スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手&イグレシアスが躍動も、ダルベックの逆転HRでレッドソックスが勝利

大谷選手、久々のフェンウェイ

 現地2021年5月14日(金)からエンゼルス@レッドソックスの3ゲームシリーズが始まりました。エンゼルスはこのシリーズだけの東海岸の遠征です。この後はアナハイムに帰り、インディアンス、ツインズ、アスレチックス、レンジャーズと対戦します。

 原則、近郊のチームとの対戦が組まれることの多いMLB。よって、大谷選手もフェンウェイは久しぶりの登場です。

2019シーズン以来

 大谷選手はレッドソックスとはデビューイヤーの2018年にアナハイムで1度だけ対戦があります。2020シーズンはCOVID-19の影響により短縮シーズンになったのと、移動による感染のリスクを抑えるためそもそも東海岸のクラブとの対戦はありませんでした。

 2019年に一度だけフェンウェイに登場したことがあります。8月8日から11日までの4ゲームシリーズで打者として出場。17打数6安打、二塁打2本、RBI 4、打率.353とよく打ちました。

 なお、2019シーズンはもう一度レッドソックスとの対戦がありましたが、この時はアナハイムでの対戦で、9-0、1BB、5SOと奮いませんでした。

ニック・ピベッタがまた好投

 さて、ゲームですが、レッドソックスがニック・ピベッタが先発。今季ここまで5勝0敗、ERA 3.16と好調。エンゼルスは、グリフィン・カニングが先発。今季は3勝2敗とローテーションとして機能しています。大谷選手は2番DH、そしてエンゼルスはアンソニー・レンドンが5月3日のレイズ戦以来のスタメン復帰となっています。

レンフローが先制2ランHR

 ともにランナーを背負う立ち上がりとなりましたが、初回を無失点に抑えた両投手。先制点はレッドソックスでした。

 2回表、先頭のラファエル・デバースがチェンジアップを叩き、LF前シングルで出塁。その後、クリスチャン・バスケス、マーウィン・ゴンザレスが倒れて2アウトになったものの、ハンター・レンフローが94.1mphの4シームを叩き、これがフェンウェイの深いCFのスタンドに届き、先制2ランHR。

 ハンター・レンフローはここのところ、守備で活躍。いいスローを見せてくれていましたが、このゲームではいい打撃を見せてくれました。

両投手、ナイスゲームメイク

 この後、ゲーム前半は両投手が良い投球を見せ、レッドソックスが2−0と前半を支配。逆にレッドソックスは先制点の後、中押しできなかったのが悪い流れとなります。

大谷選手がフェンウェイ初HR

 中盤6回表、2アウトを簡単に奪ったニック・ピベッタですが、大谷選手を打席に迎えます。第1打席でナックル・カーブが浮いたところをうまくLF線にはじき返され、2塁打を打たれていましたが、第2打席ではそのナックル・カーブを低めに落とし、三振に。

 その3度めの対戦で興味深いところでしたが、勝負球のナックル・カーブは決して悪い高さではなかったものの、第2打席ほど低めに決まらず、これを大谷選手にうまくすくわれ、打球はグリーン・モンスターを超えるソロHRに。大谷選手の第11号HRで、エンゼルスが1-2と追い上げを開始。

大谷選手、ALHRランクトップタイに

 11号HRとなった大谷選手は、現地2021年5月14日終了時点で、マリナーズのミッチ・ハニガー、インディアンスのホセ・ラミレスと並んでAL HRランキングトップ・タイに。なお、両リーグ通じてのトップはブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jrで12号です。

ホセ・イグレシアスが逆転の二塁打

 7回表もマウンドに立ったニック・ピベッタですが、先頭のアンソニー・レンドンにシングルを打たれたところで降板。レッドソックスは2番手にマット・アンドリーズをマウンドに送りました。しかし、代わりばな、ジャレット・ウォルシュにもシングルを打たれ、ノーアウトでランナーは1,2塁に。

 1アウト後、打席には元レッドソックスのSSのホセ・イグレシアス。当時より打撃力が向上しての登場です。そのホセ・イグレシアスは、アウト・ハイ気味の4シームに素直にバットを出し、これが1塁線を破る二塁打に。処理の難しいライン際に転がったことで、アンソニー・レンドンとジャレット・ウォルシュが還り、エンゼルスが3-2と逆転に成功。

 レッドソックスにとっては嫌な流れとなりました。なお、ニック・ピベッタは6回、被安打4、失点2、与四球 0、奪三振7、被本塁打1。ピベッタが出したレンドンがホームインしたので、彼に自責点がついています。

ボビー・ダルベック、逆転の4号HR

 終盤、すぐに追いつかないとシリーズの初戦ゆえ、Game2、3にも影響が出るところ。なんとかしたかったレッドソックス。ここで苦戦していたグリフィン・カニングが降板。エンゼルスは左腕のトニー・ワトソンをマウンドに。エンゼルスがライセル・イグレシアスを出す前までの鬼門ですね。

 そのトニー・ワトソンは先頭のマーウィン・ゴンザレスを三振に仕留め、よいゲームインを見せます。しかし、ここから続く右打者に捕まりました。

 まず、この日HRを打っているハンター・レンフローにCFのクリーンヒットを打たれます。そして迎えるはここにきてようやくHR数が伸びてきたボビー・ダルベック。ダルベックは2ストライクと追い込まれますが、4球目、インローに食い込んできたチェンジアップにうまく対応。これが左中間スタンドのグリーン・モンスターを超える一発に。レッドソックスが悪い流れをダルベックの一振りで振り払いました。4-3と逆転に成功。

 その後はアダム・オッタビーノ、マット・バーンズが締め、レッドソックスが4-3のスコアで初戦をものにしました。

 東海岸はヤジがキツいみたいなので、大谷選手は軽く流してもらいたいところです。

 試合自体は、ナイスゲームでしたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました