スポンサーリンク

【MLB移籍2019】メッツがOFのカルロス・ゴメスとマイナー契約へ。パドレスは右腕のアダム・ウォーレンを獲得

オープニング月の3月に突入!

早いものでもう3月に入りました。ついに開幕まで1ヶ月切っております。

マチャード、ハーパーのディールが確定したことと各クラブともにけが人が出たりしているので、これからはさすがにFA選手のディールに加速がつきそうです。

現地2019年3月1日に2つのディールが発表されております。

ベテラン外野手のカルロス・ゴメスと右腕のアダム・ウォーレンのディールのお話が出ております。

メッツがカルロス・ゴメスとマイナー契約へ

これはフィリーズのハーパー獲得の余波でしょうか!?


メッツがベテラン外野手のカルロス・ゴメス(Carlos Gómez)とマイナー契約を結びそうです。もうフィジカルチェックに入っているので、合意は間違いないところかと思います。

カルロス・ゴメスはもともとはメッツの選手

カルロス・ゴメスと言えばブルワーズの印象が強い選手です。ちょうど青木選手がいたころに在籍していたというのもあります。

しかし、もともとはメッツの選手で、2002年にアマチュア・フリーエージェントでメッツと契約していたのでした。まだ15才くらいの年齢の時です。

2008年にメッツがツインズからヨハン・サンタナを獲得したトレードで複数の選手とともにツインズへ移籍。

翌年の2009年11月にJ.J.ハーディーとのトレードでブルワーズへ移籍。J.J.ハーディーはその後オリオールズで2年連続でゴールドグラブ賞を獲得するSSとして活躍。

2015年7月のトレードデッドラインではアストロズへ移籍。アストロズでは1年後の2016年8月にリリースとなり、すぐにレンジャーズに在籍。

さらにオフにFAとなり、2016年12月に再びレンジャーズと契約。そしてオフにまたFAとなり、2018年3月にレイズと契約。移籍先を探している状態でした。

実績

カルロス・ゴメスは2019シーズンで33才になります。

オールスターに2度出場(2013、2014)。またゴールドグラブ賞も獲得した実績があります(2013)。

この頃がキャリアハイで、出場試合数もHR数もこの2年が一番多かったです。

2018: 9 HR, .208 BA, 32 RBI,Career: 142 HR, .253 BA, 536 RBI, CF, 2xAllStar, GG, Brewers/Twins/... 2007-2018, b:R/t:R, born in Dominican Republic. 1985

なんで音楽をつけるのだろうという動画ですが、2013年の活躍のダイジェストです。

メッツでのチャンス

メッツはご覧の通り外野手はかなり飽和状態。

  • OF: マイケル・コンフォート、ブランドン・ニモ、ヨエニス・セスペデス、フアン・ラガーレス、キーオン・ブロンクストン

この他にもラージャイ・デービス(CLE) 、グレガー・ブランコ(SFG) という有名選手もマイナー契約で獲得しています。

非常に厳しいポジション争いになりますが、なんとか上に上がって欲しいと思います。

もう1件のディールです。

パドレスがアダム・ウォーレンと1年で合意

マチャードを獲得して野手陣の充実ぶりがすごいパドレスが、ベテランのリリーバー右腕を獲得しました。

アダム・ウォーレン(Adam Warren)と1年200万ドルです。

2020年がクラブ・オプションで、パドレスが再契約したいとなった場合は250ドルで契約を更新となります。さらに50万ドルのバイアウトありです。

アダム・ウォーレンとは

アダム・ウォーレンは31才のリリーバー右腕で、2012年(24才のとき)にヤンキースでメジャーデビュー。

その後、カブス→ヤンキース→レイズへと移籍。

アウォードはありませんが、年間45試合は任せられる投手です。

MLB7年で298試合に登板、463.2イニングに登板し、26勝23敗、ERA 3.42。

ベンチにとっては非常にありがたい存在です。

パドレスではかなり頼りにされると思うので、怪我なくシーズンインしてもらえたらと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク