スポンサーリンク

【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約

スーパー・ユーティリティーは再びLADへ

 現地2024年2月27日、ドジャースはFAとなっていたユーティリティーのキケ・ヘルナンデスことエンリケ・ヘルナンデス(Enrique J. Hernández)と1年で再契約しました。キケは愛称で、登録名は本名のエンリケ・ヘルナンデスですが、実況などでは愛称のキケが使われるケースがほとんどです。

マニュエル・マーゴットのディール決定の即座に

 ドジャースはキケ・ヘルナンデスとのディールの前にタイラー・グラスノーとともにレイズから獲得したマニュエル・マーゴットのツインズとのディールを決定。

 これが決まってからキケのディールが決まりました。

 キケ・ヘルナンデスにはエンゼルス、ジャイアンツ、ツインズ、パドレスが関心を寄せているという噂がありましたが、このようにドジャースが獲得に至りました。

 すでにカクタス・リーグも始まっている中、40manの枠に関してはマニュエル・マーゴットの枠がそのまま使われるようになるため、このディールに伴うロスター・ムーブはなさそうです。

契約内容

 両者の契約はすでにオフィシャルとなっており、下記の内容でサインしています。

  • 1 年/$4M (2024)

 キケ・ヘルナンデスの2023年のサラリーは2022年9月の時点でレッドソックスと延長契約した1年/$10M (2023)。

 今回のディールはキケにとっては単価がグンと下がってしまいましたが、2023年のバットの実績からすると致し方ない面もあります。

 なお、キケは2023年のトレード・デッドラインでドジャースに移籍。レッドソックスはキケの残りのサラリー$3.6M強とともに$2.5Mを添えてトレードに出しました。この$2.5Mの意味はよくわかりませんが交換で獲得した選手も絡んだ交渉の結果と思うしかないですね。

キケ・ヘルナンデスとは

 現時点で32歳のキケはプエルトリコ出身。2009年のアマチュア・ドラフトでアストロズから6巡目指名されてプロ入り。もともとはアストロズだったのです。なお、プエルトリコもアマチュア・ドラフトの対象になっている地域ですね。

 2014年、22才でMLBデビューを果たしたキケ・ヘルナンデスは前半の24試合でAVG.284をマーク。そして同年のトレード・デッドラインでアストロズがジェイス・マリスニック、コリン・モランらを獲得したトレードで複数の選手とももにマイアミへ移籍することになります。マイアミでは18試合で、AVG .175。

 そして2014年12月に今度はオースティン・バーンズ、アンドリュー・ヒーニーらとともにドジャースへ移籍。このとき、マイアミは現在のディー・ストレンジ=ゴードン、ダン・ヘイレン、ミゲル・ロハスを獲得。当時はディー・ゴードンと称していましたが、ゴードンはマイアミに移籍してイチロー選手を慕いまくるという流れになります。実はキケが絡んでいたのです。

 そして2015年から2020年までドジャースで過ごし、主に複数のポジションをこなすユーティリティーとして活躍。 キケはドジャースでの 6 年間で.240/.312/.425 をマーク。wRC+ は 98 に達しました。

 その攻撃力は平均をわずかに下回る感じでしたが、それでも捕手以外はあらゆるポジションをこなし主にグラブで貢献。マウンドにも上がっています。

 ドジャースでワールドシリーズを制覇した後の2021年2月にレッドソックスとサイン。

2021年、レッドソックスはこのキケの活躍によりポストシーズンにも進出。ALCSまで進んだのはキケのおかげと言っても過言ではありません。

 2021年は.250/.337/.449、20 HR、60 RBI。

 翌2022年は怪我もあり93試合の出場にとどまり、AVG.222。2023年はレッドソックスで86試合に出場するも、AVGは.222。ドジャースに移籍後はAVG.262と持ち直しました。

 あまりに運動神経がすごすぎて、スローイング・エラーも笑うほど豪快だったキケ・ヘルナンデス。

 レッドソックスではSSでの起用は怖いというレベルになりましたが、ドジャースでは今季、怪我から復帰するSSのギャビン・ラックスのバックアップ的な役割になるかと思います。そしてOFに穴が空けばそこも埋めると。ミゲル・ロハスはSSで守備に特化した起用ということになりそうです。

 ドジャースはまた選択肢が増えましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました