スポンサーリンク

【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意

ブルージェイズ、ブルペンを強化

 現地2021年11月27日、トロント・ブルージェイズがブルペン強化にアストロズからFAのイーミ・ガルシア(Yimi Garcia)と2年$11Mで合意したとのニュースが入ってきました。

契約内容

 こちらはまだクラブからコンファームが出ていない状態ですが、現時点での合意内容を見てみますと、このような内容です。

  • 2年/$11M 保証(2022-23) + 2024 クラブオプション(ほぼべスティング)
    • サイニング・ボーナス:$1M
    • 支払い:$4M(2022)/ $5M (2023)
    • 2024 $5M クラブオプション($1Mバイアウト)
    • 2024年のクラブオプションは以下の達成で行使、同時に以下を達成するとサラリーは$6Mに
      • 2023年に60.0 IP or 60試合登板
      • 2022-23年合計で110.0 IP or 110 試合登板
    • 年ごとのパフォーマンス・ボーナス:60.0 IP or 60試合登板で$0.5M

 2024年のクラブオプションはほぼベスティング・オプションのような内容です。それと、パフォーマンス・ボーナスはひょっとしたら、レートは変わってくるかもしれません。

価値がグンと上がる

 筆者はイーミ・ガルシアのドジャース時代とマーリンズ時代の投球を見て、いい投手だなと思っていました。そして今季のポストシーズンでの登板頻度の高かった投球がさらにその価値を上げたと思っています。

 ブルペン補強でレッドソックスが獲得しないかな?などと思っていたのですが、ブルージェイズということに。

 イーミ・ガルシアの2021年のサラリーは$1.9M。このポストシーズンの投球でそれなりに上がるとは思っていましたが、ちょっと予想していた以上に上がってしまいました。

イーミ・ガルシアとは

 イーミ・ガルシアは1990年8月18日生まれの31才。今回の2年契約は33才のシーズンまでの契約となります。

 ドミニカ共和国出身で、2009年1月にドジャースとサイン。18才の時です。

 デビューは2014年、23才の時。2015年には59試合に登板。うち先発は1試合。ERAが3.34でSO9は10.8、BB9が1.6。投げ方を見ておわかりの通り、コントロールが良いです。

 しかし、フォームが肘への負担がかかるそれなのかどうかは定かではありませんが、2016年に肘痛を発症。9試合にしか登板しませんでした。そしてオフシーズンにトミー・ジョン手術へ。2017年は全休しました。2018年途中から復帰し、25試合でERAが5.64。

 本格復帰は2019年で64試合に登板。ERAは3.61。2019年オフにノンテンダーFAに。

 そしてマーリンズとサイン。2020年が短縮シーズンになったのはイーミ・ガルシアの肘の負担としてはかえってよかったのかもしれません。

 2021年はマーリンズで開幕を迎え、トレードデッドラインでアストロズへ。ポストシーズンでの好投につながっていったという流れです。

 2021シーズンはマーリンズ、アストロズ双方を併せて62試合、57.2イニングに登板し、4勝9敗、ERA 4.21。

 2021年のポストシーズンではALDSで3試合、ALCSで3試合、ワールドシリーズで4試合に登板。計10試合、9.0イニングを投げ、被安打9、失点7、ERA 7.00。

肘の状態がヘルシーであれば、イーミ・ガルシアはブルペンとして非常に機能すると思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました