スポンサーリンク

【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF

束の間のリフレッシュ

 現地2021年7月23日、ターゲット・フィールドで行われているツインズ戦で、大谷選手がスタートから外れました。

 ここのところ、元気がなかった大谷選手にマッドン監督はつかの間のリフレッシュを与えたようです。

対レフティーを理由として

 この日、ツインズの先発は左腕のJ.A.ハップ。

 大谷選手は左投手も苦にしませんが、対右投手が、243打席で、打率.273、OBP .374、SLG .675、23HR、53 RBIなのに対し、対左投手が127打席で打率.267、OBP .323、SLG .663、11HR 21 RBI と若干ではありますが、左投手の成績が若干成績が落ちます。成績は現地2021年7月22日までの集計。

 これはマッドン監督なりに、休ませる理由をつくったというところでもあります。

ウォルシュも外れる

 なお、この日はジャレッド・ウォルシュもスタートから外れました。ウォルシュの場合は右左でその差は歴然で、今季は現地2021年7月22日時点で、対右投手が255打席で、打率.328、OBP .392、SLG .620、15 HR、44 RBIなのに対し、対左投手は126打席で、打率.164、OBP .190、SLG .361、7HR,22RBI。

 ウォルシュはこの日、代打から2打席立ちましたが、ヒットは生まれませんでした。

HRダービーと疲れ

 大谷選手は、HRダービー参加前に、ダービー後に成績が落ちるのはNPBで経験済みでなんとかなるということを言っていましたが、やはりメジャーのそれは違ったようです。

後半戦は苦戦

 後半戦、大谷選手は6試合、24打数4安打、打率.167、OBP .259、SLG .333、1HR、4RBI 。22日のツインズとのGame1でも4-0。

 マッドン監督はダービー参加による打撃のアプローチの微妙な違いを感じ取っており、あきらかにその影響としつつも、やはり疲れも考慮しており、この日は上記のような理由をつけて休ませました。

大谷の休みはここまでたったの3試合

 エンゼルスは現地2021年7月23日のツインズ戦で今季96試合目。大谷選手は打者としてどれだけ出ているかというと、90試合。

投手ONLYの日

 また、投手ONLYで出たゲームは3試合あります。

  • 4/20 vsTEX
  • 5/5 vs TBR
  • 5/28 @ OAK

 よって、96試合中93試合に出場。

大谷選手が欠場したゲーム

 そして大谷選手が欠場したゲームはたったの3試合。そのうち1試合は5月20日のツインズ戦のダブルヘッダーのGame1で、Game2はDHでゲームに出ています。

  • 5月20日、ツインズ戦のダブルヘッダーのGame1
  • 6月1日、@ジャイアンツ戦
  • 7月23日、@ツインズ戦

 ダブルヘッダー以外のゲームでフルに休んだのはこの日で2回目なのです。

 さすがに疲れますね。

二刀流の試練

 ポジション・プレーヤーで162試合に出続けるのはごくわずか。しかもフルイニングで出るようなことはほぼありません。

 大谷選手の場合、投手をやりつつ、翌日のゲームにも出てというのをここまで継続してきました。降板後にRFの守備にもついていますからね。疲れが出ないわけがないのです。

 五輪で日本の目はややそらされますので、このスキに少しでも体を休めて、1年間怪我なく二刀流を貫いてもらいたい次第です。

エンゼルス、やはりリリーバーで崩れる

 なお、現地2021年7月23日のツインズ戦ですが、エンゼルスは、大谷、ウォルシュがいない中、序盤3回で4-1とリードしていたものの、後半、スティーブ・シーシェック、ライセル・イグレシアスが点を奪われ、逆転。4-5で敗れました。

 ミネイジアンGMのトレードデッドラインのプランが見ものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました