スポンサーリンク

【NLDS 2018 Gm3】R・アクーニャとF・フリーマンがブレーブスを救う

【NLDS 2018 Gm3】

久々にトマホーク・チョップの全力コールを聞いた気がします。現地2018年10月7日のドジャース@ブレーブス戦は、ブレーブスが一矢報いました!

連敗中のブレーブス・ナインをスタンドが大声援で後押ししました。

ロナルド・アクーニャがグランドスラム

先発はドジャースがウォーカー・ビューラー、ブレーブスがショーン・ニューカム。データではショーン・ニューカムはドジャースとの相性はとてもいいです。

先制したのはブレーブス。2回裏、2アウト1、2塁で8番のC・カルバーソンを迎えたところでドジャース・バッテリーは敬遠を選択。満塁になるとは言え、序盤ゆえピッチャーに代打はないということで、9番のショーン・ニューカムとの勝負を選びます。

ところがこれがW・ビューラーのルーキーたる所以でしょうか。

W・ビューラーはなんとピッチャーのS・ニューカムにストレートのフォアボールを出し、押し出しでまず1点。さらに満塁が続き、次打者はもっとも信頼のおけるR・アクーニャ・Jr。ブレーブスにとって願ったり叶ったりの状況になります。

ここでブレーブスにとってもう1つラッキーな出来事が発生。

W・ビューラーはアクーニャにもストライクが入らず、3ボールナッシングに。4球目の4シームをアクーニャは見逃しますが、これがストライク・コールに。実はこれもブレーブスにとってラッキーだった訳で、アクーニャがこのまま四球で出るより打った方がよかった訳です。

そして5球目。アクーニャは高めの4シームを強振。これが右中間スタンドに入るHRに。ブレーブスはこのグランドスラムでこの回一気に5−0とリードという展開に。アクーニャは今シリーズ、一人気を吐いていますね。

追い上げるドジャース

ブレーブスにとって最高の展開となったのですが、ここはさすがにドジャース。ジワリジワリと追い上げてきました。

まず、3回表にJ・ターナーの2点タイムリーで2−5に。S・ニューカムは3回途中、被安打1、失点2で降板。ブレーブスは2番手にK・ゴーズマンを起用するなど懸命のリレーを見せますが、5回表にC・テイラーの2ランHRとM・マンシーのソロショットで3点を奪われ、ついに5−5の同点に追いつかれます。マックス・フリードが打たれました。肩口から入るカーブは失投でした。

なお、ドジャース先発のW・ビューラーは5回を被安打2ながらもグランドスラムが効き5失点。与四球が3。

ブレーブスは6回表のマウンドにトゥーキー・トゥーサンを送り、満塁のピンチを迎えながらも無失点に切り抜けます。

F・フリーマンが勝ち越しHR

迎えた6回裏、ピンチの後にチャンスありで、先頭のフレディー・フリーマンが2番手のアレックス・ウッドのこれまた肩口から入るカーブをフルスイング。これが右中間スタンドに入り、ブレーブスはついに6−5と勝ち越しに成功。フリーマンに当たりが戻ってよかったです。

ブレーブス、若いブルペン陣がドジャースを抑える

ブレーブスは7回にチャド・ソボトカ(Chad Sobotka)が3人で抑える好投。8回はA.J.ミンター(A.J. Minter )がスコアリングポジションにランナーを置くピンチを迎えるも無得点に。9回裏は、アローディス・ビスカイーノ(Arodys Vizcaino)がノーアウトでランナーを2人ためるピンチを迎えますが、M・マンシー、M・マチャード、B・ドージャーを三者連続三振に斬って取り、見事にNLDS初勝利を上げました。

見応えがあった最後のアローディス・ビスカイーノの投球です。

【動画】Recap: ATL 6, LAD 5

カート・スズキもビスカイーノのあの暴れるようなボールをよくパスボールもせずにリードしたと思います。

ブレーブス、地元でもう1つ勝ちたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました