スポンサーリンク

【MLB移籍2018-19】Dバックス、ポール・ゴールドシュミットをカージナルスへ

突如、決まりましたね。

現地2018年12月5日、今オフの移籍市場で注目されていたDバックスの主砲、ポール・ゴールドシュミットのカージナルス入りが決定しました。オフィシャルです。

ヤンキース、アストロズなどの獲得の可能性が示唆されていましたが、ナ・リーグ中地区のカージナルスへの移籍となりました。

カージナルスは、現地2018年12月7日(金)にブッシュ・スタジアムにて早速入団会見を開く予定。会見には、前GM(2017年まで)で現ベースボール・オペレーション部門の社長、ジョン・モゼリアックが獲得の目的や背景などを説明します。

ポール・ゴールドシュミットのディール

ポール・ゴールドシュミット( Paul Goldschmidt )のMLS(メジャー・リーグ・サービスタイム)は2019年1月で 7.059 。当然、FAの資格があります。

ただ、その前に2013年の春に、Dバックスと2014年から2018年までの5年3,200万ドル+クラブオプション1年の契約を結んでおりました。

2018シーズンが終了したこのタイミングが、Dバックス側が2019年の契約をどうするかを決めるタイミングでもありました。そこでDバックスは10月30日にオプションを行使、つまり来季も契約しましょうというふうにしておりました。

オプションを行使しなければFAとなっていたのですが、行使しましたのでポール・ゴールドシュミットの所属は一旦はDバックスになっておりました。クラブ側の戦略としては、一旦は自軍の選手にしておいて、トレードでこのいいカードを切ろう(失礼な言い方ですが)と、そういう戦略でありました。

ディールの詳細

今回のディールはゴールディー1人と3名のプロスペクト+2019年ドラフトでカージナルスが持つ指名権の付与。

カージナルスGet

DバックスGet

  • カーソン・ケリー(Carson Kelly )24才-C-RHB
  • ルーク・ウィーバー(Luke Weaver)25才−RHP
  • アンディー・ヤング(Andy Young )24才-2B-RHB
  • 2019 アマチュア・ドラフト・コンペンセーション・ラウンドBでのカージナルスの指名権

ゴールドシュミットの年俸

こちらは現地2018年12月7日(金)の会見まで少々お待ち願います。ひょっとしたら新しい情報が出てくるかもしれませんので。

ただ、現状ではDバックスと結んでいた2019年の1年間のオプションと同じと考えてよいと思います。つまり、1年1,450万ドル。

カージナルスはこの契約が終了する2019年オフに、複数年の契約を結ぶはずです。ゴールドシュミットの代理人(Excel Sports Management)もそこの確約をとった上での2019年の1年1,450万ドルで合意しているはずです。

追記

(追記)現地2018年12月7日、入団会見がありましたが、年俸はやはり上記のようです。カージナルスは2019シーズン終了後に、マーセル・オズーナ、マイルズ・マイコラス、マイケル・ワカ、アダム・ウェインライトのFA問題が控えており、その問題と一緒にゴールドシュミットの契約を見直すようです。

選手の略歴

【STL】ポール・ゴールドシュミット 1B/DH

ポール・ゴールドシュミットは現地2018年12月5日現在で31才(1987/09/10)。

ドラフトは約10年前の2009年のDバックスの8巡目(全体246位)。大学からの入団です。

メジャー・デビューは今から7年前の2011年8月1日、23才(と11ヶ月)のジャイアンツ戦。この時は初ヒットはなりませんでした。この年は48試合に出場ですから、ほぼ出ていたことになります。HR8本。

2年目の2012年には145試合に出場。Avg.285、HR20を記録しています。

3年目の2013年、大きく飛躍しました。HR 36、RBI 125を記録。この年、MVP得票では2位に入っております。

以降は2018シーズンまで6年連続ASG出場、GG賞3度、SS賞4度。

Paul Goldschmidt Standard Batting through 2018
Year Age Tm G AB R H HR RBI SB CS BB SO BA OBP SLG OPS TB Awards
2011 23 ARI 48 156 28 39 8 26 4 0 20 53 .250 .333 .474 .808 74
2012 24 ARI 145 514 82 147 20 82 18 3 60 130 .286 .359 .490 .850 252
2013 25 ARI 160 602 103 182 36 125 15 7 99 145 .302 .401 .551 .952 332 AS,MVP-2,GG,SS
2014 26 ARI 109 406 75 122 19 69 9 3 64 110 .300 .396 .542 .938 220 AS
2015 27 ARI 159 567 103 182 33 110 21 5 118 151 .321 .435 .570 1.005 323 AS,MVP-2,GG,SS
2016 28 ARI 158 579 106 172 24 95 32 5 110 150 .297 .411 .489 .899 283 AS,MVP-11
2017 29 ARI 155 558 117 166 36 120 18 5 94 147 .297 .404 .563 .966 314 AS,MVP-3,GG,SS
2018 30 ARI 158 593 95 172 33 83 7 4 90 173 .290 .389 .533 .922 316 AS,MVP-6,SS
8 Yr 8 Yr 8 Yr 1092 3975 709 1182 209 710 124 32 655 1059 .297 .398 .532 .930 2114
162 162 162 162 590 105 175 31 105 18 5 97 157 .297 .398 .532 .930 314

2018年はRBIが上がりませんでしたが、HRは30本台をキープ。Avgも高いです。三振がかなり増えてはおります。今が旬の選手であると言えます。

【ARI】カーソン・ケリー C

カーソン・ケリーは1994年7月14日生まれ。2019年途中で25才のシーズンとなります。2012年アマチュア・ドラフト2巡目でカージナルスが指名。すでにデビュー済みで、2016年9月5日。

ヤディアー・モリーナという正捕手がいるので出場機会は少なく、2016年10試合、2017年34試合、2018年は19試合の出場。まだまだこれからの選手なので過去3シーズンの合計安打数は18。HRはゼロ。カージナルスの次の正捕手候補でありました。

【ARI】ルーク・ウィーバー

1993年8月21日生まれの25才。2014年アマチュア・ドラフトのカージナルスの1巡目指名の右腕。メジャー・デビューは2016年8月13日。

未来のローテーションの柱と見られていただけに、デビューから3年はずっとスターターとして登板。通算15勝17敗、ERA4.79。2018年は25スタート、7勝11敗、ERA 4.95。

4シーム、チェンジアップ、カーブ、カッター、シンカー。ベロシティー(速度)は4シームで94-97mph、チェンジアップとカッターが84-87mph、カーブが79-82mph。スライダーよりチェンジアップが多い投手です。来季はもうモリーナに受けてもらえないのは痛いかもしれません。

【ARI】アンディー・ヤング

1994年5月10日生まれの24才。2016年、37巡目指名。未デビューで、2018年はダブルAとシングルAアドバンスのチームに所属。現地2018年12月5日現在はトリプルAに昇格しています。

マイナーの3年間でHRが41本、2塁打が13本、2018年のダブルAのチームではOPSが.950を上げ、とりわけ長打力が魅力の選手です。

Young on being traded to D-backs

カージナルスの陣容

カージナルスはゴールドシュミットを2番で打たすのか4番で打たすのか、おそらく2番で打たせると思うのですが、打順よりも守備の陣容を見ていただきます。
  • 1B: ポール・ゴールドシュミット
  • 2B: コルテン・ウォン
  • 3B:マット・カーペンター
  • SS:ポール・デヨング
  • LF: マーセル・オズーナ
  • CF: ハリソン・ベイダー
  • RF: デクスター・ファウラー
SS以外の内野を守れるマット・カーペンターを3Bで固定して1Bにポール・ゴールドシュミットという布陣になると思います。後はDHを疲れの度合いで利用していくと。

リビルドに入ったDバックス

ほぼ心配の域に入っているのですが、リビルドに入ったDバックスはFAで左のエース、パトリック・コービンをナショナルズに出し、そして今回は打の柱であるポール・ゴールドシュミットをカージナルスに譲渡。またゴールディーと同日、クリス・オーウィングスがロイヤルズと合意しました。

投打の柱がごっそりいなくなった陣容です。その他にもローテーション左腕のロビー・レイ、外野手のスティーブン・ソウザ・Jr.も噂になっております。

FAですでに放出覚悟ですが、A.J.ポラックも来季のDバックスの戦力とはみなされておりません。大丈夫かと言いたくなりますね。

2018-19 FAキーマンのご紹介 ワールドシリーズ終了後に動き出すFA市場ですが、今オフ(2018-19)にFAとなるキープレ...

現地2018年12月5日現在のDバックスの布陣

スターター
  • ザック・グレインキ
  • タイワン・ウォーカー(2018年4月にTJ手術)早くて夏以降
  • ザック・ゴッドリー
  • ロビー・レイ
ブルペン
  • 平野投手
  • アーチー・ブラッドリー
  • アンドリュー・チェイフィン
ポジション
  • C アレックス・アビーラ
  • 1B クリスチャン・ウォーカー
  • 2B ケーテル・マルテ
  • 3B エドゥアルド・エスコバー/ジェイク・ラム
  • SS ニック・アーメド GG賞
  • LF デービッド・ペラルタ
  • CF ジャロッド・ダイソン
  • RF スティーブン・ソウザ・Jr.

野手を見ればそれなりに残ってはおりますが、まだ放出するつもりですからウィンター・ミーティングを経ないと固まりませんね。

投打のコアになる選手を引っ張って来ないと、ナ・リーグ西はまたしてもドジャースがもぎ取ってしまいそうです。

ロッキーズとともに、ぜひナ・リーグ西地区を面白くしてもらいたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク