スポンサーリンク

【MLB2023】大いに機能しているDバックスのブルペン陣はリリースが千手観音

NLWCとNLDSを勝ち抜いた推進力

 MLB tonightを見ていていい意味でちょっと笑ってしまったのがこのプレーオフで大いに機能しているDバックスのブルペン陣についての動画です。

 こちらはDバックスがNLDSでドジャースをスウィープした日に投稿された分析と振り返りで、さすがによく見ているという内容の素晴らしい分析でした。

様々な角度から投じるDバックスのブルペン陣

 まずは核となる4人の投手についての動画です。

 そしてリリース・ポイントの分析。

LHP スリークォーター:ジョー・マンティプライ

 まずは左腕のスリークォーターのジョー・マンティプライ。今ポストシーズンでは、ブルワーズとのNLWC G1、ドジャースとのNLDS G1とG3に登板。 

 主に2番手、あるいは打順によって3番手で登板し、3試合の合計のERAがなんと0.00。出塁もNLWCでBBを1つ出したのみ。0.2 IP、0.2 IP、1.1 IPと3バッター・ミニマムが無ければ1ポイントで起用したであろう投手ですが、ことごとく抑えています。

 レギュラー・シーズンでは35試合で、39.0イニングを投げ、2勝2敗、ERA 4.62。ポストシーズンで化けましたね。

32才、2012年のフィリーズの28巡目指名です。

RHPサイド:ミゲル・カストロ

 実績もあるミゲル・カストロはもう30才を超えているのかと思いきや、まだ28才でした。

 2022年にヤンキースでALCS G1とG3に登板したのが初のポストシーズンで、2試合を投げてERAは0.00でした。今季は2度目のポストシーズン。

 2023年はNLWCのG1で登板し、0.2 IPでBB 1のみでスコアレス、NLDSではG1に登板し、8回の大事な場面で登板しましたが、ドジャースの反撃に合い、1.0 IPで、被安打1、失点2、BB2、SO 1。NLDSのERAは18.00になってしまいましたが、ベンチとしてはむしろ信頼のおけるサイドワインダーです。

 レギュラー・シーズンでは75試合に登板し、6勝6敗、ERAが4.31。オリオールズのイメージの強い投手ですね。2017年から2020年途中まで在籍しました。

LHPオーバースロー:アンドリュー・ソールフランク

 ドジャースとのNLDS Gm2を見て、そのコマンドの良さに驚かされたのが左腕のオーバースローのアンドリュー・ソールフランク(Andrew Saalfrank)でした。

 キケ・ヘルナンデスには結果的にCFへ抜けそうな2Bへの内野安打を打たれて失点しましたが、初球のストライクを外のゾーン外から中に入れるカーブで取るなど、非常にテクニシャンだと思いました。

 25才のルーキーで、ポストシーズン直前の9月5日にデビュー。レギュラー・シーズンでは10試合、10.1 IPで被安打7、失点2、自責点0、BB 4、SO 6、HR 0。 

 レギュラー・シーズンでの実績を買われ、そのままポストシーズンでもロスター・イン。

 NLWCではG2の8回に登板。0.2 IPでパーフェクトでした。NLDSでは2試合に登板し、G2で0.1 IP,G3で0.1 IPを投げ、ERAは0.00。ロブロ監督も左打者のここぞという場面でこのルーキーを使っています。ベロシティーは速くないですが、カーブのコマンドが良いです!

RHPサイドより下:ライアン・トンプソン 

 踊るように投げるサイドワインダーがライアン・トンプソン。元レイズにいた投手なので、あのフォームは馴染みのある方が多いかも。グラブ側の手が開き気味なのが特徴的です。

 今季は地獄からの復活です。レイズにいた2022年9月に右広背筋を傷めたライアン・トンプソンは、60 Day ILに入り、今季の開幕後も状態が改善せずにILを延長していました。マイナーでのリハビリを開始したのは、5月21日からで招集、降格を繰り返しました。今季、レイズでは18試合、17.2 IPで1勝2敗、ERAは6.11と苦戦。

8月6日にまたもやILとなったライアン・トンプソンは8月16日にレイズの40manロスターから外れるDFAとなり、同日リリース、そしてFAとなりました。

 それを拾ったのがDバックスで、8月19日にマイナー・ディールでサイン。トリプルAで試投した後、8月27日にメジャーに上がりました。

 怪我も治ったライアン・トンプソンはDバックスで残り1ヶ月で13試合、13.0 IPを投げ、ERAは0.69。完全に戦力となったのでした。

 2023年のポストシーズンではNLWC G1、G2、NLDS G2,G3の4試合に登板。ほぼ1.0イニングずつ投げ、ここまで計5.0 IPで被安打5、失点2、自責点2、BB 1、SO 4。HRは0。ERAは3.60。ドジャースとのNLDS G3で6回表に被安打4、失点2の集中打を浴びましたが、それまではERAは0.00でした。

 見事に復活を遂げましたね。

RHPオーバースロー:ケビン・ギンケル

 Dバックスのブルペン陣の中で唯一、トラディショナルなオーバースローなのが、ケビン・ギンケル(Kevin Ginkel)です。

この人は29才で、2016年のDバックスの22巡目指名の投手。ドラフトではジャイアンツ、レッドソックスから指名を受けましたが、拒否。上位ピックを狙ったものの、22巡目でのプロ入りとなりました。なお、2014年にジャイアンツからピックされた時の16巡目が一番高いピックでした。

 2019年にデビューし、以降はDバックスのブルペンとして投げ続け、2023シーズンは60試合で、9勝1敗、ERAは2.48とキャリアハイの成績を残しました。

 今季が初のポストシーズンとなったケビン・ギンケルはここまで4試合に登板。NLWC G1、G2,NLDS G2、G3に投げ、ERAは0.00。NLDSではヒットさえ許していません。非常に安定しております。

RHPサイド上気味:ポール・シーワルド

 そして最後はご存じ、ポール・シーワルド(Paul Sewald)です。

2022年、マリナーズでALWC、ALDSを経験したポール・シーワルドは今季は2度目のポストシーズン。

 ここまで4試合に登板。NLWC G1、G2、NLDS G2、G3。9回のセーブシチュエーションをことごとくものにし、ここまで4セーブ。4試合で打たれたヒットは2本のみ。スコアレス、BB0、SO 5。完璧です。まさに守護神です。

 レギュラー・シーズンではマリナーズで、45試合、43.0 IPで21SVをマークし、ERAは2.93。

 マリナーズはトレードデッドラインで売りに転じ、ポール・シーワルドをDバックスへ。アンドレ・ムニョスでカバー出来るという公算があったのでしょうね。そのマリナーズはポストシーズン進出を逃しました。

 守護神を得たDバックスは8月初旬こそチームがうまく機能せず、12勝15敗。9月に4連勝を2度マークするなど、15勝12敗に。

 歯車が回りだしたのはシーズンも後半のことで、そこからはポール・シーワルドの価値がうんと高まりました。

 ポール・シーワルドのDバックスでの成績は20試合、13SVでERAは3.57。

ロブロ監督、上手に回す

 先発ローテーションとともに、ブルペンもロブロ監督はうまく回し、可能な限り連投とならないようにケアしています。

 今度はフィリーズとのNLCS。大声援の中でのG1、G2です。バランスの良い左右の打者を要するフィリーズにどう対処するのか非常に興味深いです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました