スポンサーリンク

【 2021】Game2はカーショウ&ダルビッシュ投手の投手戦!

MLBニュース

最後はムーキーの好プレーで幕

 現地2021年4月17日(土)のドジャース@パドレスのGame2もすごかったですね。またしてもポストシーズンの様相を呈した戦い。

 しかもGame2は非常にレベルの高い投手戦が繰り広げられ、両者のせめぎ合いに心躍る名勝負でした。

ダルビッシュ投手、被安打1!

 ダルビッシュ投手はすごかったですね。3回までに5奪三振。5回2アウトまでノーヒット。

 唯一与えたシングルがこのイニングのルーク・ラリーのシングルのみ。

唯一の失点がカーショウへの四球で押出のみ

 このイニングは、ややコントロールが乱れました。2アウトからザック・マッキンストリーに死球、ルーク・ラリーにシングル、オースティン・バーンズに四球で2アウト満塁で、打席はクレイトン・カーショウという場面に。

 打撃のいいカーショウですが、2ボール先行のあと、ゾーンに来たボールを弾き返し、4旧もファウルで粘る本気具合。そして7球目、8球目が外れ、これで押し出し四球となったというすごいシーンでした。

 この後がさすがだったのですが、1番のムーキーに回ったところをRFフライに打ち取り、最小失点で切り抜けました。普通ならここで2次災害を招くところです。

 ダルビッシュ投手は、この後、6回、7回にもそれぞれ2奪三振を奪い、7回、98球を当時、被安打1、失点1、与四球2、与死球1、奪三振9という素晴らしい成績でした。

カーショウも被安打2の好投

 そしてドジャース先発のクレイトン・カーショウもすごかったですね。6回を投げて被安打2。特に得点を奪った5回裏のマウンドでは、ここぞとばかりに三者凡退に仕留めたところはさすがでした。

 クレイトン・カーショウは6イニングを98球、被安打2、無失点、与四球2、奪三振8と圧巻の投球でした。

ジャスティン・ターナーがHR

 ダルビッシュ投手が7回で降板した後、パドレスは8回にピアース・ジョンソンを起用。ジョンソンは、1イニングを無失点に。

 その後、マウンドを継いだのはエミリオ・パガン。非常に良い投手なのですが、失点が続いています。この日は、先頭打者のジャスティン・ターナーに2ストライク後の4シームを叩かれ、これがソロHRに。ドジャースが2−0とリードを拡げる展開に。

ムーキーがスーパーセーブ

 カーショウ降板後、ジミー・ネルソン、ブレイク・トライネンとつないだドジャース。ブレイク・トライネンは9回をイニングまたぎしましたが、1アウトを取り、ウィル・マイヤーズにシングルを打たれたところでスイッチ。ドジャースは最後に誰を持ってくるかと思いましたが、ビクター・ゴンザレスでした。

 ビクター・ゴンザレスは、先頭のジュリクソン・プロファーに四球。これで雲行きが怪しくなりましたが、続くジェイク・クロネンワースを内野ゴロに仕留めたものの、ウィル・マイヤーズは3塁へ進塁。ホームランで同点、1点は覚悟という場面に遭遇します。

 迎えるバッターはトミー・ファム。ファムの放った当たりは、右中間のヒット性の当たりで、これでパドレスがまたドラマチックな裏の攻撃でゲームが続くと思われましたが、この日CFに入っていたムーキーがギリギリのところでダイビング。キャッチを披露。このスーパーセーブにより、ドジャースが2−0で勝利しました。

 それにしてもGame2はしびれる展開でしたね。 

 本当にすごい試合をし続ける両チーム。まだ4月です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました