スポンサーリンク

【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約

スーパー・ユーティリティーは再びLADへ

 現地2024年2月27日、ドジャースはFAとなっていたユーティリティーのキケ・ヘルナンデスことエンリケ・ヘルナンデス(Enrique J. Hernández)と1年で再契約しました。キケは愛称で、登録名は本名のエンリケ・ヘルナンデスですが、実況などでは愛称のキケが使われるケースがほとんどです。

マニュエル・マーゴットのディール決定の即座に

 ドジャースはキケ・ヘルナンデスとのディールの前にタイラー・グラスノーとともにレイズから獲得したマニュエル・マーゴットのツインズとのディールを決定。

 これが決まってからキケのディールが決まりました。

 キケ・ヘルナンデスにはエンゼルス、ジャイアンツ、ツインズ、パドレスが関心を寄せているという噂がありましたが、このようにドジャースが獲得に至りました。

 すでにカクタス・リーグも始まっている中、40manの枠に関してはマニュエル・マーゴットの枠がそのまま使われるようになるため、このディールに伴うロスター・ムーブはなさそうです。

契約内容

 両者の契約はすでにオフィシャルとなっており、下記の内容でサインしています。

  • 1 年/$4M (2024)

 キケ・ヘルナンデスの2023年のサラリーは2022年9月の時点でレッドソックスと延長契約した1年/$10M (2023)。

 今回のディールはキケにとっては単価がグンと下がってしまいましたが、2023年のバットの実績からすると致し方ない面もあります。

 なお、キケは2023年のトレード・デッドラインでドジャースに移籍。レッドソックスはキケの残りのサラリー$3.6M強とともに$2.5Mを添えてトレードに出しました。この$2.5Mの意味はよくわかりませんが交換で獲得した選手も絡んだ交渉の結果と思うしかないですね。

キケ・ヘルナンデスとは

 現時点で32歳のキケはプエルトリコ出身。2009年のアマチュア・ドラフトでアストロズから6巡目指名されてプロ入り。もともとはアストロズだったのです。なお、プエルトリコもアマチュア・ドラフトの対象になっている地域ですね。

 2014年、22才でMLBデビューを果たしたキケ・ヘルナンデスは前半の24試合でAVG.284をマーク。そして同年のトレード・デッドラインでアストロズがジェイス・マリスニック、コリン・モランらを獲得したトレードで複数の選手とももにマイアミへ移籍することになります。マイアミでは18試合で、AVG .175。

 そして2014年12月に今度はオースティン・バーンズ、アンドリュー・ヒーニーらとともにドジャースへ移籍。このとき、マイアミは現在のディー・ストレンジ=ゴードン、ダン・ヘイレン、ミゲル・ロハスを獲得。当時はディー・ゴードンと称していましたが、ゴードンはマイアミに移籍してイチロー選手を慕いまくるという流れになります。実はキケが絡んでいたのです。

 そして2015年から2020年までドジャースで過ごし、主に複数のポジションをこなすユーティリティーとして活躍。 キケはドジャースでの 6 年間で.240/.312/.425 をマーク。wRC+ は 98 に達しました。

 その攻撃力は平均をわずかに下回る感じでしたが、それでも捕手以外はあらゆるポジションをこなし主にグラブで貢献。マウンドにも上がっています。

 ドジャースでワールドシリーズを制覇した後の2021年2月にレッドソックスとサイン。

2021年、レッドソックスはこのキケの活躍によりポストシーズンにも進出。ALCSまで進んだのはキケのおかげと言っても過言ではありません。

 2021年は.250/.337/.449、20 HR、60 RBI。

 翌2022年は怪我もあり93試合の出場にとどまり、AVG.222。2023年はレッドソックスで86試合に出場するも、AVGは.222。ドジャースに移籍後はAVG.262と持ち直しました。

 あまりに運動神経がすごすぎて、スローイング・エラーも笑うほど豪快だったキケ・ヘルナンデス。

 レッドソックスではSSでの起用は怖いというレベルになりましたが、ドジャースでは今季、怪我から復帰するSSのギャビン・ラックスのバックアップ的な役割になるかと思います。そしてOFに穴が空けばそこも埋めると。ミゲル・ロハスはSSで守備に特化した起用ということになりそうです。

 ドジャースはまた選択肢が増えましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました