スポンサーリンク

【MLB移籍2018】エイドリアン・ゴンザレスがメッツへ!リンスカムがグッド・シェイプ!

本日も移籍の話題です。

 

まず、マット・ケンプを含めたドジャースとブレーブスのブロックバスター・トレード でブレーブスがエイドリアン・ゴンザレスをすぐにDFAとし、ウェーバーにかけましたが、そのエイドリアン・ゴンザレスはメッツとの契約に至ったというニュースです。

 

35才で、腰の怪我で2017シーズンは71試合の出場に終わったエイドリアン・ゴンザレスですが、メッツでの活躍に期待したいと思います。

 

なんと言っても、オールスター5回、シルバースラッガー賞2回、ゴールドグラブ賞4回の選手ですからね。頑張って欲しいです。

 

現地2017年12月19日、話題となったのはティム・リンスカム。

 

2016シーズンにエンゼルスに移籍して以来、メジャーのマウンドに上がっていません。

2年連続のサイ・ヤング賞受賞(2008、2009)、4度のオールスター出場、3度のワールドシリーズ登板の右腕はまだ33才です。

 

リンスカムが出てきた時はトルネードで真上から投げてくる投手がいるということで、ワクワクしましたよね!

 

2008年から2014年まで7年連続でローテーションに穴を空けることなく、年間33試合前後に登板してきた右腕はさすがに疲労が蓄積していたのではないかと思われます。

 

とくに、2015年当たりはあきらかに疲労が原因でスピードが乗っていないのに、無理にボールの威力を出そうとしてかなり腰などに負担がかかりそうな投げ方をしていたように思います。見ていて痛々しかったです。

 

しかし、ツイッターに上がった画像では、細身のイメージを一新!筋骨隆々に。もう体脂肪率が一桁なのは間違いないですね。顔つきも精悍になっていますね。

 

本人曰く、ここ数年で一番の仕上がりだそうです。

また、メジャーのマウンドに上がってほしいですね!

 

 

通算110勝89敗。まだまだいけると思います!

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました