチャンスがありませんでした。

 場を与えたら強いという選手です。

期待のプロスペクトも生存に必死 

 そして、今季大いに期待されるジャレン・デュランは11-5、打率.455、OBP .500、SLG 1.182、二塁打2、HR 2と好調。

 さらに、ボビー・ダルベックも10-4、打率.400、OBP .500、SLG 1.300、HR3をマーク。ダルベックは三振5とやはり、三振も多いですが、一発は魅力です。ピート・アロンソのような力強さを感じます。

 一足早くデビューしたマイケル・チャビスも2HRと好調です。

 あとは、COVID 19 に罹患し、レッドソックスに移籍後、まだベールを脱いでいないフランチー・コルデロも出てくればかなりチーム内の競争に刺激が加わりそうです。

投手陣はこれから

 澤村投手を始め、先発、ブルペンの投手陣はこれからチューンナップしていくと思われます。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました