スポンサーリンク

【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?

気になるストラスバーグの今後

 現地2024年3月17日、2024シーズンの全体の開幕まであと11日です。ナショナルズはすでに26才になったばかりの右腕、ジョサイア・グレイ(Joshiah Gray)をオープニング投手に指名。これは2013年にスティーブン・ストラスバーグ(Stephen Strasburg)が24才の若さでオープニング投手を務めて以来、クラブ史上2番目に若いオープニング投手となります。

ロスターに残ったまま

 そのスティーブン・ストラスバーグですが、2023年9月にクラブ側から引退を打診。会見のスケジュールまで組まれていました。

 ところがこの会見はキャンセルに。

 オフシーズン、MLBではルール5ドラフトに向け、ロスター調整を行います。その際にはILに入っている選手も一度ロスターに入れ、選手をカウントすることになっています。引退会見キャンセル後、ひょっとしたらそのタイミングでストラスバーグに何等かの動きがあるのでは?と注視していましたが、そのまま40maロスターに復帰。 

 以降、その状態は変わらず、現地2024年3月17日の段階ではアクティブ・ロスターに名を連ねている状態です。

キャンプに姿を見せず 

 ナショナルズは現地2024年2月14日にピッチャーとキャッチャーのスプリング・トレーニングのワークアウトがスタート。やがてフルスクアッド(全体)のワークアウトがスタートし、2月終わりにはグレープフルーツ・リーグがスタート。そして3月に入り、現地2024年3月17日の段階でナショナルズは22試合を消化し、13勝9敗で好調。

 しかし、ストラスバーグは未だパームビーチに顔を見せず。つまり、ナショナルズの40人ロースターどころか、アクティブ・ロスターにいるものの、プリング・トレーニングに参加していません。

 GMのマイク・リッゾは「ああ、彼は40manロースターの他の選手と同じように招待されている」と答えるのみです。

 やがてナショナルズはストラスバーグを60 Day ILに入れるのでしょうが、現状のままでは1人分の枠を潰しているのみ。一体、ナショナルズはこの問題をどう決着させるのでしょうか?

体調はかなり厳しい状態

 ストラスバーグが最後に試合に登板したのは2022年6月のことで、その後は重度の神経損傷により、マウンド復帰を阻害されてきました。その治療過程は痛々しく、2021年の手術では肋骨と首の筋肉を2本切除。2023年の情報では、キャッチボールやワインドアップのシミュレーションができないほどしびれを感じ、日常生活にも支障をきたしているほど。

 その後、改善したという情報はなく、とてもプレー出来る状態ではないと考えて良さそうです。

オーナーはナッツを売却せず

 クラブ売却を計画していたオーナーのラーナー一族でしたが、ナショナルズが買われる前にオリオールズの売却が成立するなどディールはうまく行かず、現地2024年2月19日にクラブは売却しないと発表。

 フアン・ソトを出した時や、ストラスバーグに引退会見を勧めた時とは状況が変わりましたが、コストは詰めて行くスタイルなのは変わりありません。

齟齬により会見はキャンセル

 ストラスバーグは上述のような肉体的コンディションで本人が望もうにも体が言う事をきかない状態です。一旦は引退勧告を受け入れたのは、ナショナルズが当初、ストラスバーグに残り金額を全額支払うことを提案したため。

 ナッツとストラスバーグの現契約は7年/$245M(2020-26)で、残りあと3年。繰り延べ払いも入れた総額は$35M/年x3で$105Mほど残っております。ところが、クラブ側がこの支払条件の変更を望み、全額保証とならなかったことから、引退会見はキャンセルとなったのでした。

自主引退なら残りは没収

 ナショナルズは新たな合意事項を提案した訳ですが、ストラスバーグは回答しきれておりません。よって、まだ当初の契約のまま。

 投げたくても投げられないストラスバーグが現状の契約のまま自主的に引退した場合、残り3年の金額は没収ということになります。

 ナショナルズが提示したであろう妥協案にサインするか、あるいは現状の契約のまま3シーズンをILで過ごすのか。稼働していないのに大金をもらうのはこれはこれで非常に精神的に厳しいです。ストラスバーグにここで妥協しろという考えもあるでしょうが、今後の日常生活が取り戻せるのか?と考えた場合に、不安もあるのではないか?思います。

 ストラスバーグが現状のままを選んだ場合、ナショナルズは次の3つのオフシーズンで40manロースター・スポットを犠牲にすることになります。

ナッツは保険に入らず

 なお、ナショナルズにも強制的に解約する手段はあるようです。それはストラスバーグがスプリング・トレーニングに参加しなかったというペナルティー。ただし、これを実行した場合、双方ともに肉体的にプレーの準備ができてないことを認識している上での処置ですから、ナショナルズは悪者になるわけですから、あまり良い手ではないと言えるでしょう。よって、それはやらないのでは?とも思います。

 過去、プリンス・フィルダーやメッツのデービッド・ライトも多額の契約を残しながら、肉体的にプレー続行不可と判断されました。

 ただし、彼らの場合、サラリーの一部を支払う保険に入っていたと言われています。レンジャーズから解雇されたフィルダーもメッツの特別アドバイザーになったライトも保険会社と和解が成立し、年俸の一部が支払われることになりました。

 ところがナッツはストラスバーグとの契約の保険には入っていませんでした。理由は、保険料が極めて高額になったからだと言われています。もし入っていれば、このような事態はなかったかもしれませんが、実際の保険料はとんでもない額だったのでしょう。

2019年のPSヒーロー

 ナショナルズは2019年にワールドシリーズを制覇。1924年のセネタース以来となるD.C.でのワールドシリーズ制覇です。

 スティーブン・ストラスバーグは、Game2(6回、2失点、7奪三振、1四球)と、勝敗がかかったGame6に登板(8回1/3、2失点、7奪三振、5安打、2四球)。ともに厳しい状況野中、アウェーで2勝。見事にワールドシリーズMVPに輝きました。

【YOUTUBE】Nationals’ Stephen Strasburg’s INSANE 2019 Postseason (3-0, 33 Ks 1.64 ERA)

 ナショナルズはその数カ月後、ストラスバーグと現状の内容でサイン。

 この決断の結果が今という解答になっています。

 果たして、ナショナルズがどういう結論に持っていくのか、ここは注目ですね。結論はまだまだ先になりそうですが・・・。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました