【MLB用語集】MLSタイム(MLB在籍期間)

こんにちは(^^) 今回も用語集です。

MLBのFA(フリーエージェント)資格が得られる在籍期間は6年、年俸調停(Arbitration)が出来る資格が与えられる期間は3年です。「FA6年、調停3年」です。

ではこの在籍期間をどう計算するか?ですが、それについては独自の算定方法があります。

それが、MLS(Major League Service)Time日本語に訳す必要はないとは思いますが、もし訳すなら「メジャーリーグ在籍期間」ですね。意味合いで考えると概念が少しわかった気がするのですが、要はメジャーリーグにサービス(仕えた)期間というような考え方になります。

そのメジャーリーグ・サービス・タイム(略はMLS)ですが、どのように算定されるかと言うと、こうなります。

サービスタイムの計算

MLSは、メジャーリーグのロスターにどれくらいいたのかが問われます。つまり、アクティブ・ロスター25人枠に入っていた期間が計算されます。

ただし、9月からレギュラーシーズン終了までは40人枠へ拡大するので、9月からはあらたに40人枠に入った選手もアクティブロスター扱いで、計算されます。

アクティブロスター(25人枠)にいた期間

(9月から40人枠に新たに入った人も25人枠にいたものとしてカウントされる)

そして、レギュラーシーズンは162試合で毎年4月から10月終わりまで開催され、日数的にはだいたい180日前後です。例えば、2012年だと4月5日から10月3日までの開催で181日ありました。半年ですからそうですね。よってサービスタイムは、このようにも考えられます。

1年を172日と考えてカウント

移動日なども考えて162日+10日

アクティブロスターにいた期間なので、下記のような期間もカウントされます。

  • 故障者リスト(15日10日/60日)の期間。アクティブロスター上ならカウントされる。
  • 審判への暴言などによる出場停止期間もアクティブロスター上にあるならカウントされる。
  • 例えば木曜日に25人枠に呼ばれて、金曜に登録されれば計算は金曜から。
  • 解雇が決まれば、解雇通知を受けた日で計算は止まる。
  • 移籍の場合は、相手先のチームに25人枠登録された時からまたカウント。

MLSの表示方法

たとえば、MLSに該当する期間が2年と34日の選手は、2.034というふうに表示されます。

上のFAと調停の資格取得をMLSの表示風に書きますと、

  • FAは6.000年 
  • 調停は3.000年
  • MLS期間が10.000年を過ぎ、なおかつ現在在籍しているチームに5.000年以上在籍している選手はトレードを拒否できる。

実際にどう書かれてあるかというと下記のような感じです。これはBaseball Referenceにかかれてある数字です。ケガでアクティブロスターを外れた場合はカウントがストップ。アクティブロスターに復帰した場合はカウントがスタートしますので、スタート、ストップが繰り返された上での数字です。

(例)

  • デレク・ジーター(1995-2012): 17.043
  • イチロー選手 (2001-2012): 12.000
  • 松井秀喜選手 (2003-2012): 9.065
  • 野茂英雄投手 (1995-2008):10.072

                                                       2012年12月時点

野茂さんなどは、95-08ですから14年あるように思えますが、2006、2007の2年間はマイナーでしたので、実質12シーズンということになります。このうち、アクティブロスターに入っていたのが10年と72日ということになります。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク