スポンサーリンク

【MLB移籍2023】ロイヤルズ、ザック・グレインキと正式サインへ

MLS 18.057 のベテラン右腕

 現地2023年2月3日のこととなりますが、カンザスシティ・ロイヤルズがMLS 18.057(2023年1月時点)のベテラン右腕のザック・グレインキと正式にサインしました。

 本日記事にしたのは現地2023年2月6日、そのディールの金額が明らかになったためです。

 ザック・グレインキは2023シーズンがメジャー20シーズン目。誕生日が1983年10月21日ですから、2023シーズンは39才で30代最後のシーズンとなります。

【YOUTUBE】Series-Opening Shutout | Royals Top Angels

契約内容

 ロイヤルズとザック・グレインキは以下の内容でサインしています。

  • 1年/$8.5M (2023)
    • パフォーマンス・ボーナス: 最大$7.5M
      • $0.45M x 10 (90 IP /95/100/105/110/115/120/125/130/135 IPごとに)
      • $0.3M x 10 (140 IP/ 145/150/155/160/165/170/175/180/ 185 IPごとに)

 パフォーマンス・ボーナスを除けば、$8.5M保証。もしも185.0 IPを投じたなら、パフォーマンス・ボーナスが満額となり、最大で$16Mのディールに。ちなみに2022シーズンは137.0 IPを投げています。

2009年のサイ・ヤング

 ザック・グレインキは、2002年のアマチュア・ドラフトでロイヤルズから1巡目指名を受けてプロ入り。全体順位は6位。この時、フロリダの高校を出たばかりで、高校生右腕の全体6位というのは非常に珍しいです。今の右投手のドラフト上位は大学生がほとんどを占めています。

 MLBデビューは2004年。ロイヤルズではMLBキャリアの最初の7シーズンを過ごし、2009年に33スタート、229.1イニング、16勝8敗、ERA2.16で見事にALサイ・ヤング賞を受賞。SO9が9.5、BB9が2.0、HR9は0.4をという素晴らしさ。

 ロイヤルズは1985年にワールドシリーズを制して以降、チーム力は徐々に低迷。特に1999年から2010年まではいわば暗黒期とでも言っていいような時期。この12年間の成績は、地区最下位(5位)が6度、地区4位が5度で最高順位は2003年の3位。ずっと沈んでいたような状態でした。

 2009年は4位のシーズン。そんな中にありながらも、上述の高品質のERAを叩き出してサイ・ヤング賞を受賞したザック・グレインキはいかに孤高で格好良かったか!ということでもあります。

 その後は、2011年から2021年にかけて、ブルワーズ、エンゼルス、ドジャース、Dバックス、アストロズに在籍し、いずれも成功。2022年に古巣に戻り、さあ30代最後のシーズンへという流れです。

143kmの投球芸術

 ザック・グレインキの2022年の4シームのアベレージは89.1mph。Kmh換算で、143kmhです。右投手の先発であれば、150kmh(93.2mph)以上が全盛の中、まさに独自路線というところ。

 ザック・グレインキが89mphでもメジャーのスターターを任せられているのは、一つには強烈なオフスピード・ピッチがあること。カーブのことです。

 ザック・グレインキはあくまで4シームを軸に投球を組み立てており、全投球の約40%近くを投げますが、上述のように93mphがアベレージです。それを速く見せるためにカーブを使っているわけですが、そのベロシティー(速さ)はなんと72.0 mph平均 ( 115.873 kmh )。2020年に至っては 70.5mph 平均( 113.45kmh )を記録。よく、イーファス(超スローボール)も投げていますが、それももちろん4シームを速く見せる手段の一つ。

 そのカーブですが、全投球の約20%を占めます。きれいに4シームの半分のシェアになっています。つまり4シームを2球投げれば、必ずカーブが1球ついてくるようなセット感で速く見せているということです。

 その他にもチェンジアップ、カット、スライダー、シンカーを持ち合わせており、投球シェアはこの順番。

 さらにザック・グレインキには、粗削りなプロスペクトにはない、実に丁寧なコマンドがあります。コマンドとは言ってみれば枠の出し入れ。ストライクを取れるかどうかがコントロールですが、それを進化させたのがコマンドで、ベテランほどしっかりと身に着けている技術。

 まさに投球芸術といったところです。

モリーナとのコンビも見たかった

 ロイヤルズの捕手、サルバドール・ペレスはGG賞5度のすごい捕手。2023年もザックとのバッテリーが見られるのはファンとしてはありがたいです。

 ザックは、ロイヤルズも含めて計6クラブに所属してきましたが、ヤディアー・モリーナを相手に投げるシーズンがあったとしたら、面白かっただろうなと思います。モリーナの場合、時に「ずるいよ」というようなダーティーなリードをすることもあるので、ザックを相手にしたのなら、どのようにして打者を出し抜くだろうと思うとなかなか興味深いです。

 但し、それ以前にコミュニケーションを取れるかどうかですが・・・

KCのピッチング・コーチはなかなか大変

 ブレイディー・シンガーを軸に、ローテーションを組み立てるロイヤルズは、FAで獲得したジョーダン・ライルズとともにザック・グレインキも獲得出来ました。

 左腕のダニエル・リンチ、クリス・ブービックにも頑張ってもらい、頼りになる5枚を作りたいところです。ブルペンとして数えられているかもしれませんが、レイズからノンテンダーとなったライアン・ヤーブローもいますね。

 ロイヤルズのブルペンは後ろが非常にいいです。クローザーのスコット・バーローとディラン・コールマンの2人はMLBでもトップクラスの2枚と言えるでしょう。今季はどこまで復活できるかわかりませんが、アロルディス・チャップマンもいます。

 後ろが良いだけになおさら、先発には頑張ってもらいたいところです。現場のピッチング・コーチはなかなかやりがいのある投手陣かと思います。

 そしてザック・グレインキとアミール・ギャレットがいる投手陣を率いる投手コーチは別の意味でも大変そうです。

 ピッチング・コーチは、現役時代、マリナーズで投げていたブライアン・スウィーニー(Brian Sweeney)、ブルペン・コーチは、2007年から2011年までブルワーズの左腕として活躍していたミッチ・ステッター(Mitch Stetter)です。

 お読みいただき、ありがとうございました。  

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました