スポンサーリンク

【MLB移籍2018】ローガン・モリソンはツインズへ、ベン・リベアはレッズへ

MLB移籍/FA情報

スプリングトレーニング情報

現地2018年2月25日、スプリング・トレーニングのゲームが始まっていますが、各チームのエース級が2月にもかかわらず登板しています。

D・スワンソンが巧打

カーショウも登板済みですし、現地2018年2月25日はシャーザーも登板しました。
ダンスビー・スワンソンに内角甘めのコースのボールをスタンドインされてしまいましたが、腕の伸びにくいコースなのにスワンソンは見事に弾き返しましたね。18シーズンは結構期待がもてそうです!

さて、本日も移籍が決まりました。

移籍情報 ローガン・モリソン

今オフ、主力の相次ぐ放出でイメージを悪くしてしまったレイズですが、そのレイズからFAとなっていたローガン・モリソン(30 1B/LF)をツインズが獲得しました!

ツインズが提示した条件

条件は1年650万ドルで、成績が良ければ延長するという球団側に決定権のあるオプション(プラス2年)の条件まで入れると1,650万ドルになります。2年め以降は保証されていないようなものなので、1年650万ドルと考えればいいですね。
2017年は250万ドルなだったので、上がりましたね!

好条件の理由

この時期にいい条件で契約を結んだのには理由があり、ローガン・モリソンは2017シーズンに38本もHRを打ったバッターだからです。安すぎるくらいです。打率は.246ながら、OBPは.353もあり、RBI 85ですからツインズは相当な攻撃力アップということになります。しかも年齢も30才で今が旬の時なので、ツインズはいい選手を獲得したと思います。

移籍情報 ベン・リベア

守備の名手、ベン・リベアも決まりました。

レッズとマイナー契約

移籍先はレッズです。ただし、マイナー契約。今季途中で30才になる年齢でまだまだ行ける選手なのですが、マイナー契約扱いは厳しいですね。ただ、打率を.280くらいまで上げれば超

一流の選手なのですが、打撃次第ですね。

 

移籍情報 J.D.マルチネス

なお、レッドソックスとの契約が報じられてからフィジカルでペンディングになっていたJ・D・マルチネスですが、現地2018年2月26日、公式アナウンスされるようです。なかなか決まらなかったので、ヒヤヒヤしておりました。The specific nature of the issue が原因とのことですが、それが何なのかまではわかっておりません。
とにかく前に進んでよかったです。
お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました