スポンサーリンク

【MLB2021FA】マイケル・フランコのディールがついに決定!オリオールズと1年メジャー契約へ

オリオールズ、内野に刺激を与える!

 現地2021年3月15日、今FAマーケットの内野のポジション・プレーヤーでバット、フィールディングともにプロダクティブな成果をもたらす存在なのに、なぜか残っていたマイケル・フランコ( Maikel Franco)のディールが決定。オリオールズとメジャー契約となりました。

 まだ正式契約ではありませんが、ディールは合意に至った模様です。

契約内容

 オリオールズとマイケル・フランコはメジャー契約で合意。ただ、詳細は明らかになっていませんのでわかり次第追記させていただきます。

追記:

 現地2021年3月16日、マイケル・フランコとオリオールズのディールがオフィシャルとなりました。契約内容は以下の通りです。

  • 1 year/$0.8M (2021)
    • パフォーマンス・ボーナス:400PAで $0.2M
    • トレード時: $0.25M

 メジャー契約だったので、てっきり$2M保証くらいになったのかと思っていたのですが、前年を軽く割ってしまったという渋い契約になりましたね。パフォーマンス・ボーナスを加えて$1Mという内容。これは今季頑張っておきたいところですね。

2020年の契約

 ちなみに、2020年にロイヤルズとサインした内容は1年/$2.95Mに加えてPA数(Plate Appearance:打席数)に伴うパフォーマンス・ボーナスがありました。

マイケル・フランコとは

 マイケル・フランコは1992年9月2日生まれの28才。3Bで右投げ右打ち。ドミニカ共和国出身で2010年1月にフィリーズとアマチュアFAとしてサイン。17才でした。

フィリーズの3B

 2014年にメジャー・デビュー。この時、フィリーズの内野にはチェイス・アトリー、ジミー・ロリンズの黄金の二遊間ほか、1Bにはライアン・ハワードがおりました。3Bは主に、当時24才のコディー・アッシー(Cody Asche)。コディー・アッシーは2019年12月にツインズとマイナー契約というのが今のところの最後の契約です。

 デビュー時はほんとうにすごい選手だったのです。それは下記の記事にも記載させていただいていますが、2015年6月には27試合、打率 .352、OBP .391、SLG .648、8 HR、 24 RBIでNL ROM(ルーキー・オブ・ザ・マンス)を受賞するほど。

 そしてレギュラーとして定着したのは2016シーズンから。以降、2019年までフィリーズの3Bとして出場。デビューイヤーを含めたフィリーズでの6シーズンで656試合出場。打率.249、OBP .302、SLG .431、HR 102、二塁打110、RBI343、OPS+は93。

フィリーズからノンテンダーFA

 2019年12月、フィリーズからノンテンダーFAとなってしまいました。やはりあまりにインパクトのあったデビューに比べ、その後の伸びは今ひとつ物足りないものがありました。見込める打率は.250でHRは20。これでも十分にすごい数字なのですが、ちょうどフィリーズがリビルドに入ったことと、プロスペクトのスコット・キンガリーを含めた他のポジションとのバランスでノンテンダーということに。

2020年、ロイヤルズでは全試合出場

 2020シーズンにロイヤルズとサインしたマイケル・フランコ。このシーズンは60試合、全試合出場。打率.278、OBP .321、SLG .457、HR 8、二塁打 16、OPS+109と大いに活躍しました。

ロイヤルズからもノンテンダーFA

 しかし、2020年12月、ロイヤルズからもノンテンダーFAに。

 オーナーが代わり、かなり温情の厚くなったロイヤルズでしたが、2021シーズンにボビー・ウィット・ジュニアのデビューが控えていたなどやはりここでもプロスペクトの台頭に押される形でノンテンダーFAに。

リオ・ルイーズ、ヨルマー・サンチェスとの争い

 今回、オリオールズに移籍することになったマイケル・フランコですが、オリオールズにはエブリデー3Bのリオ・ルイーズ(Rio Ruiz )がおります。27才のリオ・ルイーズは過去2シーズン、617PAで打率.229、OBP .299、SLG .393、HR 21、二塁打24、RBI 78でOPS+が85。

 数字はマイケル・フランコが上回っていますが、まず最初に彼との争いとなる見込みです。

 また、SSはフレディー・ガルビス、1Bはトレイ・マンシーニ、あるいはクリス・デービスがおり、2Bスポットにはヨルマー・サンチェスがおります。ヨルマー・サンチェスも場合によっては3Bも守りますから彼との争いも見ものです。

 ただ、現実的にオリオールズは競わせることを優先した場合、リオ・ルイーズとマイケル・フランコでシェアしていく形になるのではないかと見られます。マイケル・フランコは右打席、リオ・ルイーズは左打席です。

 マイケル・フランコはオリオールズの内野に大きな刺激をもたらしそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました