スポンサーリンク

【MLB2013】DET、3者連続含む5HRでBALに圧勝!バーランダーはマチャードにファストボール押し

タイガース、一挙8得点

こんにちは(^^)

現地2013年6月1日は土曜日ということで、週末限定やニグロリーグのジャージを着用した試合が開催され、今日もMLBは盛り上がったようです!

スリリングなゲームも多かった中、非常にインパクトのあったゲームは、オリオールズVSタイガース戦でした。

力のあるチーム同士の第2ラウンドは、剛球投手と破壊力バツグンの打線をもつタイガースが、一挙8得点を奪うビッグイニングで中盤にゲームを決めました。

調子の上がらないバーランダー

今のところ「シャーザーの後はバーランダー」というローテーションのタイガースは、前日の逆転負けの悪い流れを払拭すべく大エースの好投に期待しました。

5月は3勝2敗と勝ち越したものの、ここのところ今ひとつ調子が上がらないバーランダーVerlander)。

ここのところ、大量失点続き

過去4回の登板では4失点、8失点、5失点、3失点と打ち込まれているゲームが続いています。

4月の終わりには1.83だったERAも5月27日の前回の登板が終わった時点で3.68と悪化。強打をほこるオリオールズ打線を相手に、今日の投球はどうだったのでしょうか。

チェンジアップ多投をきっかけに

今日のバーランダーは、チェンジアップを多投しました。前回も変化球を多めに投げていましたが、おそらく今日の変化球多投は、データにもとづいての配球だったと思われます。

若くてイキのいいオリオールズ打線がファストボール狙いなのは明らかでしたので、そのウラをついた配球であったと思われます。

マチャードにはファストボールで

ただ、2番のマチャードには終始ファストボール押し(^^)。

スライダーも数球まじりましたが、ほぼ90%はファストボールでした。まともにファストボールで勝負に行ったにはこのマチャドの時だけで、あとはチェンジアップとスライダーが多かったです。

やはりまだ本調子ではないということでしょうか。しかしながら、それでも結果を出していくバーランダーはやはりすごいと言わざるを得ませんね。

今日のファストボールは92マイルほどが多かったのですが、一応MAXで98マイル(157.7キロ)を出しています。

J.J.ハーディーがバーラダーから2打席連続HR

バーランダーは7回を投げ、被安打8、失点3、奪三振5、被本塁打2という成績。打たれたホームランは、J.J.ハーディーHardy)による2打席連続です。

ちなみに98マイルが出たのは6回裏、2打席連続HRを打たれたあとのJ.J.ハーディーの打席でした。バーランダー、負けず嫌いです。

タイガース、3者連続HR+ミギ-の満塁弾

4回表のタイガースの攻撃は凄まじいものがありました。一挙8点をあげています。

まず、先頭のビクター・マルチネス(Martinez, V)からジョニー・ペラルタ(Peralta, Jh)、アレックス・アビーラ(Avila)と3者連続ホームランでまず3点!その模様です↓

【動画】back-to-back-to-back HR (2013年6月1日)

BAL ハメルが危険球で退場

さらにLF・マット・トゥイアソソーポ(Tuiasosopo)が死球。抜けたカーブが頭にあたったことにより、オリオールズ先発のジェイソン・ハメルHammel)は危険球で即退場となりました。

期待されたジェイソン・ハメルでしたが、3回を被安打5、失点5、与四死球3で降板となりました。急遽マウンドに上がったのは、左腕のマクファーランド(McFarland)。

タイガースはつづくアビサイル・ガルシア(CF・Garcia, A)がライト前シングルで出塁。オマール・インファンテ(2B・Infante)はタイムリー2塁打を放って1点追加で4点目

さらに、ノーアウト2・3塁でアンディー・ダークス(RF・Dirks)が四球で出塁。ノーアウト満塁となったところで、バッターはミゲル・カブレラ(Cabrera, M)。

ミギーがグランドスラム

ミギーは、フルカウントまで行きましたが、甘く入った6球目をフルスイングし、これが満塁ホームラン! タイガースはこの回一挙8点を上げ試合を決めました。

【動画】Cabrera’s grand slam2013年6月1日)

タイガースは、バーランダー降板後、スマイリー(Smyly)が2イニングをヒット1本に抑える好投を見せ、10-3でオリオールズを下しました。

ミギーとクリス・デービスは?

このゲームのミギーとクリス・デービス(Davis, C)の打撃成績ですが、今日のミギーは満塁ホームラン1本の4打数1安打4打点。シーズン成績を打率(.369)、HR(17)、打点(65)としました。

一方のクリス・デービスも4打数1安打。打点は1つ上げております。シーズン成績を打率(.354)、HR(19)、打点(51)としております。

打点が飛び抜けていたミギーですが、今日の満塁ホームランでさらに抜けました。また、差がついていたホームランの数もいつの間にか2本差に。この2人、これからも注目ですね。

ゲームリキャップです↓

【動画】Recap: DET 10, BAL 32013年6月1日)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました