スポンサーリンク

【MLB2017】フィリーズにいいのが出てきた!ニック・ピベッタがBOSを7回無失点に抑える!

久々にフィリーズのいい話題

現地2017年6月15日、フィリーズVSレッドソックスのインターリーグのゲームで、フィリーズ先発のニック・ピベッタ(Nick Pivetta )がレッドソックス打線を相手にナイスピッチングを披露。

7回を被安打4、無失点、奪三振9の快投で、フィリーズがレッドソックスを1−0で下しました!

ニック・ピベッタが好投

ニック・ピベッタは90マイル半ばのファストボールとチェンジアップ、スライダー、カーブの組み合わせでレッドソックス打線を翻弄。

何と言ってもファストボールが107球中、75球ですから、小気味よかったです。

ニック・ピベッタとは

ニック・ピベッタですが、今シーズンは24才のシーズンで、ドラフトは2013年にナショナルズから4巡目で指名を受け、プロ入りしています。

2015年7月のトレードでナショナルズがフィリーズからジョナサン・パペルボンを獲得したトレードでフィリーズに移籍しています。

メジャーデビューは2017年の4月30日。

ここまで、このゲームを含めて7度先発。6月5日にブレーブス戦で初勝利を上げていました。

このゲームはピベッタがマウンドを降りてから、8回にフィリーズがようやく得点をしたので、勝利はつかず。しかし、これは自信になったでしょうね!

フィリーズは今季もチーム立て直し中で苦しい立場ですが、いい選手が出たのは喜ばしいです。

クリス・セールも10K

レッドソックス先発はクリス・セール。このゲーム、開始前はレッドソックスの一方的な展開かと思っていました。強力打線にプラスしてクリス・セールが相手でしたから。

クリス・セールもさすがの投球で、8回を投げきり、奪三振が10です。今年はほんとうに勝ち星につながりませんが、ERAは依然2.82と2点台をキープしております。

Game Score Phi 1, BOS 0

レッドソックスはア・リーグ東地区2位。ヤンキースと競り合っています。ゲーム差は2。

この日は敗れましたが、ここに来て調子が上がってきているので、このままヤンキースに食らいついてもらいたいですね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク