スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】カルロス・コレアは2度目のFAで大勝利。ジャイアンツと13年/350Mドルのメガディールで合意!(追記:ツインズへ)

SSのディールが沸騰

 現地2022年12月13日、ツインズからFAとなっていた注目SSのカルロス・コレア(Carlos Correa)のディールが成立しました。サインしたのはサンフランシスコ・ジャイアンツ。ファーレン・ザイディ(Farhan Zaidi)ベースボール・オペレーション社長がかなり奮発しました。

 同日はまだ合意ですが、まもなくオフィシャルになる見込みです。

追記:メッツと新契約

 カルロス・コレアは現地2022年12月20日、メッツと新契約に至りました。その経緯などは下記のリンクを。

追記:ツインズへ

 なお、一旦はメッツともディールが合意となったコレアですが、現地2023年1月11日、ツインズとサインすることになりました。

契約内容

 ジャイアンツとカルロス・コレアのディールはご覧の通り。現時点での詳細は不明で、ひょっとしたら、アウォード・ボーナスなど出てくるかもしれません。エージェントはボラス・コーポレーションで、前の契約ではアウォード・ボーナスがありました。

  • 13 years/$350M (2023-35)
    • オプトアウトはない見込み
    • フル・ノートレード条項あり
    • AAV(Annual Average Value):$26.92M

 カルロス・コレアの誕生日は1994年9月22日で合意時点で28才。2023年の開幕時も28才ですから、契約最終年の2035年は40才のシーズンということになります。

オプトアウトした前契約

 一応、2022年3月にツインズと合意した契約も記載しておきます。

  • 3 years/$105.3M (2022-24)
    • $35.1M x 3(サイン時点では、内野手のAAVとしては最高額)
    • オプトアウトあり。2022シーズン終了後と2023シーズン終了後の2度
      →2022年終了後にオプトアウトを行使
    • 2022は限定的ノートレード条項あり(非公開の5クラブへの移籍はNG)
    • 2023-24はフル・ノートレード条項あり
    • アウォード・ボーナス:LCS MVPで $0.05M。WS MVP、ASG、ゴールドグラブ賞、シルバー・スラッガー賞受賞でそれぞれ $0.1M

2度めのFAでメガディール

 2021年終了後に初FAとなったカルロス・コレアはアストロズからのクオリファイング・オファー(QO)を拒否。FA市場に打って出て、ツインズとの高単価ショート・ターム・ディールでサインしました。

 ボラス・コーポレーションゆえ、1度目のFAの2021年オフは新CBA(労使協定)のネゴシエーションが難航してロックアウトが長期にわたると読んでいたと思われます。そうなると交渉期間が限られ、本人が望むようなメガ・ディールにはならないということで2度めのFAを想定した契約で手を打ったということでしょう。

 ツインズとの契約をオプトアウトし、2度めのFAとなったコレアは上述のようなメガディールをゲットしました。

ハーパーの大型ディールも凌駕するほどの契約

 カルロス・コレアはトレイ・ターナー、ザンダー・ボガーツ、ダンスビー・スワンソンらとともにFAののSSの「ビッグ4」と呼ばれ、この4人の2022シーズンのrWAR (Baseball ReferenceのWAR)は、ボガーツが5.8、スワンソンが5.7、コレアが5.4、そしてターナーが4.9。

 28才になったばかりのコレアはこの中でもおそらく最高額のディールをゲットするだろうと見られていました。 なお、ミネソタ・ツインズは猛プッシュをかけていて、10年/$285Mをオファーしたものの、コレア側にYESと言わせることが出来ず。さらに、ここに来てヤンキース、メッツも参戦という状況となり。ディールの価格はつり上がるだろうと思われた中、ジャイアンツが獲得に至りました。

 SSのディールはまさに沸騰。トレイ・ターナーはフィリーズと11年/$300M (2023-33)/AAV $27.27Mでサイン。ザンダー・ボガーツはパドレスと11年/$280M (2023-33)でサイン。残るはダンスビー・スワンソンとなりました。

メガディール一覧

 今回のカルロス・コレアのディールはFAでの契約という点ではハーパーの13年/$330M( 2019-31)と同じ長さで、金額はそれを超えるものとなりました。SSではフランシスコ・リンドーアを抜いて年数・金額ともに1番の契約です。

  • マイク・トラウト(LAA):12年/$426.5M: 2019-30(ただし、前契約の残り2年分が上書きされた上での12年)
  • ムーキー・ベッツ(LAD) :12 年/$365M :2021-32
  • アーロン・ジャッジ(NYY): 9年/$360M: 2023-31
  • カルロス・コレア(SFG):13年/$350M :2023-35
  • フランシスコ・リンドーア(NYM): 10年/$341M : 2022-31
  • フェルナンド・タティス・Jr.(SDP) : 14年/$340M: 2021-34
  • ブライス・ハーパー(PHI) :13年/$330M: 2019-31
  • ゲリット・コール(NYY): 9年/ $324M: 2020-28
  • コーリー・シーガー(TEX):10年/$325M
  • マニー・マチャード(SDP):10年/$300M :2022-31
  • トレイ・ターナー(PHI): 11年/$300M : 2022-33
  • ジャンカルロ・スタントン (MIA) : 13年/$325M : 2015-27 

カルロス・コレアの直近2年の数字

 2021年、カルロス・コレアはアストロズで打率.279、二塁打 34、HR 26、Run 104、RBI 82。BBは75個数え、OBPは.366と非常に高いものです。OPS+は130。

 このシーズンは2度目のオールスター選出で、初のゴールドグラブ賞を受賞。MVP投票でも5位に入りました。アストロズは地区優勝を果たし、5年連続でALCSに出場。これはコレアの力も大きかったです。

 ポストシーズンでは、ホワイトソックスとのALDSで打率.385をマーク。レッドソックスとのALCSでは打率.255。そしてブレーブスとのワールドシリーズでコレアは6安打、4RBIと活躍したものの、アストロズは6試合目で敗退。これがカルロス・コレアのアストロズでの最後のゲームとなりました。

 2022年、ツインズでは136試合に出場し、二塁打 24、HR 22、Run 70、RBI 64、打率.291をマーク。OPS+は140でした。

キャリアの実績

 キャリアを通じてご覧の実績を残しています。

  • AL ROY 受賞(2015)
  • オールスター出場:2度 (2017 & 2021)
  • ゴールドグラブ賞受賞:1度 (2021)
  • 20HR以上のシーズン: 6度 (2015-2017、 2019、 2021 & 2022)
  • 100 Runs以上のシーズン:1度 (2021)
  • ワールドシリーズ・チャンプ:1度(アストロズ-2017)

ジャイアンツ、守備をどうする?

 ジャイアンツと言えば、名SSのブランドン・クロフォードがおります。ジャイアンツとクロフォードは2021年8月に2年/$32M (2022-23)で延長契約。2023シーズンもコントロール下です。

 ただ、さすがのブランドン・クロフォードも2022年は35才のシーズンで大苦戦。2021年に年間144安打を誇った打撃は影を潜め、2022年は年間94安打で打率は.231。

 ジャイアンツはブランドン・クロフォードとの契約が2023シーズンで終了。来季も考え、クロフォードを3Bにコンバートさせると見られております。

 なお、2Bにはタイロ・エストラーダ、ウィルマー・フローレス、トミー・ラステラらがおり、ラステラ以外は3BもSSもこなせます。J.D.デービスは3Bも守れます。

 コレアの獲得でジャイアンツは攻撃力も守備力も大幅に更新することが可能となりました。OFではミッチ・ハニガーを獲得しましたし、ジョク・ピダーソンもQO受諾で残りました。楽しみなシーズンでもあります。なお、ドジャー・スタジアムでは激しいブーイングが起こるかもしれません。

 そう言えば、2017年にLAD戦士だったジョク・ピダーソンとは仲良くやっていけるのか!?これは余計な心配かもしれませんが・・・。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました