8HR & 1.128 OPSと9月に大暴れしているエンゼルスのジャレッド・ウォルシュは二刀流

良いなと思ったらシェアお願いします

エンゼルスのセプテンバー・サプライズ

 マイク・トラウトのHRタイトルは、ルーク・ボイトの独走(21号)により、厳しい位置づけ(16号)となりましたが、それでもエンゼルスは話題に欠くことはなく、アルベルト・プホルズが661号を放ち、660号のウィリー・メイズを抜き、歴代5位にランクアップ。600号を放ったのは3シーズン前のことでした。

キャリア通算600HRはグランドスラム こんにちは。 1日遅れで、もう散々テレビでも流れているシーンですが、アーカイブのために...

 超有名選手の活躍もさることながら、シーズンファイナルウィークに入り、俄然注目されているのが、ジャレッド・ウォルシュ(Jared Walsh)です。

TEX戦でグランドスラム

 現地2020年9月21日のレンジャーズ戦では、エンゼルスが1−3と2点ビハインドとなっていた4回裏、レンジャーズ先発のカイル・ギブソンからグランドスラムを放ち、ゲームの流れを一気に引き寄せる活躍を見せました。

9月は8HR & 1.128 OPS

 ジャレッド・ウォルシュは今季開幕からメジャーに上がっていましたが、7月に5試合、8月にも5試合に出場するも、いずれもヒットレス(13-0)。もしもトレードデッドラインでメジャークラスの野手を獲得していたなら、おそらくDFAでロスターを空けなければならない候補の一人だったでしょう。

 ところが、9月2日のパドレス戦を皮切りに覚醒。現地2020年9月21日時点で、9月は17試合に出場、そのうち16試合で先発。64打数24安打で、打率.375、OBP .394、SLG .844、OPS 1.128。HR 8、二塁打 4、三塁打 1で、RBIは23。一躍、9月のプレーヤー・オブ・ザ・マンスの候補の一人になりそうな勢いです。

 また、打撃フォームも足を高く上げるタイミングのとり方が非常にかっこいいです。

 そのジャレッド・ウォルシュですが、メジャー2年目なのですが、ちょっと独特なキャリアなので、記載しておきたいと思います。

ジャレッド・ウォルシュとは

 ジャレッド・ウォルシュは1993年7月30日生まれの27才。左投げ左打ち。ウィスコンシン州のブルック・フィールドというところの出身。ミルウォーキーもウィスコンシン州にありますが、ブロック・フィールドはミシガン湖に面した位置にあるミルウォーキーよりも西(内陸)にあります。

ドラフト39巡目!!

 ジョージア大学の出身で、2015年にアマチュア・ドラフトでエンゼルスから指名を受けたのですが、そのラウンドが39巡目!全体順位が1,185位でのプロ入りなのでした。この遅い指名には驚きです。ちなみに遅い指名でHOFにまでたどり着いた元メッツのマイク・ピアッツァは62巡目でした。

二刀流の選手!

 実はジャレッド・ウォルシュは1B/OFと投手の二刀流です。カレッジ時代から二刀流で、カレッジでの投手としての登板はすべて先発で、通算8勝7敗。

 プロ入り後の2015年から2019年までも、マイナーのすべてのレベルで二刀流を貫いてきました。

 打者としてはマイナー5シーズンのすべてのレベルをあわせて、打率.301、OBP .375、SLG .538、HR 85、RBI 311。

 投手の機会はさすがに少ないものの、それでもマイナー3シーズンでリリーバーとして21試合に登板。21.2イニングで2勝2敗、ERA3.74。

 クラスA、クラスA+、ダブルAでは計7イニングだったものの、直近の2018年と2019年に所属したトリプルAでは17試合、14.2イニングで1勝0敗、ERA 3.68、2SVという実績があります。

メジャーデビュー後も二刀流

 そして2019年5月19日にメジャーデビューを果たしているのですが、デビュー後も二刀流を経験。2019年は投手として5試合、5.0イニングに登板して、0勝0敗、ERA1.80。

 2020シーズンは打者としての出場のみですが、9月に入り、何かをつかんだようですね。

 非常に独特なキャリアを持つ、ジャレッド・ウォルシュ。今季は残りあとわずかですが、ぜひともファンを楽しませてもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!