スポンサーリンク

【MLB2024FA】カージナルス、カイル・ギブソンと1年/12Mドルでサイン

出足好調のカージナルスのオフ

 またしてもカージナルスのディールが決まりましたね。

 現地2023年11月21日、セントルイス・カージナルスはオリオールズからFAとなっていたローテーション右腕のカイル・ギブソン(Kyle Gibson )と1年契約でサインとなりました。

契約内容

 カイル・ギブソンとカージナルスのディールで今のところ判明しているのは下記の内容。

  • 1年/$12M (2024) + 2025 クラブオプション

 $12Mというのは総額なので、2024年の単価はもう少し落ちるかもしれません。2025年はクラブオプションがついており、おそらく$10-12Mくらいのレンジでバイアウトが$1Mくらい入っているのではないかと。バイアウトも入れて$12M保証というところかと思います。詳細が出ましたら、更新します。

2023年は10Mドル

 ちなみにカイル・ギブソンは2023年、オリオールズと1年/$10Mでサイン。アウォード・ボーナスなどもありましたが、オプションはついておらず。したがって、2024年も$10Mオーバーでサイン出来たというのがカイル・ギブソンの評価の高いところかと思います。

2024年は36才のシーズン

 カイル・ギブソンは1987年10月23日生まれで、現地2023年11月21日時点で36才。2024年は36才のシーズンということに。

3年連続で30試合オーバー!

 カイル・ギブソンは上述の通り、決して若くはないのですが、素晴らしいのは登板数。2021年はレンジャーズとフィリーズを併せて31試合に登板し、10勝9敗、ERA 3.71。2022年はフィリーズで31試合に登板し、10勝8敗、ERA 5.05。2023年はオリオールズで33試合に登板し、15勝9敗をマーク。ERAは4.73と高めでしたが、オリオールズのALイースト制覇に大きく貢献したことは間違いありません。

 2021年が33才、2022年が34才、2023年が35才のシーズンで3年連続で30試合オーバーに先発。しかも2023年のIPはキャリア2番目の 192.0。

 ERAは決して良い数字ではないのですが、とにかくイニング・イーターであるところがダグアウトの指揮官を喜ばせる点でもあります。2023年にはキャリア通算100勝を達成。

ランス・リンとともにローテーションを支える

 イニング・イーターでもあるカイル・ギブソンは、とにかく怪我に強いのも魅力。過去9シーズンでカイル・ギブソンはいずれも25試合以上に登板し、そのうち29試合に登板しなかったのは2016年だけ。短縮シーズンとなった2020年は12試合の登板でしたが、このシーズンの登板数としてはかなり多い方です。

 カイル・ギブソンはとにかく怪我に強いのが彼の素晴らしいところです。デビュー以来、怪我の履歴としては2016年に右肩の故障、2019年に潰瘍性大腸炎、そして2021年に右鼠径部の故障とIL入りはたった3度しかありません。

 ランス・リンもかなり似たようなタイプで彼の場合、一発を食らうリスクは非常に高いのですが、怪我は2022年に膝の手術で21試合の登板にとどまったのみでそれを除けば、毎年のように28試合以上登板しています。

 ランス・リンの記事でも書きましたが、カージナルスは現状でマイルズ・マイコラスくらいしか柱がいなくなりました。そのランス・リンを加え、カイル・ギブソンも補強。いずれもピリッとしないケースも多くなると思いますが、それでも試合を作る確率が高いベテラン右腕を擁することは安定した戦いに繋がります。そのうち、マシュー・リベラトーレも化けるかもしれません。怪我の多いスティーブン・マッツも息を吹き返す可能性もあります。

 ノーラン・アレナド、ポール・ゴールドシュミット、マイルズ・マイコラス、ランス・リン、そしてカイル・ギブソンと主力の年齢が高くなったカージナルスですが、2024年の巻き返しの準備は着々と進んでおりますね。

 POBO(President of Baseball Operation)のジョン・モゼリアク(John Mozeliak )も今オフはアグレッシブに編成を進めていますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました