スポンサーリンク

【MLB2024FA】レンジャーズからFAのマーティン・ペレスはパイレーツと1年契約でサイン

2022年の好成績は異常値扱いになるか!?

 現地2023年12月18日、ピッツバーグ・パイレーツがFA選手を獲得しました。レンジャーズからFAの左腕、マーティン・ペレスと1年契約で合意です。こちらはまもなくオフィシャルになる予定です。

 2022年だけ飛び抜けて素晴らしい成績を残したマーティン・ペレス。果たしてそれが異常値として扱われるのか、2024年の成績に注目が集まります。

契約内容

 パイレーツとマーティン・ペレスの契約はご覧の内容です。

  • 1年/$8M (2024) 

 おそらくオプションなどはつかず、かなりシンプルな内容のママかと思います。パフォーマンス・ボーナスはあるかもしれませんね。

前年はQOを受諾

 $8Mというサラリーですが、これは前年の半分以下という単価です。マーティン・ペレスは2022年終了後にFA資格を満たし、所属していたレンジャーズからQO(クオリファイング・オファー)を提示され、受諾しました。

 その時のQOの単価は1年/$19.65M (2023)。

 2022年のサラリーは1年/$4M (2022)でしたから大幅なアップとなったのでした。

2022年はキャリアハイの投球

 2022年オフにレンジャーズがQOを提示した大きな理由は、マーティン・ペレスのサラリーがFA市場でそれ以上となる可能性が見込まれたからです。複数年でそれ以上の出費となるなら、単価は高いけれども1年/$19.65Mで済ませてもらおうという判断です。もちろん、他にもドラフト保証狙いという目論見もあります。

 マーティン・ペレスがレンジャーズにそこまで思わせたのは2022年の輝かしい実績があったからでした。

 2022年のマーティン・ペレスは32試合に先発。これは先発としてはほぼ皆勤状態です。さらに196.1イニングを投げ、12勝8敗でERAは2.89。

 奪三振は169で、SO%は20.6%。これはリーグ平均をやや下回る数字ですが、もともとグランド・ボール(ゴロ)率が高い投手なので、これでも十二分に三振を奪っていたと言っていいでしょう。GB%の高さはHR%にも出ていて、1.3%。リーグ平均が2.6%ですから、いかにボールを上げさせなかったかがよくわかります。BB%はリーグ平均の21.6%に対して20.6%。

 開幕して2試合はそれぞれERが3で負けがついてしまいましたが、3戦目以降は6回2ヒッター&スコアレス、7回1失点、7回被安打4、スコアレスと高品質の投球が続き、5月と6月は負けなしで6勝をマーク。そして198.1 IPが物語る通り、イニング・イーターとしてローテーションの役割をしっかり果たしました。ERA 2.89はALで8位。2022年はジャスティン・バーランダーが1.75という嘘のような高品質の投球を見せたシーズンでもありました。マーティン・ペレスはその活躍もあり、QOを提示されたのでした。

2023年は逆戻り

 そんなマーティン・ペレスですが、2023年はもとに戻ったというシーズンでした。4月、5月は前年の好調ぶりをキープし、11試合に登板して6勝1敗をマーク。ただ、ERAは5月30日の登板を終えた時点ですでに4.43。6月は5試合に登板して1勝2敗、7月も登板ごとに3失点以上が続き、ローテーションから外れることに。

 特にトレード・デッドラインでレンジャーズがマックス・シャーザージョーダン・モンゴメリーを獲得したのが決定的で8月以降の登板はすべてリリーフということになりました。

 ポストシーズンでもリリーフでの登板となり、ALCSで2試合、3.1 IP、ワールドシリーズで1試合1.1 IPでトータルのERAは9.64でした。

 今回のパイレーツとのディールで$8Mは、前年の$19.65MのQOの価格が引っ張った単価で、見ようによっては高いと思われるかもしれませんね。

パイレーツでローテーションに

 そんなパイレーツですが、ローテーションがピンチです。NO.1ローテーションのミッチ・ケラーは健在として、NO.2のヨハン・オビエドがトミー・ジョン手術を受けることとなり、2024年の全休が決定。

 ジャレッド・ケルニックとともにマリナーズからアトランタへトレードされ、即座にパイレーツにトレードとなった左腕のマルコ・ゴンザレスもいますが、肘に懸念を抱えていることもあり、果たしてNO.2ローテーションとして機能するかどうかやや疑問。それでもパイレーツはカウントに入れるでしょう。

 よって、ここにマーティン・ペレスが入れば、イニング・イーターとしてローテーションの大きな力にはなりそうです。ただし、2023年のような心づもりが必要かもしれません。マルコ・ゴンザレスがヘルシーなら軟投派左腕が2人となり、面白いことにはなるかもしれません。

【パイレーツのローテーション候補】

  • RHP ミッチ・ケラー : 13勝9敗、ERA 4.21
  • LHP マルコ・ゴンザレス:4勝1敗、ERA 5.22 (新戦力)
  • LHP マーティン・ペレス:10勝4敗、ERA 4.45 (新戦力)
  • RHP ルイス・オルティズ:5勝5敗、ERA 4.78
  • LHP ベイリー・ファルター: 2勝2敗、ERA 5.58
  • RHP クイン・プリースター:3勝3敗、ERA 7.74
  • RHP JT・ブルーベイカー:2023年は肘手術で全休
  • RHP ヨハン・オビエド:9勝14敗、ERA 4.31(トミー・ジョン手術)

 なお、マーティン・ペレスは2012年のデビューから2023年までMLB12シーズンで85勝81敗、ERA 4.44という通算成績です。レッドソックス時代はあえて触れておかないようにします。

 パイレーツはなんと言っても2024年はオニール・クルーズが復帰します。エリー・デラクルーズのいるレッズとの対戦は楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
タイトルとURLをコピーしました