スポンサーリンク

【MLB移籍2023】パドレス、ルーグネッド・オドーアをマイナー・ディールで獲得

2022シーズンのBAL躍進にも貢献

 現地2023年3月1日、サンディエゴ・パドレスがオリオールズからFAとなっていた2Bのルーグネッド・オドーア( Rougned Odor)とマイナー・ディールで合意となりました。現時点ではフィジカル・チェックの結果待ちでまもなくオフィシャルとなります。

 またルーグネッド・オドーアはスプリング・トレーニング招待選手としてメジャー・キャンプに招集されます。

契約内容

 現時点ではマイナー・ディールではあるのですが、おそらくですが、メジャーに上がった場合の金額も設定されているスプリット・コントラクトとなると思われます。そうでない場合はメジャー最低年俸のサラリー設定になります。

ルーグネッド・オドーアとは

 ルーグネッド・オドーアと言えば、ホセ・バティスタへの強烈なパンチで有名となりましたが、一時期はメジャーの若手で最高の2Bと言われたことがあります。

 1994年2月3日生まれで、ベネズエラ出身のオドーアは、現時点で29才になったばかり。

2014年、20才でメジャーに到達

 ルーグネッド・オドーアは2011年1月にアマチュアFAとしてレンジャーズとサイン。この時、まだ17才です。プロでのファースト・イヤーは、ルーキー・リーグを経ずにいきなりクラスAマイナスに所属。2013年にはダブルAに到達。ダブルAでは打率.306、OBP .354、SLG .530、HR6をマーク。

 2014年はダブルAで開幕を迎え、32試合で打率.279、OBP .314、SLG .450をマーク。同年5月8日、当時レンジャーズでセンセーショナルな活躍を見せていたジュリクソン・プロファーが故障したことでメジャーに昇格。オドーアのメジャーデビューは20才だったのです!!

2016年はMLBの若手2BのNO.1

 2014年のデビューイヤーは、114試合で100安打を達成。打率.259、OBP .297、SLG .402、HR 9、14 ダブル、7 トリプル、48 RBIをマーク。

 2015年には HR 16、RBI 61をマーク。

 そして2016年、オドーアは150試合に出場し、605打数164安打で、打率.271、OBP .296、SLG .502、HR 33、RBI 88、33ダブル、4トリプルをマーク。BBが19で、これが3割を切ったOBPの要因でもありましたが、それをパワー、堅実なバットコントロール、2Bでの質の高い守備で大いに打ち消したのでした。このシーズンはMLBの若手2BでNO.1の呼び声が上がったほど活躍。

ホセ・バティスタへのパンチングも2016年

 なお、ルーグネッド・オドーアを一躍有名にしたホセ・バティスタへのパンチングも同シーズンでの出来事になります。

 因縁は前年の2015年のALDS Game5までさかのぼります。2015年10月14日、トロントで行われたALDSのファイナル・ゲームは7回表を終え、2-3とレンジャーズがリード。7回裏、ブルージェイズはジョシュ・ドナルドソンのポップフライで3-3の同点に追いつき、まだランナーが2人いる状況。ここで打席に立ったのがホセ・バティスタ。バティスタは、レンジャーズのサム・ダイソンの2シームを見事に仕留め、これが左中間スタンドに入る勝ち越しの3ランHRに。この時、大きくバットを放り投げます。

 結果、このゲームは6-3のスコアでレンジャーズが勝利。ALCSへ勝ち進んだのでした。なお、この年はロイヤルズがワールドシリーズを制しました。このバット・フリップにレンジャーズはカチーンと来ていたのです。

2015 American League Division Series (ALDS) Game 5, Texas Rangers vs Toronto Blue Jays: October 14, 2015 | Baseball-Reference.com
Toronto Blue Jays beat Texas Rangers (6-3). Oct 14, 2015, Attendance: ...

 そして、2016年5月15日、今度はアーリントンで相まみえた両雄。8回表、1塁ランナーにホセ・バティスタ。ジャスティン・スモークが放ったボテボテの三遊間への3Bゴロをエイドリアン・ベルトレが処理し、素早く2Bカバーに入ったオドーアに送球。ダブル・プレーかと思われましたが、バティスタによるハードスライディングにより、1塁送球が逸れてダブルプレーとならず。

 このハード・スライに対して、オドーアは前年のバット・フリップのこともあり、瞬間にスイッチオン。強烈なパンチを見舞ったのでした。

 これにより両者は退場処分。オドーアには、8試合のサスペンションと$5,000ドルのペナルティーが科されましたが、不服申立てをしたことで7試合に減りました。

2017年に確実性が消える 

 前年に良い結果を出したオドーアは、2017年は162試合に出場。まさにゲームに必要な選手になったわけですが、この年は確実性を失いました。

 このシーズンは、30HRを放って2年連続の30HR超えを達成。RBIも75を数えて素晴らしかったのですが、いかせん、打率が.204で、OBPがたったの.252。BBは32個を数えたものの、BB%は4.9%でリーグ平均の約半分。

コンタクト率の上昇が鍵

 2016年に活躍したオドーアは、年々コンタクト率が落ちているのは確か。2018年にOBPを.326に上げ、2019年もレンジャーズで145試合に出場するも、107安打で178三振。2020年以降は、平均打率が.199、OBPが.269とかなり厳しい数字になっています。

 2022年、オリオールズでは135試合に出場し、三振数は109に減らしたものの、88安打にとどまり、打率は.207、OBPは.275。

 2016年から2017年にかけての2年連続の30HRがオドーアのクオリティーを下げてしまったのかもしれませんね。

 とは言え、オドーアは2022年、若手がひしめくオリオールズの野手陣の中で、リーダー的な存在でもありました。彼が守備についていることで締まり、時に好機でのヒットでクラブを牽引したのも確かなことです。いい重しになっているなと思い、見ていました。

【YOUTUBE】Blue Jays vs. Orioles Game Recap (8/9/22) | Baltimore Orioles

 ただ、シーズン後半は自身の打撃でのフラストレーションか、怒りを露わにするシーンも何度か見ました。毅然とした態度でいてくれたら良いのにと思ったものです。

 とにかく打撃でのコンタクト率が上がることを願うばかりです。まだ29才。守備は一級品ゆえ、サバイブしてもらいたいと思います。

 パドレスの三遊間はマチャードとボガーツで決まり。不義理が続いていたタティス・Jr.も今季は復活しそうで、2Bも出来ると思いますが、ここはOFでの出場になるか微妙です。2Bのジェイク・クロネンワースが1Bに動くプランもありますが、マット・カーペンターを獲得しているので彼が1Bに入るケースも。

 いずれにせよ、オドーアには厳しい環境ですが、これをきっかけにモデルチェンジをしてくれればとも思っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました