スポンサーリンク

【MLB2023】ガーディアンズ、アンドレ・ヒメネスと7年/106.5Mドルで延長契約!

2022シーズン躍進の立役者の一人

 現地2023年3月28日、クリーブランド・ガーディアンズは、2Bで2022シーズンに打率.297をマークしたアンドレ・ヒメネス(Andrés Giménez )と延長契約に合意。まもなくオフィシャルとなります。

 現時点で24才のアンドレ・ヒメネスは短縮シーズンとなった2020年にメジャー・デビュー。当時はメッツに在籍していて、フランシスコ・リンドーアとカルロス・カラスコが動いたブロックバスター・トレードでインディアンス(当時の名称)に移籍。2022年にガーディアンズが躍進した要因の一人でもあります。

 アンドレ・ヒメネスのMLSは2023年1月時点で2.106。まだ調停ステータスまで至っていない中、ガーディアンズは大きな決断を下しました。

契約内容

 ガーディアンズがアンドレ・ヒメネスと延長契約に合意した内容は、現地2023年3月28日時点では以下の通りです。7年のスタートが2023年のソースと2024年のソースがあり混在していますが、2024年のスタートの線が濃厚です。内容が明確になり次第、追記します。

  • 7年/$106.5M(2024-2030)
    • サイニング・ボーナス $4M
    • 2031年 $23M オプション(パフォーマンス次第で$24Mに)+ $2.5Mバイアウト

調停期間+FAの4年間

 アンドレ・ヒメネスは上述の通り、2023年が終了してMLSが3.000を超えることから、今回の延長契約は、ガーディアンズがアンドレ・ヒメネスの調停期間とFAの最初の4年までをコントロール下に置く内容となっております。

ホセ・ラミレスと長期でガーディアンズに

 また、ガーディアンズはすでにクラブの顔とも言える3Bのホセ・ラミレスと2028年まで延長契約済み。よって、今回のディールは内野のコア部分の品質を長期で継続する、そんな意味合いもあります。

アンドレ・ヒメネスとは

 アンドレ・ヒメネスは1998年9月4日生まれの24才。2023シーズン終盤に25才になります。ベネズエラ出身。

 もともとは2015年7月にアマチュアFAとしてメッツとサイン。16才の時です。2016年にドミニカ・サマー・リーグでプロデビューし、2019年までマイナーで過ごし、最高はダブルA。

 開幕が遅れた2020年にメジャー・デビュー。トリプルAを経ずに上がってきたことになります。

2020年、21才でメジャー・デビューしたアンドレ・ヒメネスは60試合中、49試合に出場。打率.263、OBP .333、SLG .398、HR 3、RBI 12をマーク。

移籍当初から守備力は高く評価

 そして2021年1月、フランシスコ・リンドーアとカルロス・カラスコがメッツに動いたブロックバスタートレードの一人として、現ガーディアンズのSSのアーメッド・ロザリアとともにガーディアンズに移籍。

 アーメッド・ロザリオはメッツのSSとしてすでに活躍し、ガーディアンズのSSを埋める体を取っていましたが、トレードの時点ではアンドレ・ヒメネスの方が守備力が高いと考える人が多く、実際、ガーディアンズは2021年の開幕時、アンドレ・ヒメネスをSS、アーメッド・ロザリオをOFに、セイザー・ヘルナンデスを2Bに配置してしましたが、この時のアンドレ・ヒメネスは打撃が弱く、5月中旬には打率.179、OBP .226、SLG .308と大苦戦。

 結局、ガーディアンズはアーメッド・ロザリオをSSに戻し、ヒメネスは一旦はトリプルAに降格することとなりました。

 アンドレ・ヒメネスがメジャーに復帰したのは2021年8月で、その時は2Bとして出場。以降は2Bを守っています。

 2021年は68試合で打率.218、OBP .282、SLG .351、HR 5、RBI 16に終わりました。

2022年に大ブレーク

 前年の成績が成績だけに、あまり大きな期待をかけられていなかったアンドレ・ヒメネスですが、2022年はその能力が開花。

 146試合に出場し、打率 .297、OBP .371、SLG .466をマーク。HRはなんと17本、RBI は69を数えるまでの活躍。しかも盗塁は20。SO%も前年の25.7%から20.1%に低下し、大幅に品質を向上させました。rWARは7.4。

 オフには2Bとしてゴールドグラブ賞を受賞。オールスターにも出場し、MVP投票では6位に入る活躍を見せました。

 投手力が安定して良いガーディアンズは打撃が順位上昇の鍵となっていましたが、2022年はホセ・ラミレスを盛り上げるように、二遊間の二人が、.280以上の打率をマークしたことが順位上昇の大きな要因となりました。OFのスティーブン・クワンの活躍も大きかったですね。

WBCでも活躍

 ベネズエラ出身のアンドレ・ヒメネスは今WBCにもベネズエラ代表として参加。ベネズエラは2Bにホセ・アルトゥーベがおりましたので、アンドレ・ヒメネスは本職のSSを守りました。

 強打者が多い中、主に下位を打ったアンドレ・ヒメネスは、打率.294、OBP .368、SLG .294をマークしました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました