スポンサーリンク

【MLB2023】Dバックスがフィリーズに完勝し、NLCSもGm7で決戦!M・ケリーが好投!

NLCSもGm7の決戦へ

 現地2023年10月23日のDバックス@フィリーズのNLCS Game6は舞台を再びフィラデルフィアに移して行われ、すでに3勝を上げているフィリーズのワールドシリーズ進出を見るべく、スタンドには45,473人の観衆が集まりました。言わずもがな、ほとんどがフィリーズ・ファンです。

 いつもならファースト・ピッチから大声援が続くフィラデルフィアですが、いかんせん、この日はDバックスの良いところばかりが目立つ一戦となり、スタンドのボルテージもこれまでとは打って変わって静かな時間が続きました。

アーロン・ノラが5回途中4失点

 フィリーズ先発はアーロン・ノラ。今ポストシーズンは好調でここまで3試合に登板し、いずれも勝ちがつく好投を見せていました。3試合トータルのERAは0.96。抜群の数字を残していましたが、この日はちょっと勝手が違いました。

ファム、グリエルが連続HR

 アーロン・ノラは立ち上がりにコービン・キャロル、ケーテル・マルテのうるさい1、2番から連続三振を奪い、上々のスタートを見せましたが、2回表に捕まりました。

 2回表、先頭のトミー・ファムへの5球目のナックル・カーブがハンギング・カーブとなってしまい、これをLFスタンドに放り込まれてまずは1失点。

 つづくルルデス・グリエル・Jr.にはシンカーをうまく打たれ、今度は左中間スタンドに放り込まれるBack to BackのHRを浴び2失点目。

 さらにアレク・トーマスを四球で歩かせた後、エバン・ロンゴリアには左中間深くを破る、あわやHRかという大きな二塁打を打たれ、1塁ランナーのアレク・トーマスの生還を許して3失点目。このイニングはあっと言う間に3点が入ったというイニングでした。

 3回、4回にようやく落ち着いてきたアーロン・ノラでしたが、5回表にコービン・キャロルのシングルとケーテル・マルテのRF線を破る3塁打でもう1失点を許し、スコアは1 – 4。フィリーズにとってまずい展開となっていきます。

 アーロン・ノラは5回1アウトで降板。被安打6、失点4、自責点4、BB 2、SO4、HR 2という成績でした。

M・ケリーが好投

 一方、破壊力抜群のフィリーズ打線ですが、Gm2で勝利したものの、メリル・ケリーにかなり苦戦していたのがこのゲームでも出ました。

 1回裏は2つの四球でチャンスをもらうも得点を入れることが出来ず。3点を奪われた直後の2回裏には、先頭のJT・リアルミュートの二塁打とブランドン・マーシュのタイムリーで1点を返すも、その後が続かず。3回裏にもランナーを出すものの得点ならず。

 フィリーズ打線は中盤に完全に沈黙。4回から6回まではヒット1本に抑えられます。

 メリル・ケリーは5イニングを投げ、被安打3、失点1、BB 1、SO 8と好投。見事にゲームメイクしました。

AZはブルペンがさらに機能 

 Dバックスは6回からライアン・トンプソン、7回途中にアンドリュー・ソールフランク、8回をケビン・ギンケル、そして最終回はポール・シーワルドが登板。このブルペン陣は2番手以降はフィリーズに3安打しか許しませんでした。

 8回のケビン・ギンケル、9回のポール・シーワルドはともにERAは0.00。もはや8回突入時にリードを保っていればそのまま逃げ切れるという程、後ろの2人が堅牢。フィリーズ打線に7回までに決めなければというプレッシャーも与えています。

心配になるPHI打線

 この日のフィリーズ打線は6安打しか放てず。シュワーバー、ターナー、ハーパーの1、2、3番と7番のニック・カステヤーノスがヒットレスでした。中心選手たちが軒並みこれではさすがにロブ・トムソン監督も手の打ちようがなかったです。

 スコアはDバックスが5-1で勝利。3勝3敗のタイとなり、決戦のGm7へ。

MLB Gameday: D-backs 5, Phillies 1 Final Score (10/23/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 どうもフィリーズはRHPだと打線が活性化しませんね。LHPの時の打率は.308なのに対し、RHPは.240です。Gm7のDバックスの先発はGm3で5.2IPでスコアレス、9Kを奪われたブランドン・ファートです。

 Gm7でフィリーズ打線がブランドン・ファートにどう対応するのか見ものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました