スポンサーリンク

【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始

ビックネームのリハビリ

 現地2021年7月20日、2人のビッグネームのリハビリのいいニュースが入ってきましたので、記しておきたいと思います。

 ボストン・レッドソックスのエース、クリス・セール(Chris Sale)がダブルAのゲームにリハビリ登板。調整に大きな丸印を得ることが出来た素晴らしい内容のピッチングとなりました。

 また、大谷選手に大きな負担がかかったままのエンゼルスにも朗報。マイク・トラウト(Mike Trout)がベースランニングを開始。こちらも復帰に良い一歩を踏み出しています。

 まずはクリス・セールの話題から。

クリス・セール、復帰への第一関門、ダブルAで好投

 現地2021年7月20日、クリス・セールはレッドソックスのダブルA、ポートランド・シードックス(Portland Sea Dogs)のゲームに登板。相手はナショナルズのアフィリエイト、ハリスバーグ・セネターズ(Harrisburg Senators)。

 なおスタンドは 7,368名が入り、大盛況でした。

ポートランドはどこ?

 蛇足ではありますが、ポートランドはどこの州かというとメイン州です。メイン州はボストンのあるマサチューセッツ州よりさらに北で、海沿いにあります。西隣はカナダのモントリオールというロケーション。ちなみにセネターズのハリスバーグはどこかというと、ペンシルバニア州。フィラデルフィアがペンシルバニア州です。ハリスバーグはフィラデルフィアより東に位置しています。

MAX 97mphを計測

 クリス・セールですが、この日は打者12人、3.2イニングを投げ、ヒットレス!奪三振6で与四球が1。1stピッチから96mphマーク。最速は97mphを計測しました。

 まったく打撃をさせなかったという素晴らしい結果となりました。

2020年3月にトミー・ジョン手術

 クリス・セールが前腕部痛でメジャーのマウンドを後にしたのは2019年8月13日のこと。なんとかトミー・ジョン手術の回避の道を探っていましたが、結局、手術を行うことに。手術は2020年3月20日に行われ、この日はちょうど1年4ヶ月が経過したところです。

 トミー・ジョン手術のリハビリに焦りは禁物で、別に焦っていたわけではないと思うのですが、メッツのノア・シンダーガードはリハビリがオーバー・ペースになってしまい、結局復帰が遅れる事態に。彼の場合、スイングが強すぎるのではと心配になるほどでした。

 その点、クリス・セールはペースを遵守。レッドソックスの場合、かなり投球管理にはうるさいので、余計にはやる気持ちを抑えることもできたのでしょう。

リハビリ登板は2度め

 クリス・セールのリハビリ投球はこれが2度め。1度目はルーキーリーグで3イニングを投げ、被安打4、スコアレス、与四球0、奪三振5。

 初登板で色々手探りで投げていたので、被安打4となりましたが、これは気にすることではありませんでした。

 そしてこの日のヒットレス投球。ダブルAのレベルでヒットレスだったという結果もさることながら、97mphの強いボール、49球という投球数、うち34球がストライクだったことなど、肘への負荷、耐久性、バランスといろいろな面で関門をクリアーした感じです。

 これで投球翌日に肘が悲鳴を上げることがないかどうか。おそらく大丈夫でしょう。

 これからメジャー復帰に向けて、ペースを上げることができそうです。

メジャー復帰後も球数制限はある見込み  

 なお、レッドソックスのことなので、メジャー復帰後も球数制限をかけて二次災害が起こらないようなプランを作ると思われます。

タナー・ハウクとのコンビが楽しみ

 これでクリス・セールが復帰すれば、右のクリス・セールと言われるタナー・ハウクとのコンビが楽しみです。おそらくハウクは先発に回ると思うのですが、仮にリリーバーだった場合、左のクリス・セールが先発し、タナー・ハウクがリレーしたすると、クリス・セールが左右で続く状況となり、相手打線がどう反応するか見てみたいです。

 また、タナー・ハウクが先発だったとしても、3ゲームシリーズでクリス・セールが左右で2度登板するような状況になるのも見ものです。

 クリス・セールのメジャー復帰はかなり近そうです。

 次はトラウトの話題です。

マイク・トラウトがベースランニングのリハビリへ

 エンゼルスの主砲、マイク・トラウトがふくらはぎを傷めたのは現地2021年5月17日のこと。

 これがなかなか厄介な怪我で、まだ復帰の明確な予定は立っておりません。しかし、現地2021年7月19日頃からベースランニングを開始。徐々にふくらはぎに負担をかけるリハビリがスタート。

 まだ数週間と言われていますので、7月中は難しそうです。8月2週目くらいが復帰時期の目安かもしれません。

 トラウトが復帰しないと大谷選手が休めません。オールスター後はさすがに疲れも垣間見せているように思うので、なんとか早めに復帰できればと思います。

 エンゼルスはポストシーズンにかなり厳しい状況になりましたが、自軍が連勝し、ライバルが連敗すれば一気に差は縮まることもあるので、トラウトがしっかりと完治させ、フィールドに戻ってくるのを待つばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

編集後記「五輪のソフトボール開幕」

 ところで今日は令和3年7月21日。ソフトボール・野球関係者には記念すべき日。

 そう、ついに両競技がオリンピックに還ってきました。ソフトボールは福島・あづま球場で開幕。上野投手が先発し、オーストラリアを8-1で5回コールド。福島・あづま球場は2019年に人工芝を敷設。やけど防止のチップもふんだんに撒いているとは思いますが、この暑い中、デーゲームでの開催でソフトボールの選手たちはどうぞ膝頭や肘をやけどしないように、且つ、精一杯暴れまわってください!日の丸由来の赤いユニフォームもかっこよかったです。

 そして福島の中学生による始球式も胸アツでした。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました