スポンサーリンク

【ブルワーズ2017】エリック・テイムズが2HRで4月HRレコードペース

E・テイムズ(MIL)のHRペースがすごい

こんにちは。

この4月にぶっ飛ばしている選手がいますね!

ミルウォーキー・ブルワーズのエリック・テイムズ( Thames, E)です。現地2017年4月24日のレッズ戦で2HRを放ち、この時点でなんと10HR!

4月の記録14HRに並ぶか

残り5ゲームありますので、これまでの4月のHRレコードである2006年のアルバート・プホルズ、2007年のアレックス・ロドリゲスの14本に並びそうな勢いです。

エリック・テイムズとは

エリック・テイムズは結構苦労人です。今季は30才。2008年のアマチュア・ドラフトでブルージェイズから7巡目指名を受け、プロ入り。

デビューはブルージェイズ時代の2011年、24才の時です。

2011年と12年にそれぞれ95試合、86試合に出場。2年間でホームランは21本だった選手です。

その後、3Aなどマイナー生活が続き、2013年から3年間、アジアでプレーしました。その3年間の数字がHRが37本、47本、40本、盗塁が11個、40個、13個と際立った活躍を見せました。

メジャー復帰となったのは昨オフ、ブルワーズがHRキングのクリス・カーターをトレードに出したことで、4番が空いたからでした。

そこに見事にハマったのがエリック・テイムズだったという訳です。これはスカウト陣の勝利ですね。誰も狙ってはいませんでしたから。

契約は3年で1,600万ドル。狙われていなかった割には結構な額の契約ですが、しかし、クラブ側としては他からHRバッターを獲得するよりはよほど安く契約できたと思っているでしょう。

エリック・テイムズ、4月のHRを何本まで伸ばすのか、楽しみですね。

お読みいただき、ありがとうございました。


Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました