【サイ・ヤング争い2018】アーロン・ノラ、ついにM・シャーザーに投げ勝つ!

現地2018年8月23日、フィリーズ@ナショナルズ戦でアーロン・ノラとマックス・シャーザーが投げ合うというかなり夢のある顔合わせが実現しました。

ゲーム前の両投手の成績はご覧のとおり。ノラがキャリア4年めにして、シャーザーに迫る数字を出してきています。ちなみにシャーザーのサイ・ヤング賞受賞は3度です。

アーロン・ノラ ゲームの成績 マックス・シャーザー
14-3 Win-Lose 16-5
2.24 ERA 2.11
0.98 WHIP 0.89
160 Strike Outs 234
.189 OPP BA. .182

奪三振数はもはやシャーザーのペースには及びませんが、ノラは勝利数が上がればサイ・ヤングもあり得るところまで来ました。トレバー・バウアーよりも早く獲るかもしれませんね。

ゲームは両投手が好投して6回まで0-0のスコアレスという緊迫した状況。

均衡を破ったのはフィリーズ。7回表、1アウト後に四球で出塁したマイケル・フランコを1塁に置いて、オデュベル・ヘレーラが89mphのカットボールをRFスタンドに放り込み、2-0。

シャーザーはこの日、四球を4つ出したものの、失投らしい失投はこの1球のみ。被安打自体はたったの2だったのです。まさに一発に沈んだという悔しい内容となりました。奪三振は10。

一方のアーロン・ノラは8回まで投げきり、被安打5、奪三振9。与四球は1。102球になりましたので交代しましたが、完封ペースでした。

ゲームはこのまま2−0でフィリーズが勝利。アーロン・ノラが15勝目を上げました!

このカードはナ・リーグ東地区の2位、3位の戦いだったのですが、ナショナルズがダニエル・マーフィーをカブスにトレードした時点でナショナルズはもう白旗を上げたというメッセージを内外に示したも同然です。それを考えると負けたとは言え、シャーザーの力投がちょっと切ないものになってしまいます。

しかし、MLBは割り切り方が凄すぎますね。

M・コペック、過去ツイートを突っ込まれる

別件ですが、デビュー戦を無失点で飾ったマイケル・コペックが、現地2018年8月23日、SNSで叩かれておりますね。何の騒ぎか?といいますと、2013年、コペックが17才のときに発したツイートに人種差別、性差別的な内容があったというもの。

Nワードとは?日本語表現辞典。 読み方:エヌワード英語圏で、公の場で用いることがはばかられている、「N」で始まる単語を意味する語。具体的には、黒人に対する差別表現と見なされる「nigger」を指すことが多い。

Social media is an unforgiving space. And White Sox pitcher Michael Kopech is the latest athlete to find that out the hard way.

本人は謝罪と同時に不快な思いを与えるツイートを削除したと発表。これ以上大きな騒ぎにはならなさそうです。

スポンサーリンク