スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手&イグレシアスが躍動も、ダルベックの逆転HRでレッドソックスが勝利

大谷選手、久々のフェンウェイ

 現地2021年5月14日(金)からエンゼルス@レッドソックスの3ゲームシリーズが始まりました。エンゼルスはこのシリーズだけの東海岸の遠征です。この後はアナハイムに帰り、インディアンス、ツインズ、アスレチックス、レンジャーズと対戦します。

 原則、近郊のチームとの対戦が組まれることの多いMLB。よって、大谷選手もフェンウェイは久しぶりの登場です。

2019シーズン以来

 大谷選手はレッドソックスとはデビューイヤーの2018年にアナハイムで1度だけ対戦があります。2020シーズンはCOVID-19の影響により短縮シーズンになったのと、移動による感染のリスクを抑えるためそもそも東海岸のクラブとの対戦はありませんでした。

 2019年に一度だけフェンウェイに登場したことがあります。8月8日から11日までの4ゲームシリーズで打者として出場。17打数6安打、二塁打2本、RBI 4、打率.353とよく打ちました。

 なお、2019シーズンはもう一度レッドソックスとの対戦がありましたが、この時はアナハイムでの対戦で、9-0、1BB、5SOと奮いませんでした。

ニック・ピベッタがまた好投

 さて、ゲームですが、レッドソックスがニック・ピベッタが先発。今季ここまで5勝0敗、ERA 3.16と好調。エンゼルスは、グリフィン・カニングが先発。今季は3勝2敗とローテーションとして機能しています。大谷選手は2番DH、そしてエンゼルスはアンソニー・レンドンが5月3日のレイズ戦以来のスタメン復帰となっています。

レンフローが先制2ランHR

 ともにランナーを背負う立ち上がりとなりましたが、初回を無失点に抑えた両投手。先制点はレッドソックスでした。

 2回表、先頭のラファエル・デバースがチェンジアップを叩き、LF前シングルで出塁。その後、クリスチャン・バスケス、マーウィン・ゴンザレスが倒れて2アウトになったものの、ハンター・レンフローが94.1mphの4シームを叩き、これがフェンウェイの深いCFのスタンドに届き、先制2ランHR。

 ハンター・レンフローはここのところ、守備で活躍。いいスローを見せてくれていましたが、このゲームではいい打撃を見せてくれました。

両投手、ナイスゲームメイク

 この後、ゲーム前半は両投手が良い投球を見せ、レッドソックスが2−0と前半を支配。逆にレッドソックスは先制点の後、中押しできなかったのが悪い流れとなります。

大谷選手がフェンウェイ初HR

 中盤6回表、2アウトを簡単に奪ったニック・ピベッタですが、大谷選手を打席に迎えます。第1打席でナックル・カーブが浮いたところをうまくLF線にはじき返され、2塁打を打たれていましたが、第2打席ではそのナックル・カーブを低めに落とし、三振に。

 その3度めの対戦で興味深いところでしたが、勝負球のナックル・カーブは決して悪い高さではなかったものの、第2打席ほど低めに決まらず、これを大谷選手にうまくすくわれ、打球はグリーン・モンスターを超えるソロHRに。大谷選手の第11号HRで、エンゼルスが1-2と追い上げを開始。

大谷選手、ALHRランクトップタイに

 11号HRとなった大谷選手は、現地2021年5月14日終了時点で、マリナーズのミッチ・ハニガー、インディアンスのホセ・ラミレスと並んでAL HRランキングトップ・タイに。なお、両リーグ通じてのトップはブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jrで12号です。

ホセ・イグレシアスが逆転の二塁打

 7回表もマウンドに立ったニック・ピベッタですが、先頭のアンソニー・レンドンにシングルを打たれたところで降板。レッドソックスは2番手にマット・アンドリーズをマウンドに送りました。しかし、代わりばな、ジャレット・ウォルシュにもシングルを打たれ、ノーアウトでランナーは1,2塁に。

 1アウト後、打席には元レッドソックスのSSのホセ・イグレシアス。当時より打撃力が向上しての登場です。そのホセ・イグレシアスは、アウト・ハイ気味の4シームに素直にバットを出し、これが1塁線を破る二塁打に。処理の難しいライン際に転がったことで、アンソニー・レンドンとジャレット・ウォルシュが還り、エンゼルスが3-2と逆転に成功。

 レッドソックスにとっては嫌な流れとなりました。なお、ニック・ピベッタは6回、被安打4、失点2、与四球 0、奪三振7、被本塁打1。ピベッタが出したレンドンがホームインしたので、彼に自責点がついています。

ボビー・ダルベック、逆転の4号HR

 終盤、すぐに追いつかないとシリーズの初戦ゆえ、Game2、3にも影響が出るところ。なんとかしたかったレッドソックス。ここで苦戦していたグリフィン・カニングが降板。エンゼルスは左腕のトニー・ワトソンをマウンドに。エンゼルスがライセル・イグレシアスを出す前までの鬼門ですね。

 そのトニー・ワトソンは先頭のマーウィン・ゴンザレスを三振に仕留め、よいゲームインを見せます。しかし、ここから続く右打者に捕まりました。

 まず、この日HRを打っているハンター・レンフローにCFのクリーンヒットを打たれます。そして迎えるはここにきてようやくHR数が伸びてきたボビー・ダルベック。ダルベックは2ストライクと追い込まれますが、4球目、インローに食い込んできたチェンジアップにうまく対応。これが左中間スタンドのグリーン・モンスターを超える一発に。レッドソックスが悪い流れをダルベックの一振りで振り払いました。4-3と逆転に成功。

 その後はアダム・オッタビーノ、マット・バーンズが締め、レッドソックスが4-3のスコアで初戦をものにしました。

 東海岸はヤジがキツいみたいなので、大谷選手は軽く流してもらいたいところです。

 試合自体は、ナイスゲームでしたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました