スポンサーリンク

【MLB2021FA】マイケル・フランコのディールがついに決定!オリオールズと1年メジャー契約へ

MLB移籍/FA情報

オリオールズ、内野に刺激を与える!

 現地2021年3月15日、今FAマーケットの内野のポジション・プレーヤーでバット、フィールディングともにプロダクティブな成果をもたらす存在なのに、なぜか残っていたマイケル・フランコ( Maikel Franco)のディールが決定。オリオールズとメジャー契約となりました。

 まだ正式契約ではありませんが、ディールは合意に至った模様です。

契約内容

 オリオールズとマイケル・フランコはメジャー契約で合意。ただ、詳細は明らかになっていませんのでわかり次第追記させていただきます。

追記:

 現地2021年3月16日、マイケル・フランコとオリオールズのディールがオフィシャルとなりました。契約内容は以下の通りです。

  • 1 year/$0.8M (2021)
    • パフォーマンス・ボーナス:400PAで $0.2M
    • トレード時: $0.25M

 メジャー契約だったので、てっきり$2M保証くらいになったのかと思っていたのですが、前年を軽く割ってしまったという渋い契約になりましたね。パフォーマンス・ボーナスを加えて$1Mという内容。これは今季頑張っておきたいところですね。

2020年の契約

 ちなみに、2020年にロイヤルズとサインした内容は1年/$2.95Mに加えてPA数(Plate Appearance:打席数)に伴うパフォーマンス・ボーナスがありました。

マイケル・フランコとは

 マイケル・フランコは1992年9月2日生まれの28才。3Bで右投げ右打ち。ドミニカ共和国出身で2010年1月にフィリーズとアマチュアFAとしてサイン。17才でした。

フィリーズの3B

 2014年にメジャー・デビュー。この時、フィリーズの内野にはチェイス・アトリー、ジミー・ロリンズの黄金の二遊間ほか、1Bにはライアン・ハワードがおりました。3Bは主に、当時24才のコディー・アッシー(Cody Asche)。コディー・アッシーは2019年12月にツインズとマイナー契約というのが今のところの最後の契約です。

 デビュー時はほんとうにすごい選手だったのです。それは下記の記事にも記載させていただいていますが、2015年6月には27試合、打率 .352、OBP .391、SLG .648、8 HR、 24 RBIでNL ROM(ルーキー・オブ・ザ・マンス)を受賞するほど。

 そしてレギュラーとして定着したのは2016シーズンから。以降、2019年までフィリーズの3Bとして出場。デビューイヤーを含めたフィリーズでの6シーズンで656試合出場。打率.249、OBP .302、SLG .431、HR 102、二塁打110、RBI343、OPS+は93。

フィリーズからノンテンダーFA

 2019年12月、フィリーズからノンテンダーFAとなってしまいました。やはりあまりにインパクトのあったデビューに比べ、その後の伸びは今ひとつ物足りないものがありました。見込める打率は.250でHRは20。これでも十分にすごい数字なのですが、ちょうどフィリーズがリビルドに入ったことと、プロスペクトのスコット・キンガリーを含めた他のポジションとのバランスでノンテンダーということに。

2020年、ロイヤルズでは全試合出場

 2020シーズンにロイヤルズとサインしたマイケル・フランコ。このシーズンは60試合、全試合出場。打率.278、OBP .321、SLG .457、HR 8、二塁打 16、OPS+109と大いに活躍しました。

ロイヤルズからもノンテンダーFA

 しかし、2020年12月、ロイヤルズからもノンテンダーFAに。

 オーナーが代わり、かなり温情の厚くなったロイヤルズでしたが、2021シーズンにボビー・ウィット・ジュニアのデビューが控えていたなどやはりここでもプロスペクトの台頭に押される形でノンテンダーFAに。

リオ・ルイーズ、ヨルマー・サンチェスとの争い

 今回、オリオールズに移籍することになったマイケル・フランコですが、オリオールズにはエブリデー3Bのリオ・ルイーズ(Rio Ruiz )がおります。27才のリオ・ルイーズは過去2シーズン、617PAで打率.229、OBP .299、SLG .393、HR 21、二塁打24、RBI 78でOPS+が85。

 数字はマイケル・フランコが上回っていますが、まず最初に彼との争いとなる見込みです。

 また、SSはフレディー・ガルビス、1Bはトレイ・マンシーニ、あるいはクリス・デービスがおり、2Bスポットにはヨルマー・サンチェスがおります。ヨルマー・サンチェスも場合によっては3Bも守りますから彼との争いも見ものです。

 ただ、現実的にオリオールズは競わせることを優先した場合、リオ・ルイーズとマイケル・フランコでシェアしていく形になるのではないかと見られます。マイケル・フランコは右打席、リオ・ルイーズは左打席です。

 マイケル・フランコはオリオールズの内野に大きな刺激をもたらしそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
【MLB2021】ジャレン・デュランがメジャー初HR!
【MLB契約延長】ランス・リンがホワイトソックスとラグジュアリー・エクステンション
【MLB2021】大谷選手がローボールを34号!ブランドン・マーシュがデビューするもエンゼルスはシリーズを負け越し
【MLB Injury2021】ジェイコブ・デグロム、前腕部ハリで離脱!NLイーストに影響も
【MLB 2021】パドレス@ナショナルズ戦が球場外の銃声で大騒動となりサスペンデッドに
【MLB2021】ジェイク・クロネンワースがサイクル安打を達成!パドレスは24得点
タイトルとURLをコピーしました