スポンサーリンク

【NLDS 2018 Gm3】R・アクーニャとF・フリーマンがブレーブスを救う

スペシャル・イベント

【NLDS 2018 Gm3】

久々にトマホーク・チョップの全力コールを聞いた気がします。現地2018年10月7日のドジャース@ブレーブス戦は、ブレーブスが一矢報いました!

連敗中のブレーブス・ナインをスタンドが大声援で後押ししました。

ロナルド・アクーニャがグランドスラム

先発はドジャースがウォーカー・ビューラー、ブレーブスがショーン・ニューカム。データではショーン・ニューカムはドジャースとの相性はとてもいいです。

先制したのはブレーブス。2回裏、2アウト1、2塁で8番のC・カルバーソンを迎えたところでドジャース・バッテリーは敬遠を選択。満塁になるとは言え、序盤ゆえピッチャーに代打はないということで、9番のショーン・ニューカムとの勝負を選びます。

ところがこれがW・ビューラーのルーキーたる所以でしょうか。

W・ビューラーはなんとピッチャーのS・ニューカムにストレートのフォアボールを出し、押し出しでまず1点。さらに満塁が続き、次打者はもっとも信頼のおけるR・アクーニャ・Jr。ブレーブスにとって願ったり叶ったりの状況になります。

ここでブレーブスにとってもう1つラッキーな出来事が発生。

W・ビューラーはアクーニャにもストライクが入らず、3ボールナッシングに。4球目の4シームをアクーニャは見逃しますが、これがストライク・コールに。実はこれもブレーブスにとってラッキーだった訳で、アクーニャがこのまま四球で出るより打った方がよかった訳です。

そして5球目。アクーニャは高めの4シームを強振。これが右中間スタンドに入るHRに。ブレーブスはこのグランドスラムでこの回一気に5−0とリードという展開に。アクーニャは今シリーズ、一人気を吐いていますね。

追い上げるドジャース

ブレーブスにとって最高の展開となったのですが、ここはさすがにドジャース。ジワリジワリと追い上げてきました。

まず、3回表にJ・ターナーの2点タイムリーで2−5に。S・ニューカムは3回途中、被安打1、失点2で降板。ブレーブスは2番手にK・ゴーズマンを起用するなど懸命のリレーを見せますが、5回表にC・テイラーの2ランHRとM・マンシーのソロショットで3点を奪われ、ついに5−5の同点に追いつかれます。マックス・フリードが打たれました。肩口から入るカーブは失投でした。

なお、ドジャース先発のW・ビューラーは5回を被安打2ながらもグランドスラムが効き5失点。与四球が3。

ブレーブスは6回表のマウンドにトゥーキー・トゥーサンを送り、満塁のピンチを迎えながらも無失点に切り抜けます。

F・フリーマンが勝ち越しHR

迎えた6回裏、ピンチの後にチャンスありで、先頭のフレディー・フリーマンが2番手のアレックス・ウッドのこれまた肩口から入るカーブをフルスイング。これが右中間スタンドに入り、ブレーブスはついに6−5と勝ち越しに成功。フリーマンに当たりが戻ってよかったです。

ブレーブス、若いブルペン陣がドジャースを抑える

ブレーブスは7回にチャド・ソボトカ(Chad Sobotka)が3人で抑える好投。8回はA.J.ミンター(A.J. Minter )がスコアリングポジションにランナーを置くピンチを迎えるも無得点に。9回裏は、アローディス・ビスカイーノ(Arodys Vizcaino)がノーアウトでランナーを2人ためるピンチを迎えますが、M・マンシー、M・マチャード、B・ドージャーを三者連続三振に斬って取り、見事にNLDS初勝利を上げました。

見応えがあった最後のアローディス・ビスカイーノの投球です。

【動画】Recap: ATL 6, LAD 5

カート・スズキもビスカイーノのあの暴れるようなボールをよくパスボールもせずにリードしたと思います。

ブレーブス、地元でもう1つ勝ちたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました