スポンサーリンク

【2023WS2】Dバックスが9得点で完勝!メリル・ケリーが7回1失点!K・マルテはMLB記録を更新

シリーズ 1勝1敗

 現地2023年10月28日のワールドシリーズGame2はもうDバックス先発のメリル・ケリーの好投に尽きるというくらい素晴らしい投球で強打のレンジャーズ打線を完全に封じました。

 42,500名もの観客が入ったレンジャーズ・ホームのグローブライフ・フィールドですが、唯一盛り上がったのは5回裏のミッチ・ガーバーのソロHRで1点が入ったときのみで、特に終盤は沈黙が続きました。

Club123456789RHE
AZ0002002329160
TEX000010000140
現地2023年10月28日 2023WS Gm2
MLB Gameday: D-backs 9, Rangers 1 Final Score (10/28/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

スタメン

 Gm2のスタメンとこの日の成績、そしてPS全体の打率です。DバックスはGame1から1、2番をスワップ。コービン・キャロルがかなり上がってきましたので、むしろRBIマシーンとしての2番起用になったと思われます。レンジャーズは変わらず。

AZTEX
2B: マルテ/ 5-1/ .3332B:セミエン/ 4-1/.194
RF: キャロル/ 5-2/ .296SS :シーガー/ 4-0/ .302
C:モレーノ/ 4-1/ .250LF:カーター/ 3-1/.313
1B: ウォーカー/ 5-1/ .167RF: ガルシア/ 3-0/ .339
DH: ファム/ 4-4/ .275DH: ガーバー/4-1/ .268
LF: グリエル・Jr./ 3-2/ .268C: ハイム/ 3-0/ .222
CF: トーマス/ 5-2/.2561B: ロウ/ 3-0/ .196
3B: ロンゴリア/ 2-1/ .1633B: ヤング/3-1/ .302
SS: ペルドモ/ 2-1/ .293CF: タベラス/ 3-0/ .213
P:ケリー/ 7.0 IP/ 1 RP: モンゴメリー/ 6.0 IP/ 4 R

メリル・ケリーが抜群のコマンド!

【YOUTUBE】Merrill Kelly delivers a MASTERFUL World Series performance! (7 innings of 1-run ball!)

 このゲームのMVPは間違いなく、メリル・ケリー。93-94mphレンジの4シームとシンカー、89-91mphのチェンジアップ、90-91mphのカッター、88-89mphのスライダーと特別なベロシティーがある訳でもない代わりに、タイミングを微妙に外す変化球をミックスして、しかもゾーンの枠、そして奥行きを使ったコマンド力でレンジャーズ打線を手玉に取りました。

 メリル・ケリーが唯一危うかったのは、5回裏。ちょうど握力に影響が出た頃合いかと思うのですが、先頭のミッチ・ガーバーにLFにソロHRを打たれ、その後もHR性の大きな打球が続きました。ただし、失点はその1点のみ。

 7回を投げきり、球数はたったの89球。被安打3、失点1、BB 0、SO 9,HR 1という成績でした。前回のNLCS Gm6での登板から中4日で決して万全ではなかったと思うのですが、キレキレの投球を披露しました。

モンゴメリーは休養不足も

 レンジャーズ先発のジョーダン・モンゴメリーは決して悪い投球ではありませんでしたが、ベストではなかったと思います。

 23日のALCS Gm7では3回から5回にかけて2.1イニングを投げ、その前は20日のALCS Gm5で5.1イニングを投げていました。その間中2日。

 そしてこの日は中4日は空いていたものの、やはり本来の投球ではなかったと思います。

 4回表に1アウトからガブリエル・モレーノに先制ソロHRを許し、さらに2アウトからトミー・ファムのダブルとルルデス・グリエルのタイムリーで2失点。

 5、6回を無失点に抑え、7回表のマウンドにも上がりましたが、先頭のアレク・トーマスにダブルを、つづくエバン・ロンゴリアにタイムリーを打たれて3失点目を喫したところでアンドリュー・ヒーニーにスイッチしました。ジョーダン・モンゴメリーは6.0 IPで75球、被安打9、失点4、BB 1、SO 0、HR 1。スイッチしたヒーニーがコービン・キャロルに4点目を奪われたので、モンゴメリーにその失点がついております。

 レンジャーズ打線は1-9と大量リードを許した9回裏に初めてチャンスを作るも無得点に終わり、結果は9-1でDバックスが勝利し、シリーズは1勝1敗のタイとなっております。

ケーテル・マルテが歴代トップに

 前日のワールドシリーズGm1でポスト・シーズンのデビュー・ゲームからの連続試合安打を17に伸ばしたケーテル・マルテは、その時点でPS自体の連続試合安打記録の17に並んでおりました。

 そして、この日、8回表の第4打席でCFへのタイムリー・シングルを放ったケーテル・マルテはついにPSの連続試合安打で歴代NO.1に躍り出ました。ポストシーズンの18試合連続安打記録を達成です!

 まだまだゲームを控えるケーテル・マルテはGm3以降も更新しそうですね。

アドリス・ガルシアは沈黙

 前日にヒーローとなったアドリス・ガルシアでしたが、この日は音無し。シングル・ポストシーズンのRBI記録は22のまま。これは今ポストシーズンではまだ加算されそうです。

 連続試合RBI記録は7試合でストップ。2009年のライアン・ハワードがマークした8試合連続RBIに次いで2位。これは一旦は途切れました。

 そして連続試合HR記録も5試合でストップし、2015年のダニエル・マーフィーの6試合連続HRに次いで歴代2位となっています。

 Game3はマックス・シャーザーとブランドン・ファートです。シャーザーは調子を上げてきているので、かなりイニングは投げると思われます!そして好投ば続くブランドン・ファートの投球も楽しみですね。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました