スポンサーリンク

【MLB2023】クリス・セール、復帰戦で5回2アウトまでパーフェクト投球!

クリス・セール、6月1日以来の復帰

 レッドソックスのエース、クリス・セールが復帰しました。現地2023年8月11日、フェンウェイパークで行われたタイガース戦にクリス・セールが6月1日のレッズ戦以来のマウンドに上がりました。

 この復帰登板ですが、非常に内容が良かったです!

セールの故障続の履歴

 34才のクリス・セールは、2019年から怪我の連続で、まず前腕部の痛みを発症し、2020年3月19日にトミージョン手術を実施。

 その後は肋骨、カムバッカーによる骨折、自転車から落下・・・・等散々な状況が続き、今季ようやく開幕から投げることが出来ました。

 ところが、今季はラフ・スタートで始まり、開幕5戦のERAは8.22。

 その後、4月30日から5月26日までの5ゲームでは、ERA 2.23と改善。ようやく調子が戻ってきたというときに、6月1日のレッズ戦でベロシティーがダウン。これはどこか異常があるということで検査したところ、詳細は明かされていませんが、左肩の炎症ということで、6月9日に60 Day ILに入っていました。左肩のストレス反応という診断。

マイナーで好結果

 7月に入りスローイング・セッションに入ったクリス・セールは、ブルペン・セッション、シム・ゲームなどを経て、8月1日にトリプルAでリハビリ登板を開始。トリプルAでは、1日と6日の2試合に登板日し、計6.1 IPでスコアレス、10 Kと良い内容を見せていました。

 そして11日にILから復帰。即登板となったのでした。

 なお、クリス・セールをILから復帰させるため、レッドソックスは、26才左腕のブランドン・ウォルターをトリプルAにオプションしています。

素晴らしい復帰戦!

 この日のクリス・セールは70mph後半のスライダーを多めに投じ、全盛期でもなくなったファストボールを速く見せるテクニカルな投球を見せました。まだまだボールは強く、MAXで96mphをマーク。何より、コマンドが良かったです。

 クリス・セールは5回2アウトまでタイガース打線を相手にパーフェクト投球を披露しました。

4.2 IP、勝利投手の権利目前での降板した理由は?

 クリス・セールは5回表の3人めのバッター、ケリー・カーペンターにソロHRを許し、さらにつづくハビアー・バイエスには死球。2者連続で出塁を許したところでマウンドを降りました。

 4.2 IP、被安打1、失点2、自責点2、BB 0、SO 7。なお、代わったカイル・バラクローがタイムリーを許したので、クリス・セールに2点目の自責点がつきました。

あと1人で勝利投手の権利発生というところでの降板。

 これには理由があり、レッドソックスは当初からセールを4イニングだけ登板させる予定でした。ところが、試合開始直後の4イニングをパーフェクトに抑えたセールは非常に効率的だったので、5イニング目も彼に登板させることに変更。最終的にはあと1人で勝利投手の権利発生での降板となりましたが、そもそもが予定よりも長く投げたということに。

 この試合の投球数は58球。次回は70球台まで伸ばせるだろうということです。

打線も援護

 打線も1回にタイガース先発のタリク・スクーバルから1回裏に吉田選手の内野ゴロの間に先取点を奪い、4回にはトレバー・ストーリーのシングルをきっかけに、パブロ・レイエスもシングルでつなぎ、トリストン・カサスの今季19号の3ランHRで3点を追加。

 6回裏にもコナー・ウォンのRF前シングルで5点を奪ったレッドソックスが5-2でタイガースに勝ちました。

MLB Gameday: Tigers 2, Red Sox 5 Final Score (08/11/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

レッドソックスの先発投手陣

 レッドソックスの先発投手陣は、11日時点でERA 4.61でMLB 20位。レッドソックスはセールが不在の間、定期的にブルペンでローテーションの穴を塞いできました。かつてのエースが復帰して、ブライアン・ベイヨー、カッター・クロフォード、ジェームス・パクストン、クリス・セールの4人に。ローテーションに復帰しているニック・ピベッタは今後もブルペンに移る可能性があります。ブルペンの方が良い成績なので。

 あと1週間ほどは上記4人+ピベッタで回せば、8月15日に近辺にタナー・ハウクとギャレット・ウィットロックが復帰します。もう少しの辛抱です。

今後の予定と戦略

 レッドソックスは先発がゲームメイクできない状況が多い中でここまで61勝55敗。ブルージェイズが連敗したゆえに、ワイルドカード3枠目へゲーム差3.0と迫っています。上には8連勝のマリナーズがいるわけですが。

 レッドソックスは7月は15勝8敗と猛ラッシュ。しかし、8月はトロントにスウィープされるなど、先発がゲームメイク出来ずに取りこぼしが続いていました。ここに来て、勝率.500を切るロイヤルズ(済)、タイガース、ナショナルズ相手のスケジュールとなっており、ここでどれだけ勝ち越せるかが勝負です。その後は上位との力勝負。これが今季の実力ということになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました