【レッドソックス2018】ポーセロ、シャーザーから二塁打を放つ!

良いなと思ったらシェアお願いします

スクリーンショット 2018 07 03 18 34 08

現地2018年7月2日はヤンキースVSブレーブスというインターリーグの好カードがありました。

しかし、ナショナルズVSレッドソックス戦もなかなかの好カードですのでこちらについて書かせていただきます。

注目はこの日の先発。

ナショナルズがマックス・シャーザー、レッドソックスがリック・ポーセロの二人。そうです。かつてのデトロイト・タイガース時代のローテーションを飾った二人の投合いだったんですね。

これが終盤までもつれるなかなかの好ゲームに。

先制したのはレッドソックス。

2回表、下位打線のヒットとフォアボールで塁を埋め、8番ジャッキー・ブラッドリーJRのところでナショナルズ・バッテリーは次打者のポーセロに合わせ、ジャッキーを敬遠。

2アウト満塁にします。懸命な判断です。

しかし、ここで予想外の出来事が!

打席のリック・ポーセロはシャーザーの97マイルほどのファストボールに対応、これが左中間をやぶる走者一掃のツーベースに。

レッドソックス、予期せぬ形で3点を先制します。

その後はポーセロ、シャーザーともゲームメイク。ナショナルズはレッドソックス投手陣から3本のHRを集めるも、いずれもソロ。

結局、ポーセロの3ランダブルが効いて、レッドソックスが4−3でナッツを下しました。

これでポーセロは10勝目です。

なお、シャーザーの変化球ですごいキレの動画が上がっていたので、ご紹介しておきます。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!