スポンサーリンク

【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況

ベイヨー、嬉しいメジャー初勝利!

 現地2022年9月3日、レッドソックスはレンジャーズとの4ゲームシリーズのGame3をフェンウェイパークで戦い、5-3のスコアで勝利。先発したトップ・プロスペクトのブライアン・ベイヨー(Brayan Bello)に嬉しいメジャー初勝利がつきました!

ベイヨーが6回をスコアレス

 ブライアン・ベイヨーは、23才の右腕で現時点でのレッドソックスのプロスペクト・ランキングでは3位にラインクインしています。

 2022年7月6日にメジャー・デビューを果たし、このゲームの前までに8試合に登板し、うち先発が6試合で、0勝4敗、ERA 7.36という成績でした。まだ体の線も細く、未完成な感があるのがむしろ良いところで、特にベロシティーに関しては伸びしろを残している投手です。4シームの威力が増せば、チェンジアップ、スライダーもさらに生きてくるはずです。

 この日はこれまでの8試合の経験がよく活かされた投球であったと思います。コントロールが良かったですし、ファストボールも走っていました。初回を3人で斬って取ったベイヨーは、2回から4回までは毎回ランナーを背負う投球となりましたが、非常に丁寧に投げていたと思います。

 そして、これまでは5イニング未満の登板が続きましたが、この日はキャリア最長となる6イニングを投げきりました。しかも、5回と6回は三者凡退。この日はボガーツのポジショニングに助けられた感もありましたが、データ通り打たせたという点ではむしろしっかりとゾーンに投げ込めていたということも言えるでしょう。

 ブライアン・ベイヨーはこの日、ほとんどはMid-90mphというところでしたが、MAXは97.3mphをマーク。6イニング、88球(Av.14.6球/イニング)を投げ、被安打3、スコアレス、BB1、SO5という内容でした。

デバースが先制2塁打

 先発のベイヨーの良かったところは、初回に1点を先制してもらったのを守り抜いたことでもあります。

 その先制点ですが、初回にデバースから繰り出されました。レッドソックスはリードオフのトミー・ファムが四球で歩いた後に、アレックス・ベルドゥーゴがデニス・サンタナのファストボールに圧されて三振。ボガーツもバッティングをさせてもらえませんでしたが、ダブルプレー崩れで1Bに残りました。

 ここでラファエル・デバースだったのですが、打ったのはチェンジアップで、ゾーンの内から外へ逃げるボールをうまく左中間に運びました。この打撃は芸術的。

 レッドソックスに追加点が入ったのは5回裏で、これは四球絡みでの2点を上げました。

 さらに、7回裏には、トレバー・ストーリーのタイムリー2塁打などで2点を追加。7回を終えて5-0とリードする展開に。

ウィットロックが3失点

 ブライアン・ベイヨーの後をリレーしたのはギャレット・ウィットロックで、ここのところ、投げるとしたら、2イニングというのが多いです。

 そのウィットロックは7回は難なく切り抜けたものの、8回表に捕まりました。マーカス・セミエンに2ランHRを、そしてナサニエル・ロウにも逆方向へソロHRを打たれて3失点。ゲームは5-3と2点差ゲームで終盤へ。

シュライバー投入で逃げ切る

 そして、9回表、アレックス・コーラ監督は、マット・バーンズをマウンドに送ったものの、バーンズはピリッとせず。1アウト満塁のピンチを作ったところで降板。

 クローザー・ロールを任されているジョン・シュライバーを投入するに至りました。本来なら休ませたかったところです。マット・バーンズもセミエン、シーガーまで回してはいけないと思いマウンドに上がったと思いますが、ピッタリ回してしまいました。

 そのシュライバーはマーカス・セミエンを三振に打ち取り、2アウトに。つづくコーリー・シーガーの当たりは、シフトを敷いていたSSのボガーツの正面に飛び、難を免れ、5-3で勝利しました。シフトを敷いていなければ、2点タイムリーで同点となるところでした。

 リリーバー陣がリードを守りきったので、ブライアン・ベイヨーに嬉しいメジャー初勝利がつきました!!

レッドソックス、トリストン・カサスをコールアップ

 このゲーム終了後、レッドソックスはロスターを変更しました。

 今季、苦戦を強いられていた1Bのボビー・ダルベックをトリプルAウースターにオプション(マイナーへ降格)。空いたロスターにトリプルAで大活躍のトリストン・カサスをコールアップすることに!

 トリストン・カサスは22才の右投げ左打ちの1B。2018年ドラフトのレッドソックスの1巡目指名です。なお、正確な発音は、 \KOSS-iss\ (コシス)のようです。

 カサスはU-15、U-18に加え、2021年は東京五輪のUSAの1Bとしてプレー。アメリカ大陸予選では、4試合でOPSは1.004、オリンピック本番では6試合で、打率.217、OBP .308、SLG .652、HR3、RBI 8をマークしました。

 トリストン・カサスは今季はトリプルAのウースターで開幕を迎えたものの、5月中ばに右足首をひどく捻挫し、離脱。7月12日にルーキーリーグでリハビリ出場を開始し、7月22日にトリプルAに復帰しました。

 8月は25試合で、90-30、打率.333、OBP .460、SLG .533、HR2、二塁打10、三塁打1、RBI 11をマークし、メジャー・デビューが待ち望まれておりました。

 今回の昇格でメジャー・デビューとなります。

 ボビー・ダルベックも下でじっくりと打撃を見直してもらいたいと思います。本来はHRの量産が期待できる選手ですから。

タナー・ハウクが腰を手術

 もう1つ、ロスターで重要なのが、タナー・ハウクです。8月前半から腰の痛みでILに入っていましたが、診断の結果、腰の手術を行うことになりました。手術は9月5日(月)から始まる週に実施される予定で、復帰は来季のスプリング・トレーニングということになります。

 ややインステップ気味なのも影響したのでしょうか?いずれにせよ、クリス・セールがトミー・ジョン手術をしましたので、彼のフォームを左右反転したような投げ方のハウクもいずれは前腕部に負担がくる可能性があり、せっかくの機会なので肘もしっかりと休ませてもらいたいとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました