スポンサーリンク

【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール

メッツの補強攻勢

 現地2021年11月26日、メッツが決めた3つのディールで最も大きなディールがこれです。

 メッツは、アスレチックスからFAのスターリン・マルテ(Starling Marte )と4年のディールで合意しました。現地2021年11月26日時点では、フィジカル・チェックの結果待ちです。

契約内容

  • 4年/$78M(2022-25)

 ディールの詳細がわかればリライトしておきます。

素晴らしかった2021シーズン

 スターリン・マルテは2021シーズンの開幕はマイアミ・マーリンズで迎えました。マイアミは2020年にポストシーズン進出を果たしましたが、打撃陣ではスターリン・マルテの存在が大きかったです。

 2021年のトレードデッドラインでアスレチックスへ移籍。アスレチックスのLHP、ヘスス・ルザルドとのトレードでした。

あわやバッティング・タイトルと盗塁の2冠

 スターリン・マルテは今季、途中までは打率と盗塁でMLB NO.1の成績を残していました。

 ところが、リーグをまたがった移籍となったため、両タイトルともにナ・リーグからア・リーグに移籍した時点でリセットされ、タイトルを獲ることはできませんでした。

 シーズンを終えて、打率.310はMLBで6位、盗塁47は両リーグを通じてダントツのトップでフィニッシュしました。特に盗塁数は素晴らしく、ア・リーグでタイトルを獲ったウィット・メリフィールドが40、ナ・リーグでタイトルを獲ったトレイ・ターナーが32でしたから、それらを大きく上回りました。

 2021年のトータルの成績は、120試合で打率.310、OBP .383、SLG .415、OPS .701、HR 12、RBI 55、Run 89、盗塁 47、安打数は145。

 

スターリン・マルテとは?

 スターリン・マルテは1988年10月9日生まれの33才。外野手で右投げ右打ち。

 ドミニカ共和国出身で、もともとは2007年1月にアマチュアFAとしてパイレーツとサイン。

 よって、メジャーでのキャリア前半の8年はずっとパイレーツに所属。パイレーツでの8シーズンは計953試合に出場。1,047安打、打率.287、OBP .341、SLG .452、HR 108、RBI 420、RUN 555。ゴールドグラブ賞を2度受賞しています(2015-16)。

CFの見込み

 外野の一角をブランドン・ニモ、J.D. デービス(3B/2Bでない場合はOFでの出場)、マーク・カナらと争うことになりそうですが、CFはスターリン・マルテになる見込みです(怪我さえしなければ)。

 今回の契約は36才までの契約。

 メッツの攻撃に良いインパクトを与えてくれそうです!

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました