スポンサーリンク

【MLB2023】元レッドソックスのナックル・ボーラー、ティム・ウェイクフィールドが亡くなる

57才、2011シーズンに引退したばかり

 現地2023年10月1日、ボストン・レッドソックスは、ナックル・ボーラーとして活躍してきたティム・ウェイクフィールド(Tim Wakefield)が亡くなったことを発表しました。享年57歳。2011年が最後のシーズンで、つい先日、引退したばかりです。

 死因はBrain Cancerで脳腫瘍とのことでした。

偉大なナックル・ボーラー

 投球のほぼすべてでナックル・ボールを投げる投手としてティム・ウェイクフィールドは最後の投手と言えるかもしれません。

 その後任には同じくレッドソックスで2016年に13勝6敗をマークしたスティーブン・ライトがいましたが、ティム・ウェイクフィールドほど長く投げつづることが出来ませんでした。

19シーズン、200勝

 ティム・ウェイクフィールドはMLB通算19シーズンで627試合に登板し、3226.1イニングを投げ、200勝180敗、ERA4.41(ERA+105)、SO 2156、BB 1205。SO% は15.5で、BB %は8.6。 rWARは34.4。

 200.0IP以上を5シーズンも達成したウェイクフィールドのアベレージは、201.0/年 IPです。

 ウェイクフィールドは1966年8月2日生まれ。1988年のアマチュア・ドラフトでピッツバーグ・パイレーツから8巡目指名を受けてプロ入り。大学時代は野手で主に1Bを守っており、野手としてのプロ入りでした。

 しかし、プロのレベルで打者としてやっていくのは難しいとの評価を受け、遊びで投げたナックルボールの精度が良かったことから投手に転向したというのは有名な話。1990年から投手としてプレーし、1992年7月31日のカージナルス戦でデビュー。

 このデビュー・イヤーは2ヶ月ほどの期間に13試合に先発し、8勝1敗、ERA 2.15をマークし、ナックルボーラーとしてやって行く自信がつきました。

 しかし、翌1993年は不調で6勝11敗、ERA 5.61。1994年はフルシーズンでマイナーにおりました。

 1995年4月20日にパイレーツからリリース。その約1週間後の1995年4月26日にレッドソックスとサインするに至りました。28才の時です。

 そのシーズンになんと16勝8敗をマーク。そこから4年連続で二桁勝利をマーク。1998年には17勝8敗でした。さらに35才となった2002年から42才のシーズンとなった2009年まで8シーズンで2桁勝利を7回達成。この間の勝利数は95です!2007年、40才のシーズンでキャリア・タイとなる17勝12敗をマーク。2011年、44才のシーズンが最後のシーズンとなりました。

フランチャイズ・ランク

 大リーグ19シーズンのうち17シーズンをレッドソックスで過ごしたティム・ウェイクフィールドのフランチャイズ・ランキングはご覧の通りです。

  • 勝利数:186※(3位)※ PITで14勝を上げているためBOSでは186勝としてカウント。
  • 投球イニング数 3,006(1位)
  • 奪三振:2,046(2位)

 その他にもオールスター出場1回、ワールドシリーズ優勝2回。また、野球、スポーツマンシップ、地域社会への貢献、チームへの貢献を最も体現した 個人に贈られるロベルト・クレメンテ賞も受賞。

 引退後もウェイクフィールドは、NESNのパーソナリティやレッドソックス財団の名誉会長となり、レッドソックス・コミュニティの一員であり続けました。

 表情からわかる通り、優しさと温かさのある選手で、キャリア前半で苦労したのも人柄に出ているようです。

 レッドソックスはこの訃報を聞いた最終戦に6-1で勝利。OBに報いました。なお、オリオールズも哀悼の意を示してくれました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
タイトルとURLをコピーしました