スポンサーリンク

【ALDS2018】8回にC・セール投入!レッドソックスが2013年以来のALCSへ

スペシャル・イベント

いやー、面白いゲームでした。レッドソックス目線から言えば、ヒヤヒヤの辛勝でしたね。

現地2018年10月9日のALDS Game4のレッドソックス@ヤンキース戦は、終盤に双方のギリギリの攻防が見られ、最終回にあわや大逆転のピンチに見舞われながらも、レッドソックスが序盤に上げた4点を守りきり、4−3のスコアで勝利。見事ALCSへの進出を決めました!

R・ポーセロ、5回1失点

いささかレッドソックス目線での書き方になることはご容赦いただければと思います。

まず、レッドソックス先発のリック・ポーセロが見事にゲームを作ってくれました。

ポーセロはボールに動きがありハマると手がつけられないのですが、スピードがない分、一発を浴びるリスクもあります。その悪い方のポーセロが出てしまわないか、いささか心配していたのですが、それは杞憂でした。この日は5回を被安打4、失点1でうまくまとめてくれました。

サバシアが苦しいピッチング

出来の違いが出てしまったのがヤンキース先発のサバシア。ストライクコールをめぐって主審とも息が合わず、立ち上がりから不安定なピッチング。

初回の満塁のピンチでは、キンスラーに大きなLFフライを打たれましたが、下手をすると満塁HRになっていたかもしれない大きな当たりで、球威、コントロールとも今ひとつという印象を与えました。

そして、3回に死球とシングルが絡み満塁となり、犠牲フライと2本の長短打で3失点。サバシアは3回、3失点で降板となりました。

レッドソックスは4回表に9番Cのクリスチャン・バスケスにソロHRが飛び出し、4−0とリード。序盤で差を広げることが出来たという理想的な展開でした。

ヤンキースは5回裏に打線がつながり、ガードナーの犠牲フライで1点を返し、4-1に。

バーンズ、ブレイジアが完璧リレー

その後はヤンキース、レッドソックスともブルペンが好投。ヤンキースのD・ロバートソンが1回2/3をヒットレス投球、さらにD・ベタンセスも8回の満塁のピンチを切り抜け流れを引き寄せる投球を見せれば、レッドソックスのブルペンも6回のマット・バーンズ、7回のライアン・ブレイジアがパーフェクト・リレーを披露。互いにゲームの流れを渡しませんでした。

そして、A・コーラ監督が1つの決断を下します。

「もうGame5は戦わない」

8回にC・セール投入

レッドソックス・ベンチは双方への意思を示すように8回裏にエース、クリス・セールを投入。この采配はかなりしびれました。寝た子を起こすリスクもあるものの、気合を入れ直す上では必要な采配であったと思います。

C・セールは期待に応え、8回をパーフェクトに抑え、C・キンブレルに最後を託しました。レッドソックスブルペンの6回、7回、8回の3イニング・ヒットレス投球は素晴らしかったです。まさにアルティメット・セットアップ。

レッドソックスの9回の攻撃はA・チャップマンに3人で片付けられ、いよいよ9回裏に。

キンブレル、大ピンチを迎える

レッドソックスが4−1で3点リードをして迎えた9回裏でしたが、ヤンキースはやはりすんなりとは終わらせてくれませんでした。負けたら終わりという点では夏の選手権の最終回の攻撃を彷彿とさせるものがありました。

その模様です。

  • 先頭のA・ジャッジが四球で出塁。
  • 次打者のD・グレゴリアスは1、2塁間を抜くライト前ヒット。
  • G・スタントンは三振で1アウト
  • L・ボイトが四球(満塁)。代走にA・エチェバリア
  • N・ウォーカーが死球で押出し。(BOS 4-2 NYY)
  • G・サンチェスがLFへ大飛球の犠牲フライ(BOS 4-3 NYY) 2アウト
  • G・トーレスが3Bゴロ。E・ヌニェスS・ピアースの好守備でアウト。ゲームセット

ノーアウトでランナー1、2塁になった時は1発で同点の場面ですから、これはまずいなと思いました。しかもジャンカルロ・スタントンが打席です。

ただ、後でVTRを見ると、ジャンカルロは外の変化球にまったく合っていなかったので、Cのバスケスはリードしやすかったと思われます。

嫌だったのがN・ウォーカーでした。この日も1本打っていましたし、左打席でキンブレルのボールが見やすいからです。スライダーが引っかかってHBPになったのは1点は与えたものの幸いだったかもしれません。

G・サンチェスの大飛球は危なかったですね。

最後はチャレンジ判定となりましたが、4−3でレッドソックスが勝利。ALCSへの切符を手に入れたというゲームでした。

レッドソックスはGame3とGame4の2試合でA・ジャッジをたった1安打に抑えたのは大きかったと思います。

そして、2017年オフにSFGから獲得したE・ヌニェス、今トレードデッドラインでTORから獲得したS・ピアース、よくぞこの2人を補強していたと思います。GMの慧眼です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました