スポンサーリンク

【MLB Injury 2024】ルーカス・ジオリトのUCL部分断裂がレッドソックスに与える影響(追記あり)

おそらく避けられないトミー・ジョン手術

 現地2024年3月5日、スローイング・セッション中に右肘に違和感を覚え、病院へ直行したレッドソックスのルーカス・ジオリト(Lucas Giolito/29)。初期の見立てでは、右肘UCL(Ulnar Collateral Ligament: 尺骨側副靱帯)の部分断裂及び右前腕部屈筋の捻挫と診断され、この時点で開幕ILは100%に近い確率で決定。その上でファンも関係者も思っていることは、トミー・ジョン手術をいつ行うのか?という点です。

 これに関し、現地2024年3月6日にアレックス・コーラ監督が更新情報を提供。ジオリトはこれから整形外科医であり、スポーツ医学および関節鏡検査の権威であるジェフリー・R・デュガス医師(Dr. Jeff Dugas)によるセカンド・オピニオンを受けることが決定。当該医師の診断をもとにファイナル・ディシジョンを下すことになります。

 29才という年齢から考えても、ここで思い切って手術を選択するのは自然な成り行きでもあります。まだトミー・ジョンが決定した訳ではないですが、最悪を想定した場合、どうなるのか見てみたいと思います。

追記:肘の手術へ

 現地2024年3月11日、ルーカス・ジオリトの肘の処置に方針が出ました。結果、手術を行うことに。ただ、手術の概要は明らかになっておりません。トミー・ジョン手術は実際、メスを入れないとわからないことが多いとも言われますので、術後の発表を待つしかないでしょうね。

ジオリトは2年契約

 レッドソックスが今オフにルーカス・ジオリトとサインした内容は以下の通りです。

  • 2 年/$38.5M (2024-25) + コンディショナル・オプション
    • $18M(2024)
    • 2025 : $19M プレーヤー・オプション ($1M バイアウト) 
    • 2026 : 2025年にプレーヤーOptを行使した場合は2026年は下記のいずれか。
      • $14M クラブオプション
        • 2025年にジオリトが140.0 IP未満だった場合
      • $19M ミューチュアル・オプション ($1.5M バイアウト)
        • 2025年にジオリトが140.0 IPに達した場合
    • パフォーマンス・ボーナスあり:$1M/年 ($0.25M/150、160、170、180 IPごとに)

 2年目がプレーヤー・オプションになっており、仮に2024年が全休になったとしてもジオリトにオプションの行使権がありますから、2025年は$19Mのサラリーということに。もしも2024年終了後に市場に出た場合は、バイアウト分$1Mのみで済みますが、こういった場合、ジェームス・パクストンもそうでしたが、プレーヤー・オプションを行使して残ることになりがち。

レッドソックスのCB TAX

 現地2024年3月6日時点のレッドソックスの贅沢税上の40manのサラリーの計算は、予想額としておよそ$198M。今季の閾値は$237Mですから、まだスペースはあります。

【レッドソックスの2024年の$10M以上の高額サラリー】

  • デバース:$29.1M
  • ストーリー:$23.33M
  • 吉田選手:$18M
  • ジオリト: $19.25M
  • ジャンセン: $16M 

 現時点でレッドソックスは右腕のブライアン・ベイヨーとの延長契約がほぼ決まりかけており、そうなると、さらなる支出も見込まれます。ただ、ベイヨーの場合は向こう2年ほどは、少額で抑えられそうです。

次なるFA投手の獲得なるか?

 ルーカス・ジオリトが非常に良かったのは2020年を真ん中にしたその前後2年(計5シーズン)。2020年は60試合の短縮シーズンゆえ4勝3敗に終わりましたが、それを除けば2018、2019、2021、2022といずれも二桁勝利をクリアー。150.0 IPは期待出来るタフガイでもありました。

 2022年からERAが4.00を上回る数字となり、今思えばその頃から肘が本調子でなかったのでしょう。そんな中、2年契約したレッドソックスがジオリトに期待したのはまずはイニング・イートでもありました。

 そのイニング・イートも2024年はままならなくなる可能性が大きくなった今、レッドソックスはこの枠を埋める戦力を補強するしかありません。

 噂になっているのはレンジャーズをワールドシリーズチャンプに押し上げた左腕のジョーダン・モンゴメリー。噂になれど、なかなかディールが決まらないのは条件面で折り合いがついていないということですね。

 その他にも2023年のトレード・デッドラインでフィリーズに移籍したマイケル・ローレンツェンの存在もあります。

 果たしてレッドソックスはこれら2人のうち1人を確保できるでしょうか??注目ポイントです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました