スポンサーリンク

【MLBプレーヤー】NPBにセールスしているヘンダーソン・アルバレスはあのワインドアップの投手

あのヘンダーソン・アルバレス!

 現地2020年3月28日の出来事ですが、MLBプレーヤーがNPBに売り込みをかけて話題になっています。それがヘンダーソン・アルバレス(Henderson Alvarez III)です。いつの間にか、Baseball ReferenceのページにはIII(3世)というのがついていて驚きました。前からそうでしたでしょうか!?

 そのヘンダーソン・アルバレスがどういう投稿をしたかというと、こちらです。これはもう本人のページに固定されています。

SNSで売り込み

 ブルペン投球を披露。高い位置から叩きつけるように低めに集まるファストボール。角度があります。そしてときおりまぜるカーブ。スライダー。スライダーはインスラも披露。右打者へのインコースは2シームも投げているように思います。これがまず最初に上げたツイート。

 日本語は自動翻訳されたものですから原文を見たいところですが、仕上がっているのが十分にわかりますし、日本語でのアピールなど十分にやる気は伝わります。

 時間を置いてもっとパート2ではよりダイレクトなメッセージも。日本語でうまく表現できるようにベースボールキングさんからのアシストも得て、それを埋め込んで投稿。

 パート3では再び自動翻訳が登場。NPBの各クラブのアカウントにサインしてくれとアピール。さらに気持ちが伝わる投稿に。

 SNSの投稿でスカウトに注目されてサインしたアマチュアの投手もいますから、よい機会になればと思います。

ヘンダーソン・アルバレスとは

Henderson Alvarez III Stats | Baseball-Reference.com
Career: 27-35, 3.82 ERA, 302 SO, P, AllStar, Marlins/BlueJays/... 2011-2017, t:R, born in Venezuela. 1990, The Entertainer

 そのヘンダーソン・アルバレスとはどういう投手なのか。ヘンダーソン・アルバレスは1990年4月18日生まれの29才。2020年の誕生日で30才になります。ベネズエラ出身。

 2006年10月に16才でトロント・ブルージェイズとサイン。

ブロックバスターでマーリンズに

 2011年、ブルージェイズでメジャー・デビュー。ブルージェイズでは2間で10勝17敗。

 2012年11月、マーリンズとブルージェイズ間で成立したブロックバスタートレードでマーリンズに移籍。左腕のマーク・バーリーがブルージェイズへ移籍したあのトレードです。彼はマーリンズが人気が出るように努力していたのに、それを反故にするように簡単にひょいとトレードに出されたのでした。バーリーは当時のマーリンズ経営幹部に激怒。なかなかに選手に対して失礼な幹部達でした。このトレード後は少しマシにはなりましたが。 

 マーリンズには2015年まで在籍。2014年にはトミージョン手術となったホセ・フェルナンデスの離脱を埋める活躍。30スタート、187.0イニングを投げ、12勝7敗、ERA 2.65のキャリアハイの成績を残します。

 しかし、2015年に右肩を傷め手術。結局、そのオフはマーリンズがサインせずFAになりました。

 2015年12月にアスレチックスとサイン。しかし、2016シーズンはマイナーにとどまりました。その年のオフに再びFAに。2017シーズンは契約が決まらず、8月に入ってようやくフィリーズと契約。3試合のみの登板に終わり、これがメジャー最後の登板となっています。

 2018年11月にナショナルズとマイナー契約でサインするも、2019年7月1日にリリース。現在に至るです。

独特のルーティーン

 やはり2014年のヘンダーソン・アルバレスは印象的でした。こんなワインドアップを繰り出す投手はいませんでしたからね。

 ファースト・ピッチの時だけやっていた動き。ゲームに敬意があってとてもよいですよね。

2013年にNO-NO

 彼の代名詞になっているのが2013年、マーリンズ1年目のほぼ最終戦に近い9月29日に見せたノーヒット・ノーラン。

 このノーヒッターが際立っていたのは、0−0のスコアで9回を投げきって、その裏の攻撃でマーリンズがサヨナラ勝ちし、全員の力で見事に記録を成立させたところです。

 しかも対戦相手は当時最強のデトロイト・タイガース。しかも豪華リレーの前での記録達成です。タイガースはジャスティン・バーランダー、ダグ・フィスター、リック・ポーセロ、ルーク・プッコーネンというリレー。

 タイガースはこの年、ALセントラル1位。ポストシーズンを見込んで良い投手をどんどんつぎ込んだゲームでした。なお、タイガースはこの年、ALCSでレッドソックスに惜敗。レッドソックスがワールドシリーズを制覇したのでした。

Detroit Tigers at Miami Marlins Box Score, September 29, 2013 | Baseball-Reference.com
Miami Marlins beat Detroit Tigers (1-0). Sep 29, 2013, Attendance: 28315, Time of Game: 2:06. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by-...

メキシコ・リーグでプレー 

 ナショナルズをリリースされた後のヘンダーソン・アルバレスですが、その後約1ヶ月ほどメキシコ・リーグでプレー。トリプルA相当です。

 現在FAでサインしてくれるところを探しています。

 肩の調子次第かなと思います。おもしろい投手ではあるのでぜひともまたみたいですね。NPBに入れるでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました