スポンサーリンク

【ALDS 2022】ガーディアンズ、延長戦を制して1勝1敗!シェーン・ビーバーが好投!

2022 ALDS Game 2

 現地2022年10月14日、ガーディアンズ@ヤンキースによるALDS Game2が行われました。

 通常、DS(Division Series)は2連戦→移動日→2連戦→移動日→1戦という計5戦なのですが、今季のALDSは1戦→OFF→1戦→移動日→2戦&移動日なしの5戦目というそもそもがちょっと変わったスケジュールでした。

 さらに開催地ニューヨークの天候不順が輪をかけ、Game2が延期に。その結果、ガーディアンズ@ヤンキースだけは、Game1→OFF→嵐で中止→Game2からGame5まで移動日なしの連戦というスケジュールとなりました。

ジャンカルロのHRでNYYが先制 

 先発はシェーン・ビーバーとネスター・コルテス・Jr.。

 先制点はヤンキースでした。初回、2アウトからRF前シングルで出塁したグレイバー・トーレスを1塁に置いて、ジャンカルロ・スタントンがあの独特のアウトコース打ちを見せ、RFスタンドにライナーで入るHRを放ち、ヤンキースが2点を先制しました。

ガーディアンズが中盤に追いつく

 ガーディアンズは4回表に2アウトから粘りを見せ、アンドレ・ヒメネスのタイムリーでまず1点。5回にはアーメッド・ロザリオがCFにソロHRを放ち、1点を追加。2-2のタイスコアに持ち込みます。

 ゲームはその後、両クラブの投手陣が好投。

 ガーディアンズはシェーン・ビーバーが6回途中2アウトまで投げ、被安打5、失点2、BB3、奪三振7、HR1という成績。101球を費やしましたので、やはりヤンキース打線に神経を使いましたね。

 ガーディアンズはトレバー・ステファン、ジェームス・カリンチャックとつなぎ、無失点。カリンチャックはBB3でしたので、8回2アウトからエマニュエル・クラセを投入。10回まで計3イニング(2.1イニング)を投げました。ガーディアンズのブルペンは無失点リレーです。

 ヤンキースもネスター・コルテスが5回まで投げ、被安打6、失点2、BB3、SO3、HR1という成績で、こちらはあまり良くなかったです。

 その後はルー・トリビーノ、ジョナサン・ロアイシガ、ワンディー・ペラルタ、クレイ・ホームズが登板。9回まで無失点でつなぎました。

延長10回にガーディアンズが2点を勝ち越し

 延長10回表、ヤンキースはスターターのジェイムスン・タイヨンを投入。ルイス・セベリーノの調子がよくなったので、後ろに回したのだと思われます。なお、ポストシーズンの延長戦はオートマティック・ランナーがつきません。

 タイヨンは、まず先頭のホセ・ラミレスをLFポップフライに打ち取りましたが、ヤンキースLFのオズワルド・カブレラと3Bのジョシュ・ドナルドソンとの連携がうまく行かず、ぽとりと落とし、ヒットにしてしまいます。さらに、落球で慌てた3Bのジョシュ・ドナルドソンが2塁に悪送球。これでホセ・ラミレスは一気に3塁に進塁。

 つづくバッターはオスカー・ゴンザレス。タイヨンはまたしても球威で勝り、1B後方へのフライに打ち取ったものの、今度はアンソニー・リッゾがこれに追いつけず、またしてもポトリ。

 投手が打者との勝負に勝ちながらも1点を奪われるアンラッキーな事態に。

 一気に畳み掛けたいガーディアンズはその後、ジョシュ・ネイラーが右中間にライン・ドライブの当たりを放ち、オスカー・ゴンザレスが還ってガーディアンズはこのイニング2得点目(NYY2-4 CLE)。

 なお、ジョシュ・ネイラーの当たりはクリーンヒットだったものの、ひょっとしたら、太陽の位置でCFのハリソン・ベイダーが打球判断を誤ったのかもしれません。

 10回裏、ガーディアンズのマウンドには引き続き、エマニュエル・クラセが上がり、ヤンキース打線を無失点に抑え、ガーディアンズが4-2のスコアで勝利しました。

ジャッジ、元気なし

 ALイーストを制したヤンキースはポストシーズンはALDSからスタート。

 ここまで2試合、アーロン・ジャッジは9打席に立ち、8打数0安打、7三振と壊滅的な数字となっております。シーズン後半の四球連発でちょっと調子を崩したのかもしれませんし、どこかを傷めているのか?状況はわかりませんが、とにかく沈黙しています。

ガーディアンズのGOOD/BAD

 なお、1勝1敗に持ち込んだガーディアンズは、2得点をホセ・ラミレスを絡めないで奪ったのは朗報と言っていいと思います。ホセ・ラミレスだけケアしておけ!という対策を取られれば終わりですから。さらに良い点はまだトリストン・マッケンジーがGame3で残っていること。ガーディアンズ自慢のローテーション右腕です。

 そして悪い点で行けば、この日エマニュエル・クラセを引っ張ったこと。これでGame3の登板は無くなりましたので、ヤンキースは喜んでいるかもしれません。カリンチャックと、サム・ヘンゲスが頑張るしかありません。

 そして4連戦となった日程も先発投手に腐心する点であまりいいお話ではありません。これはヤンキースもそうであるのでこの点はイーブンかもしれません。

 Game3はヤンキースはルイス・セベリーノが登板します。ガーディアンズはここで勝てば、Game4ははアーロン・シバーリかどうか?というところです。いずれにせよ、両クラブとも最後の2戦になれば、総力戦です。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました