スポンサーリンク

【MLB噂FOR2019】メッツは本気でノア・シンダーガードのトレードを考えているのか?

ノア・シンダーガードの移籍の噂

現地2018年11月22日は、23日のThanks Givingに向けて、いろいろ楽しいツイートが上がっておりました。中には食事を配るなどのボランティア活動をしている選手や、JBJなどのように23日のランチ券を購入してもらい、その金額を慈善団体に寄付するという活動をしている選手もおります。

さて、サイ・ヤング賞を獲得したジェイコブ・デグロムと並んで、メッツのエース的存在であるノア・シンダーガードにトレードの噂が出ております。

2018シーズン、ナ・リーグ東地区で4位だったメッツは巻き返しをはかるため、そのような手段にも打って出る!というお話なのですが、いったい、どういうことか、見ていきたいと思います。

その前にシンダーガードのニックネームを。よく見出しで出てくるので、念の為に。これを機会に記載しておきます。

シンダーガード=”Thor”

シンダーガードのニックネームは”Thor”で、読み方は「ソー」です。由来はアメコミです。見た目が長髪で、このThorというキャラクターとシンダーガードの投球スタイルが、ヒーロー的な要素がリンクして見えることからついたニックネームと言っていいと思います。アメコミ由来は間違いありません。

やや横道にそれました。

噂されているストーリー

シンダーガードの移籍の噂のソースはこれです。

ヘイマン記者によると、「6チームがシンダーガードに関心があり、メッツもチームの穴を埋めることができるのならと、ウィンター・ミーティングに向けて本気で考えているというお話です。」

衝撃的な内容ですが、よく読むと慎重な表現にとどめているのがわかります。

メッツの状況と需要

メッツの状況と需要としては、以下の3点があります。

  • スターターが余っている
  • 可能ならインパクトのある選手を
  • メッツはプロスペクトが欲しい

ちょっと考えてみたいと思います。

ローテが余っている??

移籍の噂の根拠はまず、メッツに強烈なスターター陣がいるためという理由です。下の表は2018年のスターター陣です。ご覧ください。確かに、シンダーガードの他に、デグロム、ウィーラー、マッツ、バルガス、コーリー・オズワルトがおります。しかも右左充実しています。

【メッツ2018ローテ】

2018 Mets Starter
RkPosNameAgeWLERAGSIP
1SPJacob deGrom301091.7032217.0
2SPZack Wheeler281273.3129182.1
3SPNoah Syndergaard251343.0325154.1
4SPSteven Matz*275113.9730154.0
5SPJason Vargas*35795.772092.0
6SPCorey Oswalt24335.851264.2

Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table ※は左腕

確かに素晴らしいスターター陣がいるのですが、今季25試合登板にとどまったとは言え、154.1イニング、13勝の右腕を出しますか??ローテーションの核と言ってもいい投手を手放すというのは普通に考えればあり得ません。

 

なお、シンダーガードの契約は2021年まであります。

ポジション・プレーヤーは?

トレードは投手−投手という組み合わせだけではありませんので、野手も見てみたいと思います。2018年11月23日現在のメンバーはこちらです。

【メッツ Position Players 】

(2018年11月23日現在)
C:ケビン・プラウェッキー(27才)、
   トマス・ニド(24才)
1B: ジェイ・ブルース(31才)、ドミニク・スミス(23才 左・左)
  ※2人とも外野も兼任
3B:  トッド・フレイジャー
SS: アーメッド・ロサリオ(日米野球)
OF:
       マイケル・コンフォート(26才、LHB)
       ブランドン・ニモ(25才、LHB)
        Y・セスペデス(33才)
        フアン・ラガーレス(29才、RHB)
確かにブライス・ハーパーや、クリス・ブライアント、アーロン・ジャッジ、あるいはJ.D.マルチネスのようなスーパースターはおりません。ホセ・レイエスでさえ、すでにかつてのレイエスではないというふうに見ないといけないでしょう。

 

よい面としては、いい若手が育っていると言えます。これは他チームにとってはかなり羨ましい状況ではあります。

ただ、スーパースター級のオファーがあれば欲しいとGMなら考えそうですね。

プロスペクトは確かに寂しい

以下は2018年11月23日現在の2018 Top Prospect ランキング100 のうち、メッツの若手のランキングです。今秋のAFLで活躍したピーター・アロンソがおりますが、それでも58位。
上位30位の中に一人もいないというのは確かにプロスペクトが欲しい状況かもしれません。

メッツのプロスペクト

55位 ANDRES GIMENEZ SS
58位 PETER ALONSO (AFL)1B
62位 JARRED KELENIC OF
89位 JUSTIN DUNN RHP
Error | MLB.com
↑(クリックした日付でのランクになります)※2019になるとURLが変わると思います。

最終カードとして

メッツは今秋、ブローディー・バン・ワゲネンさんという新しいGMを迎え入れました。平たく言うと、元代理人です。CAA(Creative Artists Agency)という代理人をまとめる会社にいた人です。NBCだったか、結構この人事についてダメ出しをしていたのはおそらく現場の経験がないからだと思います。

新GM

そんな新GMは「いいプロスペクトでないといらない(Lower Levelはいらないと言ったという報道も)」とおっしゃっているようですから、結構、ドライな人だと思っています。ただ、「シンダーガードが出ていった時の穴を考えると出すことは考えていない」と普通のこともおっしゃっています。ただし、柔軟に考えると。ここポイントですね。

 

その辺はヘイマンさんも慎重に書いていますが、シンダーガードは出さないけど、切られたカード次第では考えなくもない。そういうお話かと思います。メッツに誰を出してくれるのか、あるいはメッツがシンダーガードを出してまで欲しい選手がいるのか、そういうお話になると思います。

結論

結論としては、至って常識的な話です。しかし、FA・移籍は本当に何があるかわかりません。どうしてもローテーションの柱が欲しいチームが、4番を差し出すこともあるのがこのストーブリーグ。実際は金銭が絡んでいるので、我々には見えにくい事情があり、読めません。

有力クラブは?

今、名前が上がっているのは、アストロズ(モートン、カイケルのFA状況とL・マッカラーズJrの穴)、カブス(ダルビッシュ選手にも影響)、ブルワーズ(あと1人いれば、WSに行けたという思い)、ドジャース(WSで勝つため)、パドレス(オフの名物と化していますがメイヤーズというカードを持っている)。あと1チームはちょっとわかりませんでした。

 

今現在、パクストンをヤンキースが獲得したというパズルの1ピースが埋まったところです。このインパクトは、バンガーナーやカイケル、モートン、マチャド、ハーパーにも影響しています。もう少し様子を見たいと思います。

【編集後記】

いわゆる勤労感謝の日でもありますが、日本的には「新嘗祭(にいなめさい)」でもあります。日本好きの外国人はこういうのを知りたがるので、知っておくのもいいかもしれません。なんか上から目線ですみません。そういう意図は毛頭ございませんので。

実は昔、日本マニアの同僚がいて、答えられないことが多くて、日本人として恥ずかしい思いを何度もしたので。この経験から、本当の国際人とは自国のことを知ることではないか?と私は思うようになりました。

外国人に受けがよいのは、私のような会社員のジェネラリストよりも、宮大工さんとか舞妓さん(これはちょっと意味がちがうか)など、伝統をよく知る何らかの職人さんのようなお立場の人のお話が多いと思います。そのような方々にも負けないように日本のことを知るのもいいかな?などと考えております。

結構読みやすいです↓

【永久保存版】新嘗祭とは何の日か、新米はこの日まで食べてはいけない?|神社専門メディア 奥宮-OKUMIYA-
新嘗祭とは何の日なのか、神主さんに聞いてみました。11月23日の勤労感謝の日は、 もともと「新嘗祭(にいなめさい)」という祭儀がおこなわれる祭日でした。 どのようなお祭りで、神嘗祭との違いは何か、新米はこの日まで食べてはいけないのは本当なのでしょうか。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました