スポンサーリンク

【MLB 2022】”現場での絶大な支持!”フィリーズ、ロブ・トムソンと2年の契約延長にサイン!ついに正式監督に!

フィリーズもNLDS前に朗報を提供

 現地2022年10月10日、NLDSを翌日に控え、フィラデルフィア・フィリーズがいいニュースを出しました。

 現在、”Interim(インテリム=代理)”の監督として現場の指揮を執っているロブ・トムソンと2年の契約延長を発表。ロブ・トムソンの正式な監督就任が決まりました。

 なお、これは来季から2024年までのお話となるので、今季中の正式なタイトルはあくまで ”Interim”(代理監督)のままです。しかし、現場の選手たちは大いに喜んでいる模様。

 現地2022年10月10日の朝、アトランタ・ブレーブスがルーキーのスペンサー・ストライダーとの6年の契約延長を発表しましたが(記事)、フィリーズもこれに負けじといいニュースを出したということで、NLDS前に色々と現場のモチベーションを上げる情報戦の応酬となっております。

契約内容

 契約内容でわかっていることは期間だけです。

  • 2 年 (2023-24)

 いずれ金額も出るかもしれませんが、この新監督の性格からして出ないように思います。

自分よりも選手やシリーズを

 ロブ・トムソンは、自分のことを話すのが好きではないのだそうです。

 例えば、2022年8月16日に59歳の誕生日を迎えたとき、祝われるのはあまり好きではないと発言。さらに、ブライス・ハーパーが “I Ride with Philly Rob “のTシャツを着ていたとき、喜ぶのではなく首を横に振ったそうです。これはアメリカ人がよくやるような「何をやっているんだ」というような仕草です。

 こう書くと、結構偏屈な人なのか?と思えるのですが、そうではなくて、今の言葉で言えばとにかく「選手ファースト」

 言って見れば、謙遜、謙虚、そのようなことが言える人です。

 なぜ、そうなのか?と問われたとき、トムソンはこう言ったそうです。「私は選手とシリーズにスポットライトを当てたいのです」

 さすがに長年、NO.2的な立場にあった人だと思いました。どの業界でも影となり、主役を支えてきた人はこのような考えになることが多いと思います。

選手から絶大な人気

 ちょっととっつきにくいところもありそうなのですが、選手との接し方はそうではないようです。

 ロブ・トムソンはフィリーズの選手から絶大な支持を得ております。

 例えば、ザック・ウィーラーはロブ・トムソンのことを聞かれたとき、下記のように発言しています。

 「彼はそんなにロボットのようではないよ。(中略)誰もが、彼がキャリアを通じてフィールドで行ってきたことを尊敬しているよ。(中略)彼は特別な人なんだ。彼は私たちのことをとても気にかけてくれています。彼は毎日、僕らよりずっと早くから、その日のために準備をしているんだ。そんな風に背中を押してくれる人がいるなら、僕たちも彼の背中を押したい。彼はいい先生だし、クラブハウスを任せるにはいい人だ。みんな、彼のことが大好きなんだ」

 ニック・カステヤーノスは、「彼は、自分の発言や物事の進め方について、決して手のひらを返すようなことはしませんでした。彼は選手たちをよく理解し、何が彼らを動かすのか、誰が(お尻を)蹴る必要があるのか、誰が背中を叩く必要があるのか、よく理解していると思う。ただ、与えられたポジションに対して、とても、とても準備万端だ」。

 監督との関係が結構、ドライな中でここまで意思が通じている現場はなかなかないと思います。

 選手の声からわかることは、

  • 入念な準備=超仕事熱心
  • 長年の経験と選手への観察眼を通した人身把握術

 この2つがとても大きいようです。これはなかなか出来ることではありませんね。本物感が出ています。

ある意味、フィリーズはラッキー!

 ロブ・トムソンはヤンキース傘下で28年間(1990~2017年)過ごし、うち10シーズンは大リーグでベンチコーチや3Bコーチを歴任。2017シーズン後、ヤンキースの監督候補となり、インタビューを受けましたが、結果はアーロン・ブーンに。

 その時点でロブ・トムソンはメジャーの監督になるのをあきらめたと言います。

 しかし、2022シーズン、フィリーズはジョー・ジラルディの下、苦戦を強いられ、5月は10勝18敗、とくに5月15日以降が顕著で4勝12敗となり、現地2022年6月3日についにジラルディを解任しました。

 特に選手起用には内部からも外部からも大きな批判を浴びておりました。

 ただ、これはある意味、フィリーズにとってラッキーな出来事でもあります。ジラルディによる不振が泣けば、この逸材を監督に据える機会は訪れなかったのですから。

 トムソン就任後、フィリーズは8連勝(6/3-6/11)を達成。就任16戦で14勝です!フィリーズの6月は19勝8敗。9月は最後にバテましたが、この貯金がポストシーズンへと導きました。

ジラルディとの違い 

 ジョー・ジラルディはバリバリのオールドスクールで、しかも名門ヤンキース出というプライドもあったのか、とにかく若い選手たちに緊張感を与えるような操縦だったようです。今の時代には無理ですし、現役時代の栄光はジラルディだけの力ではありませんからね。余計なもののもまとっていたのかもしれません。

 それに対してトムソンは愛想がよく、親しみやすく、とにかく話を聞いてくれるボスのようですよ。

 デーブ・ドンブロウスキ社長は、いい仕事をしたと思います。フィリーズに期待です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました