スポンサーリンク

【MLB2023】タイガースの新GMに ジェフ・グリーンバーグが就任!NHL経由でGMに

MLB-NHL-MLB

 現地2023年9月21日のこととなりますが、デトロイト・タイガースは新GMにジェフ・グリーンバーグ(Jeff Greenberg)氏を採用したと発表しました。

 37歳という非常に若いGMになりますが、フロントオフィスとしてMLBだけでなくNHLも経験。この外部での経験を活かしてもらおうと期待されております。

スコット・ハリスと長年コンビ

 このジェフ・グリーンバーグを語る上で欠かせないのがスコット・ハリス(Scott Harris)氏です。

スコット・ハリスとは

 スコット・ハリスといえば、カブス時代に”神童”と呼ばれたほどの人材で、カブスでアシスタントGMを務めていました。そのスコット・ハリス氏を引き抜いたのがサンフランシスコ・ジャイアンツで、現地2019年11月10日に新GMとして採用しました。

スコット・ハリスは前のSFGのGM

 ジャイアンツにはファーハン・ザイディ氏というこれまた非常に優秀なBaseball Operationsのトップがいますが、この人は元はドジャースのGMとして敏腕をふるった人物で、ジャイアンツはザイディ=ハリス体制でクラブを強化していきました。

 その1つの大きな成果として2021シーズンの戦績が上げられます。ブルース・ボーチーからゲイブ・キャプラー体制となった2年目、バスター・ボージーのファイル・イヤーとなったこの年に、ジャイアンツは107勝55をマーク。2013年からディビジョン・タイトルをものにしてきたドジャースに唯一、土をつけたのがこの年のジャイアンツでした。

 なお、2021年はドジャースも106勝を上げ、双方ともにレギュラー・シーズンの地区優勝争いに死力を尽くした感があり、ポストシーズンではジャイアンツはドジャースとのNLDSに敗れ、ドジャースはブレーブスとのNLCSに敗れました。

タイガースがGMを解雇

 そして、2021に77勝85敗で長年のリビルドからようやく復活への手応えを掴みかけたタイガースは、オフに戦力を補強。ハビアー・バイエス、E・ロッドなどを獲得。地区優勝を狙ってスタートした2022シーズンでしたが、FA選手はともかく、肝心要のトップ・プロスペクト達が不発。

 スペンサー・トーケルソンは開幕ロースターに入ったものの、7月にマイナー落ちするほど苦戦。ライリー・グリーンは怪我で出遅れ、平均以下の数字。マット マニングはトミー ・ ジョン手術で、ケイシー・マイズも怪我で機能せず・・・。

 まだ後半戦が始まって間もない現地2022年8月10日、タイガースはBOのエグゼクティブ・バイス・プレジデントでGM兼任のアル・アビーラを解雇するに至りました。

タイガースのPOBOにスコット・ハリス

 そこで、タイガースがジャイアンツから引き抜いたのがスコット・ハリスです。スコット・ハリスは2022年9月19日にタイガースのPOBO(President of Baseball Operations)として採用されました。

 このポジションのオファーがあれば、やはり受けてしまいますよね。

 ジェフ・グリーンバーグは、もともとスコット・ハリスがカブスのアシスタントGMを務めていた時からの知り合いで、ともに11年間働いてきました。

 カブス時代にはプロスカウト部長(director of pro scouting)、BOの部長(director of baseball operations)そしてアシスタントGMを務めました。

NHLシカゴ・ブラックホークスへ

 2022年、グリーンバーグは野球界から完全に離れ、NHLのシカゴ・ブラックホークスのアソシエイト・ゼネラル・マネージャー(GM)として採用されることに。

 ブラックホークスでは16ヶ月という期間でしたが、ホッケー・オペレーションにおける戦略的システムとプロセスを監督すると同時にスカウティングと選手育成にも携わっていたとされています。ホッケー・オペレーションとはベースボール・オペレーションのホッケー版で、グリーンバーグ要はブラックホークスの編成と育成に携わっていたと。

再びMLBへ

 そして今回、再びスコット・ハリスと仕事をするためにMLBに戻ってきたという流れです。

 なお、タイガースは、アシスタントGMとして、ロブ・メッツラー(Rob Metzler)、ジェイ・サルトリ(Jay Sartori)とサム・メンジン(Sam Menzin )の3人を配置。ジェフ・グリーンバーグを支援します。

 このうちのロブ・メッツラーは、スコット・ハリスがPOBOに就任後の2022年10月にレイズから引き抜かれた人物。レイズはBOが優秀過ぎて、その要職がすぐに引き抜かれてしまいます。ハイム・ブルームもそうですね(レッドソックスの元編成トップ)。

 タイガース、NHL経由の面白い背景をもったGMで今オフ、どういう編成にするのか、非常に楽しみですね。

 2022年に不発だったトップ・プロスペクト達が今季はかなり機能し始めたので、2023年は楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました