スポンサーリンク

【MLB移籍2018】ローガン・モリソンはツインズへ、ベン・リベアはレッズへ

MLB移籍/FA情報

スプリングトレーニング情報

現地2018年2月25日、スプリング・トレーニングのゲームが始まっていますが、各チームのエース級が2月にもかかわらず登板しています。

D・スワンソンが巧打

カーショウも登板済みですし、現地2018年2月25日はシャーザーも登板しました。
ダンスビー・スワンソンに内角甘めのコースのボールをスタンドインされてしまいましたが、腕の伸びにくいコースなのにスワンソンは見事に弾き返しましたね。18シーズンは結構期待がもてそうです!

さて、本日も移籍が決まりました。

移籍情報 ローガン・モリソン

今オフ、主力の相次ぐ放出でイメージを悪くしてしまったレイズですが、そのレイズからFAとなっていたローガン・モリソン(30 1B/LF)をツインズが獲得しました!

ツインズが提示した条件

条件は1年650万ドルで、成績が良ければ延長するという球団側に決定権のあるオプション(プラス2年)の条件まで入れると1,650万ドルになります。2年め以降は保証されていないようなものなので、1年650万ドルと考えればいいですね。
2017年は250万ドルなだったので、上がりましたね!

好条件の理由

この時期にいい条件で契約を結んだのには理由があり、ローガン・モリソンは2017シーズンに38本もHRを打ったバッターだからです。安すぎるくらいです。打率は.246ながら、OBPは.353もあり、RBI 85ですからツインズは相当な攻撃力アップということになります。しかも年齢も30才で今が旬の時なので、ツインズはいい選手を獲得したと思います。

移籍情報 ベン・リベア

守備の名手、ベン・リベアも決まりました。

レッズとマイナー契約

移籍先はレッズです。ただし、マイナー契約。今季途中で30才になる年齢でまだまだ行ける選手なのですが、マイナー契約扱いは厳しいですね。ただ、打率を.280くらいまで上げれば超

一流の選手なのですが、打撃次第ですね。

 

移籍情報 J.D.マルチネス

なお、レッドソックスとの契約が報じられてからフィジカルでペンディングになっていたJ・D・マルチネスですが、現地2018年2月26日、公式アナウンスされるようです。なかなか決まらなかったので、ヒヤヒヤしておりました。The specific nature of the issue が原因とのことですが、それが何なのかまではわかっておりません。
とにかく前に進んでよかったです。
お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
【NEW CBA】MLBが提案した新サービスタイム(調停/FA)の考えとは?
【MLB2021】大谷選手、100マイル発動で9勝目!
【MLB契約2021】エンゼルス、ホセ・イグレシアスをリリース
【MLB2021】ジャイアンツ、ローガン・ウェブでドジャースと首位タイに
【MLB 2021】ドジャース、4ヶ月をかけ、ついにNLウェスト1位に
タイトルとURLをコピーしました